カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
カテゴリ:イベント( 75 )
北海道4Days レポートその2
続けて、メモ的レポート。

最近は、ラリーの行程を正確に淡々とこなす事に密かな充実感を感じているので、イレギュラーな事態がないことがコレクトな訳ですが、そういうのって人に読ませる感動レポートにはなりませんよね(笑)

ということで、淡白に情報をメモって行きます。

【Day2】7月19日(土) 距離471.23km(ダート157.84Km)

■ルート
なかとんべつ〜当麻

■SS-3
この日は朝から3本続けてSSがあった。最初の一本はハイスピードSSということ以外あまり覚えていない(後述、理由が…)。路面的にはフラットで、ストレートも長く、コーナーも大きなカーブを描いているパターンが多かったはず。前半上りで後半下りだっけ?ここまでハイスピードな林道って、実はあまり走りなれてないのですよね。ここで初めて、スタンディングだと体勢的にアクセルが開けきれない事に気付いた。HP2は結構LOWスロットルなのね。もっとHIGHスロだったらいいのに…そんなことを言ってたら、A倉さんに「(HIGHだったら)死ぬよ」と言われた…ごもっとも。

■SS-4
こちらも続けてハイスピードSS。多少、アップダウンあり。INクラストップはK山さんで、5秒落ちくらいで届かない。HP2って、モトクロッサー並の加速をするけど(使いこなせてない)、重量が重いのでブレーキングが恐い。

■SS-5
ぐるっと回ってSS-4と同じコース。こういう趣向もおもしろい。皆さん、SS-4で様子を見て、SS-5で本気を出すという感じだった。自分も同じ作戦でガンガン行こうとですが…転けちゃいました。たしか、コーナーで膨らんで、道ギリギリの荒れたラインの乗ってしまって横一回転。道から落ちなかったのとダメージがなかったのは幸いだったけど、すぐに再発進しても、それでも30〜40秒はロスしたかな?転けると全ておじゃんとあれほど分かっているのに…。これ以降、ビビリが入ったり。

■リエゾン
この日は、ダート150キロ以上のロングラン。たしか、道北林道やピヤシリ林道を走った。他にひたすら直線のガレ場なんかがあって、本州では見ないシチュエーションが走りどころだろう。道北林道でCP1だったが、その先でWR250Rの人が崖落ちしていたので救出。あの辺はスピードが出るからついやっちゃうだろうね。この日はたっぷりダートが走れてかなり満足。

■天候
少し標高が高くなる峠で霧が出てきて、時には霧雨に。雨具を着るか、ウエアリングが難しかったが、経験上、すぐ止むと考え、自分は雨具を着ないで走った。結果、問題はなかったが、ゴアジャケットの方がこの場合は安心かも。(ちなみにハカイオー氏は普通のジャケットなのにあえて雨具を芦別に置いてきたという大物でした。)

■SS-6
キャンプ地の近く、当麻でこの日最後のSS。当麻のエンデューロで使ったコースというのが感慨深い。こちらは本州で見られるような比較的タイトな林道で、轍の間が草ぼうぼう。自分は5番目くらいにSSインしたのだが、ライン取りがしにくくて困った。本当は後半でラインが出来て走った方が戦略的にも良かったのだろうが、早く帰りたいので仕方がないですね。

a0023439_2281977.jpg


■キャンプ地
当麻のキャンプ場がキャンプ地だった。傾斜地でテントが立てにくい。

■食事
ケータリングで結構、種類、量もあった。財布を忘れていったら、菅原御大にビールをおごっていただいてしまいました。ありがとうございました。

■お風呂
斜め前に温泉あり。営業は22時までだけど、21時まで入場しなきゃいけないので、少し焦った。入場してしまえばのんびり。

■整備
この日はタイヤ交換の日。自分の場合、この日にリアタイヤを交換しただけです。18時すぎに着いたので、時間的余裕はあったけど、チューブを噛んでしまいいらん面倒を。この日は、チームのみんなにも不幸があって、SZ木さんは朝スタート前にパンク発見、K林さんはチューブのパッチ剥がれで何回も修理をやり直していた。ハカイオー氏はバッテリーが死亡で夜遅く帰還。まあ、ラリーっぽいスパイスってところでしょうか?

