カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
カテゴリ:イベント( 75 )
岐阜紅葉ツーリング
もはや恒例になったGSセントラルのイベント「岐阜ツーリング」。TBI前の春にもやったけど、今回はSSER2daysを照準に日程を組んだ秋イベントとやることになった。別にSSER2daysは1〜2名しか出ないのですが、紅葉を楽しみつつ、ついでに軽く林道にも慣れておこうというそんな趣旨のイベントです。

当日、集合場所に行くと見知らぬHP2が…。塾長K頭氏がとうとう御購入〜。こないだまでスーパーテネレ(借り物)でも付いて行くのはキツかったのに、これではもはや後塵さえ一瞬で見えなくなってしまう…。この日はHP2は3台、翌日は4台に増えた。さらにKTM950SERもいたのでメガオフ率がずいぶん高いツーリングになったものだ。

a0023439_105121.jpg


道案内はM山さん、林道の先頭はK頭さんと岐阜勢による案内でツーリングが行われる。残りのメンバーは適当に入れ替わったりして走るのだけど、やはり自然にそのときにペースが速い人が前に行く事になる。林道ごとに、疲れたら後ろに下がって、調子が上がって来たら前に出るという形になってしまうのだが、基本的にはペースは全く落とすことが出来ない。後ろのプレッシャーが厳しいのです。特に撮影係をやっていた柿色525が…(汗)。それにほとんど休憩はないから、代わりになるべく前に出て分岐待ちで2分くらい休むという作戦のためにも、簡単に後ろに下がる訳にいかなかったりする。

a0023439_150198.jpg


いや〜これは本当に練習になる。なかなか普段ひとりで走っているとそんなにテンションが上げれないので、緊張感のある中で走るのは貴重な機会です。特に今回のメンバーはみんな妙にテンション高かったですからねぇ。なんでだろう??(笑)

他には速い人の走りを見れたりと、これもなかなか勉強になる。でも、それが自分のラインやタイミングと違ってたりするので、前の人に引っ張られて困惑することもあったり。逆にK頭塾長の後ろに付くとラインとタイミングが一緒で走りやすく(師匠だから)、逆についつアクセルオープンしすぎで吹っ飛びそうになることも…いや、実際吹っ飛んだのですが…。

そんな緊張感を持った走りをしたおかげで、自分の中にも得るものが多かったと思う。かなり前に出るスライド主体で走れるようになったし…アクセル開け過ぎだったところもあったけど…、現時点でのダメ出しも出来たし…疲れてくるとリア乗りに戻ってしまう…、他にも気づいた事も多かったので、今後の練習メニューの作成に役に立ちそうだ。

さて、いろいろとあったけど、今回のトラブルというと…

a0023439_1522485.jpg

SS木さんのハンドルポスト下のナット脱落…残念ながらリタイヤ。(初日)

a0023439_1542189.jpg

T代さん、フロントタイヤリム打ちパンク。(初日)

a0023439_156828.jpg

K頭塾長、フロントタイヤに尖った石が刺さった。(二日目)

フロントタイヤのトラブルは、ガレ場も多かったし、重量車だし、このペースじゃ厳しいかもです。

a0023439_1595992.jpg

HP2がこんなに揃うと壮観だ。

夜は、コテージ泊で鍋を突きながら舌戦(精神戦?)を行い、二日目はDR800のK瀬さんとHP2のサテンさんも合流して、さらに大人げないツーリングに拍車が掛かっていたのだった(笑)

…といった非常に楽しい二日間でした。次回は春ですかねぇ?またぜひやりましょう!
[PR]
by hpn1150gs | 2008-11-04 02:07 | イベント
トヤマツールドラリー
先週末は富山のN井くんが主催するTTRこと…通称「のりおラリー」に行って来た。コマ図ジャンキーな自分としては、コマツー自体も楽しみな事は勿論、富山付近の林道はなかなか走る機会がないので期待を膨らませての参加だった。

