カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
<   2004年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Tireballs?
BAJABROSでTireballsを扱い始めました。

http://www.bajabrothers.com/bb/modules/news/

Tireballsって?…ムースやチューブの代わりに、特殊素材のボールをタイヤの内部に入れることにより、パンクを防ぐもの…らしいです。
ボールをいっぱい入れるので一個パンクしても走行に支障がないということですな。ムースと違ってチューブに近い走行フィーリングになるのかな?値段は40751円(税込)。ムースが2万円くらいで手に入るのに比べるとかなり高いけど、ムースのような使用期限ないと思われるし、管理も楽でしょう。使い回しも結構できるんじゃないかな?BTOUで使うならムースは最低2セットは必要なため、総額は同じになりそう。装着の仕方はムースと同じやり方なのかな?ムースが気になる私はこっちにも興味深々です。今年のBAJA1000でテストするらしいから要注目ですね。
先日から悩んでいたムースを使うかどうか?ムースもTireballsも高いけど、リム打ちでパンクしやすいフロントだけ使うのも手ですよね?両方使うとお金も掛かるし、リアはビードが硬いのでムース場合の交換も面倒だから。
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-29 05:22 | GSパーツ情報
ムースタイヤ
なにやら掲示板の方がBTOU話題で盛り上がって来た。私もそろそろ準備して行きたいのですが、車両がどうなるか不明で全く進まない…。_| ̄|○
ところで準備する段階で懸案事項がいくつかあるので、今後その辺りをどうするか考えていかなければ。そのひとつはタイヤなのだが、海外ラリーの定番タイヤはもちろんミシュランデザート+ビブムースになる。これで走れるならベストなのだが、欠点は値段が高いことと交換が大変なこと。パンクとはおさらば出来るのが嬉しいのですけど。砂漠の暑い中、パンク修理は時間的にも体力的に精神的にもきつい。使った事ないのでライフも不明だ(何本必要になる?)。格安コースならT63+ハードチューブorウルトラハードチューブになる。チューブ2枚重ねもアリ。空気圧もパンパンにして置くようです。どちらにせよ、パンクの原因はフロントタイヤのリム打ちがほとんどなので、フロント抜重がきちんと出来ていればかなり回避はできるらしい…と言われても重量車だし…う〜ん(^^;;;;
そして、今回、ムースタイヤをどのくらいの人が使用するか?RRMが開催されてきた時代よりムースは量産化され一般入手も手軽になってきた背景もある。エンデューロでも使っている人が増えて来た。上位入賞目的の選手は確実に使うはずだが…。インターナショナルなラリーならほぼ100%ムースなんだろうけど。パンピーな私はどうしよう?
しかし、ムースタイヤは交換が大変だ。タイヤに空気が入った状態でタイヤ交換をするようなものだから。一応、前々からムースには興味があったので、BTMのムースタイヤ交換術のビデオは入手してある。ISDEのビデオだが、ISDEでは5分くらいで交換しているので簡単そうに見えてしまう(きっと罠です)。同じ時間でもうまい選手もいれば下手な選手もいた。弧の字型のタイヤレバーなど変わった道具も使っている。手順も色々だ。
エンデューロと違ってラリーでは持って行ける交換道具も制限されるのでココも工夫しないといけない。あんなでかいビートブレーカー(タイヤ固定具を兼ねている)持って行けないぞ!タイヤやムース自体もエンデューロより硬いものを使っているのでもっと大変だろう。とりあえず、試しに買って来て様子を見てみようかな?
一番良いのはインターナショナルラリーに来てるミシュランのタイヤサービスをBTOUでも呼んでくれればいいのになぁ。お金払えば替えくれるからね。
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-26 03:49 | BTOU
またまたHPNが入荷したので見に行って来たのだ!
また別のHPNが入荷していたので動研に見に行きました。前に中古を輸入するとか言ってたモノ(売約済み)です。


a0023439_23211587.jpg
サスストロークが短い仕様です。ベースはHPNスポーツかな?エンジンボアアップとフレーム補強は入ってるみたい。リアスイングアームは1150GSのモノで、こういう仕様は初めて見た。1100GSのパーツは欠品なの?


