カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
HPシリーズ、完成してたのね!?
えっと、HP2インプレッションの続き…

まあ、とにかく、いろいろ調整して自分好みに合わせた訳ですよ。過去ログの初インプの話題を見ると…固い足周りにかなり苦労してたようですね<俺 (^^;;;
やっぱり、きちんとした評価をする場合は、ちゃんと出来るだけ自分に合わせた方が良い。特にサスペンションのサグ出しは重要じゃないかと思うのです。

今回のエアサスの5.8barの加圧はいきなりビンゴ!固くもなく柔らかくもなく、ちょうどガレ場の林道を走るのにちょうど良い案配。ただし、もし、ジャンブもあるコースを走るならもう少し上げた方が良いとは思うが、とりあえず、僕の体重ではこんなもんだろう。

そんな訳でうまくマッチング出来てたせいもあるかもしれないが、いきなり違和感が全くなく走れた。普通、こんな妙なマシンに乗ると最初は苦労するのに…なんで??

苦労するというより、妙にどこか馴染みのあるフィーリング。そーこの車体の走行フィーリングはHPNと全く同じだ!もちろん誤差範囲で違う部分もあるが、基本的な方向性は同じ。よく考えてみれば、同じ人たちが同じフラットツインを使って料理したのだから似て当たり前か?やっぱり、HP2はHPNの量産型ということか?

しかし、当然、決定的に違う部分もある。それはエンジンのフィーリング。明らかにエアヘッドよりレスポンスの鋭いオイルヘッドのエンジンがHP2とHPNのキャラクターを分けている。鋭く吹け上がるボクサーエンジンはエアヘッドよりトラクション感が劣る代わりにスライドの安定性と瞬発力がある。エアヘッドがクランクを使ってトルクに乗るような走りが合っているのに比べて、オイルヘッドはカムに乗る…トルクよりにパワー重視で走っていくキャラクター。

…と言っても、実はオイルヘッドのキャラクターも15GS乗りだった僕には馴染み深い。なにせ10年近く…もっとも長く付き合いがあったエンジンなのである。それは1200になっても変わらない。実はHPNの1043ccのエンジンはボアストロークの関係が1100系とほとんど同じだったりする。それなのに、あれだけエンジンの性格が変わるというのは、むしろキャブとインジェクションの差異が大きいと思う。負圧キャブのビングとバタフライバルブのインジェクションじゃ変わって当然だ。

a0023439_139501.jpg


15GSで培ったアクセルワークを思い出し、HPNで研鑽したその車体コントロールを駆使して走ったら、HP2には普通に自然に乗れた。なんかいろいろ報われた気がして、ちょっと嬉しかったりして…。HP2は15GS時代に狂おしく夢想していたバイクそのものだからね…いろいろ繋がっていたような気がして感慨深いです。

でも、調子こいて前後輪同時に滑って壁にぶつかりそうになったのは内緒です。なんとか立ち直ってくれたけど。軽快感がある上にパワフルなので、気を付けないとタイヤのグリップを超えてすぐにブレイクする。スライドしてもコントロールの幅があるので、なんとかなるけど、それ以上にパワーもある。これりゃおもしろいけど、ちょっと恐いなぁ。私のような一般人は抑えて抑えて走らないと死んじゃいますよ!

林道はこんなもんで、次は河原やコースに持ち込んでいきたいと思う…う〜ん、そっちのエリアではさすがに手強そう。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-08-07 01:36 | HP2
<< BTOUとクロス・ザ・ボーダー HP2のセッティングとか >>
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