前日に富山入りして、N井くんちで夜は宴会、翌日が本番だ。参加メンバーはM山さん@アフリカツイン、K頭さん@スーパーテネレ、サワディさん@KTM525EXC、Kの実さん@KTM400EXC、T
代くん@HP2。自分は久々にHPNで出動!もしかして、冬のサンドラン以来かも?タイヤもまだモンゴルで使ったミシュランデザートを付けていたりして…

a0023439_0283192.jpg

コマ図ラリー当日、昨夜の宴会のせいかみんな寝坊して、慌ただしく準備を開始した。朝9時にN井くんちをスタートして、富山の街を抜けて山に向かう。そして、舗装林道がしばらく続いた。思ったより、狭いくねくねの道で、その後のダート林道も薮漕ぎ紛いの横から草が激しく邪魔な林道だった。あとで聞いたら富山はこんな感じの道が多いらしい。久々に乗るHPNはポジションに多少違和感を感じたが、急な登りのタイトターンでも芳醇なトルクと穏やかなアクセルレスポンスのおかげで、不安なく走れた。秋晴れの爽やかな天気。気持ち良いツーリングになりそうだ。

ゴールは18時、トータル距離270キロの設定だったので、楽勝気分でいたのだが、前述した富山の林道の傾向を考慮するとなかなか厳しいのかもしれない。順調に見えた行程もちょっとした歯車の食い違いが時間の消費を助長することもある。

最初の変化に気づいたのは、距離計の短くなった表示であった。単純にIMOのタイヤ径の設定がずれているだけだろうと思った。たまたまM山さんの後ろに付いて走っていたが、距離が合わなくなって、コマをロストしてしまった。全体的にコマの数も多いルートだったので、一応、戻って確認しておこう。再確認後、一応、ルートに戻れてたが、その後も距離のズレが大きい。そして問題の場所に…、どうしても左折する交差点が見つからない。その前まで距離もズレまくってあやふやだ。とりあえず、左折出来そうなところでまがったが、どうもその次のコマとも違うようだ。いくつか先のコマにダムの文字が書かれていた。どうやらダムの橋の上を走るようだ。その先にダムがあるからそこまで行ってみよう…ただし、コマに示してあるところより大分先のような気がするが…。行ってみたら、どうもランドマークが違う。いろいろ探してみたけど、どうも違う。こんな立派なダムがすぐ近くに他にもあるのか??

しょうがないので、分かるコマまで戻る事にした。…とIMOをいろいろ操作していたら、重大な事を発見!距離計が何秒か止まっている時がある。完全には止まらないのだけど、時々止まっているようだ。…なるほど、距離計がずれるはずだ…。ピックアップが信号を拾ってないのか?原因がよくわからないが、幸い、モンゴル仕様のHPNでもう一個IMOを付けている。こっちが大丈夫なようなので助かった。ちゃんと距離を測り直すと、見失っていた左折箇所は、人様の家の庭に続くようにみえる細いコンクリ道だということが分かった。コマ図だとアスファルトの道と同幅で書いてあるのに〜のりおトラップにやられたわ。ダムも上流に小さいものがもうひとつあったようだ。

この間、30キロくらい多く走ってしまって、1時間くらいロスした。時間も13時を過ぎている。でも、距離は90キロしか走ってない…あと、180キロかよ…気が遠くなるな…。

a0023439_029945.jpg

このあとはひたすら走った。あまり急いでもしょうがないので、それなりだが一応頑張った。15時になんとか160キロ地点のCPに到着。当然、自分が最後だった。残り100キロちょっとはダート比率が高くなるらしい。目的地は白川郷。マキシマムタイムの18時はもう暗くなってしまうので、急ぐ必要があった。

久々のHPNで、振り回すにはちょっと躊躇が出る。やはり重さを感じてしまうから。それに、どうも最近HP2に乗ってばかりで、ライディングスタイルも去年と大幅に変わっている。基本的にはスタンディングで走った方が走りやすくなってしまっている。特にタイトコーナーはスタンディングでデンプシーロールばりに体を振って行った方が走りやすい。HPNはリアブレーキペダルとハンドル高さの関係で、スタンディングで攻めるのは無理だ(ここは今後改良しよう)。結局、ずっとシッティング中心で走っていたが、逆に例のターンがシッティングでも出来るようになってしまった。こりゃ、たなぼただ。そのおかげか、後半のペースも上がり、最後の牛首峠では日が暮れる中を気持ち良く走れた。

a0023439_0293712.jpg

そして、17時50分頃になんとかゴール。今回は、のんびり走ろうと思ったのに、結局慌ただしかったなぁ(^^;; 富山の道は意外と大変でした。この後の白川郷の夜の宴会も楽しかったです。N井くん、楽しいルートありがとう!また次回もよろしくです!
[PR]
by hpn1150gs | 2008-10-15 00:24 | イベント
どろんこ祭り2008
今年も富士ヶ嶺オフロードで開かれたどろんこ祭りに行って来ました。当日の朝、体が重くてあまり走りたくないな〜という気分だったのだが、もう3週間も走ってなかったから頑張って朝霧高原まで走って行った(トランポだけど)。10時すぎに到着した頃には、走行時間が始まっていて、自分もソソクサと走る事に。