※この日もルーチンワークをこなし、睡眠もばっちりでした。普段、ずぼらで規則正しい生活をしてないのだが、ラリー中はまじめにこなします。特にモンゴルで怪我してから走っているときにベストの体調に持っていけるように注意をしている。

なんか、ラリーって、プチプチ(エアクッション)をつぶす行為に似てますね。

地味な行為が楽しかったり…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-29 01:54 | イベント
北海道4Days レポートその1
北海道4Days…初夏の北海道を満喫して帰ってきました。

行く前までは、4日間じゃ短いから軽めかな?と思っていたのですが、たっぷり林道、そしてSSを走らせてもらって、北海道らしいダイナミックかつ密度の濃いラリーを楽しめました。これもSSERスタッフやA-TECの学生さん、現地スタッフの皆さんのおかげです特に北海道各地に、これだけのSSを設置するだけでももの凄く労力が掛かったと思います。ありがとうございました。

簡単ですが、私的メモレポートを書いてみたいと思います。誰かしら、何かしら参考になれば…


【Day1】7月18日(金) 距離315km(ダート31.34Km)

■ルート
芦別〜なかとんべつ

■天気  
曇りのち晴れ…スタート前にちょうど晴れ間が見えた。この4日間は微妙が天気が続くことに…

■車検&装備品チェック
レギュレーションで書かれている持ち物は全部チェックされる。全ての荷物を検査会場に持って行く必要があるのでこれが大変。車検が終わって初めてコマ図が貰える。自分は前日夜中遅くに芦別に着いたので、車検は当日行った。おかげで午前中はコマ図貼りに追われる。

■SS-1
最初のSSはお馴染み北日本自動車学校 A-TEC の特設会場。オーバルの鋪装周回路から草地、ダートコースに入る。途中、古タイヤが積んであったりとトラップもあり。
昨日まで雨が降っていたので、滑りやすくなっていないか心配だったか、その点は問題なく無難にこなせた。

■SS-2
SS-1を出て会場をスタート。数百メートルですぐにSS-2。空き地に作ったこちらも特設コースです。TDNのときはここで泥まみれでラリークロスをしたトラウマの場所だったり。基本的には平地にテープを貼ったコースだが、途中、予想外のステアケースがあった。OHVだと絶対ハラを擦ると思う。HP2で良かった。このSSも転けず無難にこなす。おかげでこの日はインターナショナルクラストップだった。(次の日からどんどん落ちていきましたが…)

■リエゾン
この日はスタートが14時からだったので、スケジュール的にはのんびりできなかった。ほとんどが舗装路だが、時折、北海道らしいストレートの快速林道やちょっとしたタイトな林道も混じるルート。海岸沿いを北上してなかとんべつに向かう。

自分のリエゾンの走り方は、基本的にほとんど休まず、一定ペースで走る。CPは開設時間オンタイムが基本で早過ぎず、遅過ぎず。最近の北海道は取り締まりも厳しいらしく、気を付けて捕まらない速度で淡々と走った。それでも広大なステージでは疲れない2気筒のメリットの恩恵を受けたと思う。

この日は予定通り、CPはオンタイム、ゴールも一番で到着。到着時刻19時5分くらい。もっともスタッフも着いたばかりのようで、ゴールの門が立ってなかったり、ダッフルバッグをすぐに受け取れなかったりと早く帰ってきてもあまりメリットがなかったり…。

■キャンプ地
食事や整備ができる場所と実際にテントを貼る場所が遠すぎて大変だった。1キロくらい離れていたか?最初は歩いていたけど、遠すぎて送迎バス便が出来てた。たぶん、事情があるのでしょうが、ここは改善してほしいです。

■食事
屋外でジンギスカン。昨年は寒かったらしいが今年はそんなに寒くなかった。かなりの量があり食べ過ぎた。ビール販売もあり。

■お風呂
温泉あり。なんだかんだ言って汗をかくので、一日の終わりにお風呂があるのは助かる。TBIではほとんどないので、北海道はホント幸せ。

■整備
初日であまりやることがないし、テントからも遠いので、ミラーの増締めのみ。

※キャンプ地からの帰ってきてからのルーチンワークとして、テント張り→夕食→整備→風呂→コマ図張り→睡眠 がある。昼間眠くならないように睡眠は5〜6時間取りたいところ…ということは全部こなして、23時には寝なきゃいけないのです。そのためには早く帰って来る必要がある。ちょっとずれると眠くなって休憩、帰ってくるのも遅くなって悪循環に陥る可能性がある。だからオンタイムが基本。(だからと言って、リエゾンで飛ばして、一般の人から悪印象を持たれるのはまずいので要注意。無駄に休まず淡々と走りましょう。) 今回は初めての人も多かったせいか、オンタイムで走っている人が少なかったようだった。