持って行ったHP2はリアサスのエアを7キロくらいにして、フロントのコンプレッションも最強5戻しくらいにセッティング。去年はHP2を購入したばかりだったので、恐る恐る走っていたけど、今回はこれでもう少しマシに走れるだろう。

a0023439_0564196.jpg


写真はT代くんに撮ってもらいました。う〜ん、サスの反力使えてねぇ…もっとジャンプも練習しないと。あんまりマシじゃなかったか…

a0023439_1164915.jpg


T塚さんはG450Xを当日納車、二時間走って昼休みにはパドックでオイル交換してもらうワークス待遇。

写真はないけど、昼休み前で色んな意味で終わったハカイさんもいました。また、破壊王伝説に新たな1ページが…。彼はある意味ずば抜けてキャラが立っています。

ところで、コースは半分くらいしか使わないので、短い時間で周回することになり、いくらマウンテンコースとは言え飽きてしまう。とりあえず、午前中は久々の走りで体を解す事しか出来なかったので、午後は少しまとめて走ることにした。

ダラダラ走っても仕方ないので、モチベーションが上がるように、あと長い時間を走れるように、目標を設定。基本的には前のバイクがいなくなるまで走る。ただ、慣れてない人も多い走行会なので、パッシングはダウンヒルで行う。ダウンヒルではいつも荒れた左ラインは空いているので近くで絡まず追い越せるので安心。

a0023439_163156.jpg


グルグル回っていると、いい感じでさばけれ来たのだが、前に同じペースで走っているHP2がいる…T代くんだなw   気づかれないように抜こうかと思ったら、登りで微妙に離される。やはりタイヤがMT21の三分山だとキツいか?しかし、下りではその微妙差を埋めれるので、いつまで経っても同じペースで周回することになってしまっていた。どうも決定打がないが、時折、他のバイクも絡んで来るし、あまり無茶はしない方が良いという判断で、T代くんが隙を見せるのを待った。でもその後も延々と周回しているのだが、なかなか隙を見せないのはさすが。気づかれてたかな??w  もういい加減走ったので止めたいな〜と思ったときに、路肩に止まっていたXチャレンジが突然走り出し、一瞬行き先を失ったT代くんの脇をスリ抜けてクリア。もう数周回っても追っかけてこなかったので、目標クリアです。結局、何周回ったっけ?バターになるかと思った。

しかし、最初に思ったより良い練習になりました。ただし、グルグル走ってばかりいて試乗するの忘れてしまった。G450Xの試乗車はなかったのでどうでも良いですが。

そして、去年、帰りに渋滞でひどい目にあったので、ヒルクライム大会はパスして、走行時間が終わったらすぐに帰らせてもらいました…すみませんでした。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-10-08 01:48 | イベント
ELD500完走〜
先週末のELD500、完走出来ました!マシントラブルの以外のエントラントは全員完走。これもお天気が良かったおかげかも?しかし、合計距離482.31km、ダート181.55km、ダート比率37.6%のコースはなかなかハードでした。

最初の300キロくらいまではコンスタントなペースで楽勝気分だったのですが、後半になるにつれて、ミスコースしたり、ガレ場がひどくなったりで参りました。というか、これって本当にビッグオフ主体のイベントか?というくらい容赦がなかったです(特に最後辺りが)。結局、朝5時から夜21時まで16時間くらい走っていた。

前の日が宴会でほとんど寝てない睡眠不足だったのですが、走っているとそれほど眠くはなく…道がややこしくてコマ図を読みのは忙しい、ダート率は高いし、先日の豪雨の影響でクレバス&ガレ場ばかりだし、舗装路はコケで滑るなど休む暇がないため?…お疲れで帰った後の朝まで宴会がまた辛かったです。

それでも、体が痛くところも少なく、腕上がりもなく腰も大丈夫だったかな?お尻も平気でした。ただし、一番困ったのが、手のひらがヒリヒリとなってしまったこと。マメは気になるほどひどくはなかったけど、400キロを過ぎるとハンドルを握るのが辛いほど手が腫れて来た。モンゴルでも同じようになったけど、長距離で辛くなる部分は最終的には手の平なのだろうか?

今回、ルート作成&スタッフをやっていただいた愛知組の皆さんありがとうございました。おかげで、しばらくダートを走りたくないほど走れました。(^^;;

来年はまた静岡組でコースを作らなきゃいけないのですが、今回、実際に自分で走ってみたので、コースプランを考えるのにはかなり役に立ちそうです。やっぱり、実際に体験してみないとわからないところもありますね。ちなみに今回走ってないところを組み合わせても500キロくらいのルートは作れますのでお楽しみに。

ところで、走ってばかりいたので写真を全く撮っていません…撮った方よろしく!
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-17 01:29 | イベント
週末はELD500
週末はELD500です。ELD500とはGSセントラルのローカルイベントで、コマ図ツーリングです。遠州、愛知の林道を使って一日で500キロ走るのですが、この地方は全くストレートがないと言っていいほどの険しいクネクネ道ばかりなので、かなりしんどい行程になります。しかも毎年雨が降ってさらにえらいことに…。

でも、今年は晴れが期待出来そうなので助かります。毎年雨ばかり降って意図せず苦行になってしまっているはまずいでしょ(そういうのが好きな人もいるけど)。来年はまた自分がコースを作らないといけないので、今年はたっぷり楽しんでいこうと思います。今年はなんか走ってばかりで忙しいなぁ。

a0023439_254077.jpg


去年はホントひどい雨だった…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-12 02:06 | イベント
GS4Days2008 レポートその3
明けて翌日、日高山岳ツアーの日。

元々、最初のGS4Daysの目玉だったのが日高山岳ツアー。その後、台風による爪痕でなかなか復活出来なかったのだが、ここ8年目に復活です。

当日は、日高MCクラブが日高フリーライドを併催したため、ビッグオフ組とエンデューロ組でルートを分けて走った。(GS4Daysに来たはずのA倉さんなんか、乗っていたバイクはWRだったため、なかば強制的にエンデューロ組に回されていたw)

ビッグオフ組は日高MCクラブの方の案内で林道へ向かった。日高の林道は普段あまり使われてないせいか、適度な砂利にしっとりとした路面でとても走りやすい。ビッグオフでリアを流して遊ぶにはちょうど良かった。
a0023439_23204722.jpg


前を行くK頭さんなんかは、スーパーテネレで案内人のセローを嬉々としながら追っかけていたなぁ…。あんな巨大なバイクで迫られたら怖いだろうに…。

a0023439_23262311.jpg


林道をたっぷり走った後、お昼を食べて、午後からは日高2Daysに使うスペシャルテストの会場に向かう。お花畑にテープが張られてコースが作られていた。1キロちょっとの本番よりは遥かに短いコースだが、今回はタイム計測のテストを行うらしい。ぼくらビッグオフ組もそこを走らせてもらった。

a0023439_23304792.jpg

a0023439_23334297.jpg


元畑に作られたコースなので、途中、フロントタイヤを落とすと危険な溝があり、ちょっと怖かったが、基本的にはグリップが良い路面なので走ると結構おもしろい。みんなも最初溝を怖がってなかなか走らなかったが、タイムを計りだしたらだんだん盛り上がって来た。

一段落したところで、次は普段閉鎖されている日高の奥の林道へ向かった。今度の案内はハルキさんだ。エルズベルグ?あるいはパイクスピークを思い出させるような2車線くらいの幅のある高速ワインディング(もちろんダート)を走る!ハルキさんのハスクとK頭さんのテネレが争うにようにかっ飛んで行く!僕もコツを掴んで調子を上げてきたのですが、さすがにあの速度に付いて行く気がしなかった。幅は広かったけど、真っ平らで引っかかるようなところがない路面。滑ってこけたら止まらず崖にまっさかさまという雰囲気。

高速コースが終わり、奥の方はテクニカルな林道でそこは前の二人に必死になって付いて行った。そんな感じで走っているとHP2のアクセルがおもしろいように開けれるようになってきた。アクセルを開けて行った方がバイクもぐいぐいと向きを変えて走る。昨日からK頭さんの後ろに付いて走っていたので、立ち上がり重視&「アライメントに支配されない」走りのコツが分かって来たぞ!(というかマスターしたぜ!T代くん!)