…続く
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-25 01:20 | イベント
大洗到着
a0023439_0354721.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-17 00:35 | イベント
天気が悪いみたい
なにやら、北4日程の北海道の天気ですが、前半は雨が降りそうです…。

TDNのときもそうだったのですが、自動車学校のSSを泥まみれになって走るのはイヤすぎる…。SS-2もたぶん芦別の町の中の特設コースでしょう。ここでもラリークロスをやってドロドロで転けまくった記憶が…。

なんとか晴れないかなぁ…。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-16 03:38 | イベント
GS4Daysと船旅
今年も8月下旬に北海道日高町で行われるGS4Days…ビッグオフ有志によるギャザリング(告知ページはこれ

今年は日高の山が復活したそうで、待ちに待った山岳ツーリングやヒルクライムアタックで遊べそうです。こりゃ今年も行くしかないな〜。

しかし、今年は北4も行くので、あまり長く休みが取れないので、長距離フェリーで渡道するつもり。若い頃は、残業が終わってから900キロ走って八戸からフェリーに乗ったものだが、さすがにもうそんな元気はなく(^^;;なるべく効率的に北海道へ渡りたいというのが本音だ。今まで、大洗、仙台、新潟、八戸から渡ったが、意外に近いのは敦賀だったりする。自宅から220キロだから、近いと思っていた大洗も350キロ以上あるし、東京を超える必要がないというメリットもある。おまけに近年就航した高速フェリーだと大洗からのフェリーと時間差はほとんどない。出発も夜中の1時半だから、仕事が終わってから高速を走っていっても余裕がある。大洗の場合は東京の渋滞を考えると余裕はないです。おまけに苫小牧に到着なので、初日の集合場所からも近いのだ。帰りも20時半に到着だけど、当日には自宅に帰って来れそうなのでいいだろう。

ところで、私はなにげにフェリーの旅が好きです。ほとんど眠っているけど、ラウンジでのんびり読書したり音楽を聞いたり…あまり暇を持て余さない。こういう余裕の時間って貴重に思えてくるのです。

ということで、新日本海フェリーのホームページでインターネット予約しようとしたのだが、Macだとちゃんと動作しない??

…しょうがないので明日電話予約しよう…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-02 01:37 | イベント
GSトロフィー
GSチャレンジ2008に行ってきました。今回の開催場所は群馬県嬬恋村。広々とした高原で空気がきれい…夜の星空には思わず吸い込まれそう。GSで遊びにはピッタシなロケーションでしたが、夜が凄まじく冷えて、シュラフを忘れていった自分は死ぬかと思いしたわ(汗)

なんと言っても今年の目玉はGSトロフィー。北アフリカで行われる世界大会の選抜大会が併催されました。会場はスキルチャレンジと一緒に浅間牧場で行われ、コースディレクションはダカールドライバーの三橋淳氏。ただでさえ火山灰で走りにくいのに、えぐいコースを設定してました。

a0023439_0412725.jpg


車両はイコールコンデョンということでR1200GS ADVにカルーTを履かせて、空気圧標準設定(たぶん2キロ以上)、燃料タンク満タン(たぶん30キロ以上増し)という状態。予選ではコイツを倒して引き起こしをやりました。10秒以内に引き起こすというルールでしたが、意外とやりやすかったのでほぼ全員合格で、遅かった順に本戦スタートという運びに。