林道も走り終わって、最後のメニューはスキー場のヒルクライム。スキー場の林間コースを逆に延々と登って行くのです。途中、結構荒れていて、クレバスもあったりしてかなりやっかい。結局、上まで登ったのは5人?

a0023439_2338824.jpg


僕も失敗しちゃいました…くそ〜(T T) 
(かなり高いところまで登って来ました。頂上はもっと見晴らしが良いらしい…)


以上でGS4Days全てのメニューは終わり!無事に…と言いたかったのですが、raizoさんがヒルクライムで足を骨折してしまいました。現在、千歳で入院中…お大事に…

僕らはこの夜、フェリーで帰還。慌ただしかったけど充実した4日間でした。しかし、今回は走りも飯も満腹でした。ホントいっぱい走ったしおもしろかったなぁ!来年も北海道絶対行きますからね!
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-09 23:57 | イベント
GS4Days2008 レポートその2
なんか丁寧に書くと長くなりそうなので、みんなからもらった写真で簡単にレポートしようかと思います。(詳細に書くのがメンドクサクなったのです…)


a0023439_23282650.jpg

a0023439_2352186.jpg

a0023439_2362070.jpg

千歳林道の途中でのヒルクライムセクションで遊ぶ。そこら中にチャレンジしたくなるセクションがあっておもしろかった。本州じゃ絶対みない風景。路面は火山灰なので、ビッグだと少し大変だったかも??遊ぶところがいっぱいあって北海道の人が羨ましい〜。

a0023439_2329282.jpg

a0023439_2395961.jpg

a0023439_2327310.jpg


千歳独特の高速林道(クレバスあり)を通って、恒例の猛牛の丘へ。

a0023439_23131280.jpg

連続川渡りをする林道(というか川そのもの)で迷走してしまったり…その後もたっぷり林道を走る。僕はK頭さんの後ろをずっと走らせてもらったので、走りのラインとタイミングをばっちり覚えさせてもらいました。これは良い勉強にもなったねぇ。

a0023439_233126100.jpg

a0023439_23162389.jpg

そして、日高に戻って、温泉&ジンギスカン。アテンドメンバーが厚真ジンギスカンを買い出しに行ってくれたんだけど、これがまたおいしくて。臭みもなく肉厚で柔らかいのです。
日高MCクラブの皆さんと合流しての宴会でしたが、この日の夜は、ビール40リッター消費したそうな…

翌日に続く…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-08 23:25 | イベント
GS4Days2008 レポートその1
今年も行ってきましたGs4days! なんと今回で8年目になるイベントなんですね。幾度も危機を乗り越えてw立派なイベントになった気がします。一年に一回しか会わない人もいますが、そういうビッグオフな仲間に会うのがまた楽しみなんです。これこそ、ギャザリングであり、ラリーでありますね。

今年は、岐阜の二人組…M山さんとK頭さんと敦賀からフェリーに乗ることになった。ちなみに二人の方は初参加です。フェリー乗り場は、自宅から230キロだから、他のフェリー乗り場に比べれば、まだ近い方なのだが、途中に集中豪雨に降られて大変目にあった。なにせ前が見えなくて50km/hでの走りのがやっとだったり。トランポで運んでいたのが、まだ救いだったけど、ピックアップトラックの宿命かマップケースの浸水のという被害にあった。まあ、これは軽い被害でまだ良かったですが世間ではどうやらこの雨で大変だったようです。

それでも0時過ぎには、無事、M山さんたちと合流し、フェリーに乗り込み宴会モード入った。最近はフェリーでまったりするのが結構気に入っていたりするのだ。ここでK頭塾長のライディングディスカッションなんかがあったりして…ついでに前回の合宿で不明だった事や自分の苦手な部分など、いろいろと解析&説明してもらう。「アライメントに支配されない走り」…これカッコいい名言。しかし、のちほど、このディスカッションがあんなに役に立つとは…あれやこれや話しているうちにすぐに朝の5時になってしまった。

そんな状況でも、苫小牧へのフェリーの到着は20時30分だったので、一日たっぷり睡眠が取れて英気も養えた。そこでフェリーを降りたら、すぐに日高に向かうことにした。翌日の集合は千歳だったが、走りには荷物が邪魔だったので置いて来るのが正解だという判断からだ。夜の濃霧の道中を越えて日高へ。既に日高に着いていたraizoさんとT村さんと合流して、翌日は集合前に朝飯を食べるためにまた苫小牧に…ここで既に往復で180キロは走っている…こうやって書くとなんか無駄な行動のような気もするが…。

元々、朝飯は市場の食堂のマルマトで食べるスケジュールが組まれていたせいか、既に他のGS4Days参加メンバーも到着していた。ここは魚介類の大盛りメニューがいろいろあって、僕はメインメニューのホッキカレーを食べてみた。ホッキも柔らかく、濃い味のルーもおいしかったけど、とにかく朝食べるには量が多い。もう少しさっぱりしたメニューを食べれば良かったかと少し後悔…夕方まで腹は減りませんでした…。

a0023439_017821.jpg


さて、これからがお楽しみの林道ランに入るのだが…現地メンバーがおもしろいところを案内してくれたのです。

…続く
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-03 00:29 | イベント
もうすぐGS4Days
今週末はGS4Days!今のところ、天気予報をみると好天の模様。最近の天気予報は全く当てにならないのでわかりませんが…。そろそろ、駆け込みエントリーも増え、かなりの人数が集まりそうです。

GS4Daysは僕にとってはプリミティブなイベントで、よりGSにハマったのはGS4Daysなくしては語れないというところです。ちなみにもうひとつガストンライエミーティングも僕にとっては重要なイベントだったのですが、今はもうやっていませんので、GS4Daysだけがビッグオフ愛好家のプリミティブな遊びの場となってしまいました。GS4Daysの場合、お仕着せではない愛好家によるイベントで、基本的にはギャザリング(集まる)なのです。そこから、あーしたいこーしたいと遊びたいことを考えます。ビッグオフで単なるツーリング以上のなにかをしたいという方はぜひ集まってほしいものです。

a0023439_1385916.jpg


ところで、今回の自分の出撃マシンはHP2。ツーリング以上のなにかは色々出来るマシンではあるのですが、やはり道中のツーリングもストレスなく楽しみたいというのにはちょっと不向きかな?去年はハチマルで行った感じでは、GS4Daysで道中も含めたオールマイティに遊ぶにはエアヘッド最適かなと思っています。HP2は局地戦闘機ですからね。でも、日高ではスキー場ヒルクライムやクロステストで遊べるらしいので、ちょっとそこに関しては楽しみです。道中の快適性は多少損なわれるけど、頑張って行きますよ!(もっとも普通のGSが快適すぎるだけの話なんですが)
[PR]
by hpn1150gs | 2008-08-26 01:39 | イベント
K頭塾坂内合宿
今更ながら、盆休みの話なのだが、K頭さんの呼び掛けで坂内に合宿に行って来た。ちなみにK頭塾というのは、K頭さんのテクニックを教わる流れで出来た集まり(なんとなく出来た)。実力もあり、理論派でもあるK頭さんは目から鱗が落ちる講義をしてくれます。

ということで、今回は坂内でいろんなところを走っていろんなことを教わろうという目論みだったが…、暑いのであまり走れなかった(笑)。かなりの数の団体さんがこの時期に坂内に来てたけど、本コースを走っているのは、せいぜい5〜6台という状態。まあ、誰もが暑いのでしょうね。

a0023439_2325034.jpg


a0023439_23251933.jpg


a0023439_23254485.jpg


K頭さんの特訓は、本コースはあまり走らず、ひたすら草むらの中の道を探しつつ走っていた。川登ややぶこぎにヒルクライム。もうちょっとチャレンジしたかったけど、暑かったのでちょっとハマるとすぐにバタンキューでした。動いてなくても半端じゃない汗の量だった。M山さんにはサポートしてもらってありがとうございました。う〜ん、俺はもっとサスの伸び縮みやら、タイヤの状態を感じてトラクションさせる走りが出来るようにならんといかんなぁ。

その後、JJさんが来てうまい飯を作ってくれたり、うなぎさんが来てモンゴル話を聞いたりと楽しく過ごすことが出来た。たまにはこんな感じでのんびりと走るのも良いですね。

そういえば、いつも元気なT代さんは塾長にしごかれて精彩がなかったかも?

また、オチがあるのですが…。トランポが入院中だったので自分はバイクは運んでもらってハチマルで走って行ったのだが、途中でオイルパン辺りからオイル漏れが起こっていることに気づいた。着いてからオイルチェックしたらオイルがほとんど残ってなかった…。休憩は一回程度で一気に走ったのせいもあるのだが、ここまで激しいとは気づかなかった…。

その場はもう乗って帰れないので、バイク屋さんでもあるK頭さんに持って帰ってもらったのだが、原因を調査してもらったら、どうやらオイルフィルターカバーから漏れてたらしい。詳しい説明は面倒なので省くが、まれにそういうことが起こる個体があるらしいです。オイルがなくて油圧が大分下がっていたのだろうからメタルの焼き付きが心配だ。異音もあるようなないような…という話(ヤバい)。

フォークシールの次はすぐにこれかよ。バイクは放置しておくとすぐにへそ曲げるのかなぁ…。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-08-22 00:03 | イベント
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