a0023439_043187.jpg


本戦はすり鉢状のエリアも使ったコースで、ヒルダウン、ヒルクライム、キャンバー走行、クレバスありで、全体を見渡せるので観戦するのもおもしろかった。最初、下見をしたときは自分のバイク(HP2やハチマル)ならなんとか走れかな?と思ったけど、スタート直前で超巨体の12GSADVに跨がったらとても走れる気にならなかったw。案の定、僕は最初のセクションでやられた。下ったすぐに窪みがあるので、勢いを付けようとして突っ込むとその先で振られてしまっておしまい。ちなみに倒したら10秒以内に起こさないとアウトというルールです。ここでほとんどの人がやられてました。途中、三橋さんが種明かしをしていたけど、ここはできるだけゆっくり行くのが正解とのこと。窪地フロントを落としてもトラクッションして脱出できるらしい。そのあとのヒルクライムセクションが次のリタイヤセクション。みんな途中でスタックするか振られて転けるかしていた。うちらの仲間も大体その辺で終わりだった。

a0023439_0445318.jpg

a0023439_046443.jpg

a0023439_0471044.jpg


35名くらいトライしたけど、その先に進めたのはほんの数人。腹が引っかかるのでフロントアップしないとクリアできないセクションもあって、最後まで完走したのは二人でした…。TBIの優勝経験もある四国のKさんとディーラーの原サイクルのHさん、完走寸前まで行ったHさんも富山のディーラーの人らしい。よく聞くと全員、モトクロスやトライアルのIBライセンス持ちだとか?そこまでテクがあり、かつ、GSにも慣れてないと完走は無理だったみたいですね。

ちなみに今回使われたかわいそうな3台の12GS ADVはクラッチが焼けて要交換らしいです。なにせクラッチが焼けてモクモクと煙を上げていた人もいたからねぇ。

とにかく、GSトロフィーはコースが良かったし見応えがあっておもしろかった(おかげで本戦の写真を撮り忘れた)。翌日のスキルチャレンジや三橋さんのG450Xのデモランも盛り上がって、総合的には楽しめました。唯一残念なのは、ツーリングのコマ図間違えが多すぎたってことでしょうか?せっかく、ルートも良かったのにちょっと残念でした。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-06-10 00:39 | イベント
2008年 GSチャレンジエントリー
先週、ディーラーでGSチャレンジのエントリーをしてきた。

昨年までルートスタッフで参加させてもらったけど、今年は群馬の嬬恋で開催ということで、何の責任もなくお気楽に楽しもうかと思う。スキルチャレンジも初めてなんだけど、ジムカーナみたいな競技になっているので、どうせ頑張ってもなるようにしかならんでしょう。

そういえば、今年はチェニジアで行われる本場のGSチャレンジの招待選抜もあるとのこと。どんな方式で選抜するかわからないけど、アサマ火山レース跡地でSSを開催するという噂が…あったりなかったり勝手に作るなという…

そうそう、ディーラーに行ったついでに、チャレンジジャージを買ってきた。HP2ジャージは廃盤でこれが代わりに今年のモデルになったらしい。また、すぐに暑くなるので、ジャケットを脱いでジャージのみでのライディングも多くなるでしょう。

a0023439_23202212.jpg


ついでに、G450Xの情報も少し入手。今年中には発売みたいですね。値段が戦略的ならほしいかなと思ったり…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-05-21 23:23 | イベント
噛み合ない日
この週末はなんか噛み合ない日だった…。

GSセントラルの仲間と有料コースで走行会の予定だったのですが、2日前までの雨の影響で路面コンディションが良くないらしくお目当てのコースは閉鎖。焦って急いで対応案を考えてみんなに連絡。しょうがないので河原のコースに変更したが、高速道路が事故渋滞で自分は2時間遅れで到着した。この時点で精神的疲労が溜まってしまっていた。

a0023439_144440.jpg


さらにコースは、タイトなコースはともかく、ところどころにギャップの手前に水溜まり、泥溜まりがあり、HP2ではかなりお疲れな事態になっていた。そういえば、タイヤの空気圧くらい落として走れば、少しはマシだったかもしれない。

それでもみんなとわいわいやりながら穏やかな週末を過ごせたと思う。うまく噛み合ない時は、一旦落ち着いてのんびりな気分に変えるのが一番ですな。

a0023439_163917.jpg


翌日はどろんこまみれになったバイクを洗うのに苦労した。ブーツも泥だらけだ。洗っていてよくよく見てみるとインサイド部分に穴が空いている。ブレーキペダルで擦れたのが原因のようだ。道理で、最近、すぐに浸水するかと思った…。今回も泥で靴下汚れていたし…。

a0023439_1142482.jpg


2年半使ったSG-10もこれで逝ってしまったか?冷静に見ると外観はかなりボロボロだし、使用回数もそこらのEDライダー以上に使っているはず。修理が出来そうにない箇所だし、買い換えも止む得ないかなぁ?

こんなことなら、EDプロコルサのサードエディションを予約しておけば良かった。他に買うとなると、ガエルネのファストバック辺りか?どちらにせよ、また出費が…。

しかし、全ての天秤が微妙にマイナス側に傾いている週末だった…。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-03-25 01:28 | イベント
SSERプレゼンテーション2008
先週からHP2をどう走らしたらいいのだろうかと脳内シミュレーション。様々な角度から検証して、今週の練習テーマはこれだ!と決めていたのに、週末の土曜日は雨でした…もうがっかり。結局、土曜日はインドアでだらだら過ごして、翌日は快晴だったけど、名古屋でSSERプレゼンテーションがあったのでそちらへ向かうことに。

天気も良いし、ここはハチマルの出番でしょうと思い、修理したばかりのセルスターターで始動…ここのところ、ハチマルもすっかりツーリング担当になってしまった。攻めずに流しても楽しいバイクだからね。これでいいのだ。

ツーリング気分で名古屋に向かうも近付くにつれ、道路脇に雪が増えてくる。もしかして、昨日は名古屋では大雪だったのか?土曜日はヒッキーをしていたので気付かなかった…(最近、TVは全く見てないのです。)

のんびり走ってたら、時間がなくなって、名古屋ICに着いたのはプレゼン開始時間ギリギリ。会場のイワサキモータースは久々だったので道は覚えてなかったが、出発前に見たうろ覚えの地図を頼りに迷わず来ることが出来た。

a0023439_0594256.jpg


もうプレゼも始まったところだったので、そそくさと席に着く。いつもの通り映像からスタート。モンゴルの美しい映像を見ると、一昨年の出場したときの脳内の映像とシンクロして懐かしくも恋い焦がれる気持ちになってしまう。また絶対行かないとなぁ。

モンゴルのラリーは今年からラリーモンゴリアと改名して、ウランバートルの西のエリアをメインにラリールートを構成するらしい。南に向かうと暑さとの戦いになってしまい、体調不良を起こすエントラントも少なくない。本来のライディングの専念できるような配慮とのことです。モンゴルラリーの魅力はその美しい自然もあると思うので、より緑の多いステージなら、以前と違った体験が出来そうです。

TBIは新ルート、新キャンプ場も増えるそうで、ちょっとマンネリ化してきた部分に新鮮な風が入りそう。中日には半休してパーティーを開くとのこと。自分的にはこれはかなり楽しみ。パーティーが楽しいというより、ラリーの休息日が好きなんです。モンゴルのゾーモットの休息日やTDNのフェリーの中など、一瞬の凪のような時間がすごく貴重に感じて、そこに身を置くのは心地よい気分です。生き残った感や心の洗濯的に感覚なのかな?

北海道4Daysは、去年よりSSを増やして一日3〜4本くらいあるらしい。北海道の各地のエンデューロ主催者の協力によるものだそうです。結構、おもしろいコースもありそうですね。実は自分がHP2をラリー仕立てにしたのは、TBIより北海道4Daysが本命だったりする。(その割にまだ行けるかどうかわからなかったり…)

西安ローマの冒険旅行はただただ羨ましいばかり。GSで大陸横断とかは夢ですね。

a0023439_114686.jpg


以上、説明会の方はこんな感じの内容で終わり、その後は懇親会へ…。バイクで帰るので飲めなかったけど、たっぷり楽しませていただきました。これで今年もいよいよシーズンインですね。準備をどんどん進めなきゃ!

とりあえず、脳内シミュレーション再構築開始…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-02-12 01:03 | イベント
TBI2008エントリー
昨日、祭日ということを忘れていたら(普通に会社があるので)、TBIのエントリーに支障が…銀行も郵便局もやってないし。しょうがないので、エントリー用紙は宅急便で送って、エントリーフィーは今日振り込む予定です。そろそろ、プレエントリーくらいはネット上で出来るようにしてほしいなぁ(←この希望が言いたかった)。

今年はHP2でエントリー。打倒ダカール…くらいの目標w
[PR]
by hpn1150gs | 2007-12-25 09:06 | イベント
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