a0023439_2336792.jpg
クラッチはワイヤーではなくマグラの油圧クラッチが付いてました。こんな仕様も出来るのか?いいなぁ。


a0023439_23371797.jpg
見にくいけどトランスミッションのクラッチレリーズが油圧シリンダーのそれに変更されてます。


a0023439_23402296.jpg
コクピットはサイクルメーターしか付いていない…シンプル。


a0023439_23424467.jpg
リアホイールハブはR900RRのモノが付いている!いいなぁ。


a0023439_03781.jpg
正面はこんな感じ。フロントサスがノーマルっぽいので一見普通のGSだが…。エンジンのフロントカバーはカーボン製でした。


サスが短いせいかかなりコンパクトに見えて乗りやすそうな仕様になっています。HPNの試乗車として使っていたバイクらしい。しかし、HPNの仕様って細かい所はみんなバラバラだ。スイッチ類やフェンダーとかどういう基準で付けているか分かりません。かなり適当です。日本からだとそういう細かい所は注文付けしにくいんですよね。でも、うちの仕様はダカールのスイッチを使ってくれと言ってあるので、しょぼいG/Sのスイッチやでかい100GSや15GSのスイッチは付いて来ないはず。もっとも、注文通りに出来て来た事はないらしいけど…。ところで、このバイクも最初の予定から入荷は3ヶ月遅れたらしい。で、肝心のうちのHPNの納期は…11月中って言ってるけど果たして今年中に来るのかなぁ? しょぼーん(´・ω・`)
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-24 23:53 | HPN Rally sport
GSは冒険の扉の鍵!?
GS乗りって不思議とラリーレイドを目指す人が多いような気がする。
GSはどこまでも走り続ける気にさせてくれるバイクだ。長時間乗り続けても平気だし、乗れば乗るほど遠くに行きたくなる…それは昔の80G/Sはもちろん、今の1200GSだって持っているGS乗りの共通の感覚。どこまでも遠くへ…高まった気持ちの延長線上にラリーレイドが位置するのかもしれない。それは80年代のガストンライエがGSで走ったパリダカ…冒険としてのラリーレイドを連想させるのか?GSで走ると気持ちをひと足先に憧憬の砂漠に連れてってくれる。だからと言って別にラリーレイドには無理にGSで出る必要はない。もちろん、GSで出れたら幸せかもしれないけど、GSは切っ掛けを作ってくれるのだ。ラリーレイドへの参加は冒険の扉を開けると例えられるけど、差し詰めGSは冒険の扉の鍵と行ったところかもしれない。

これからも乗り続けるために




なんかこれじゃポエマーみたいだな…
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-22 23:16 | GS戯れ言
あのマシンで出てほしい!
なんかSSERのOVを見てたらBTOUのレギュレーションがリークされていた。

以下引用(トラフィックバッグできるといいのにw)
>FUELRANGE航続距離のことです。MOTO・・・300km、AUTO・・・400kmで、AUTO部門も含む全ての参加車両に、それぞれのエタップでスタートから300km以内に用意されたRCPで給油の予定です。車両は原則として「タイヤが着いてエンジンがガソリンかディーゼルのもの、タイヤによる駆動なら2輪以上でなんでもOK!」です。日本国内の登録は抹消されていても、はなから未登録でもOK!の予定。

…まあ、RRMもこんな感じだったと思うのですが(他のラリーに比べておおらかだなぁ)、良い事思い付きました。ヨシトモさんが作ってるテレスコR1100GSカスタムがあったと思いますが、ぜひあれで出場してほしい!
…って冗談で言ったら本当に出ちゃいそうな気もしますが。うちの15GSも無茶苦茶にカスタムしたい〜
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-19 02:17 | BTOU
ヘルメットはどれがイイ??
昨日、新しいヘルメット買った。モノは昭栄のホーネットアドミックス。今までアライのツアークロスを使っていたが、いい加減くたびれて来たので通販で新規購入した。シールドタイプのオフメットはこれで2個目(昔はゴーグルタイプしかなかったし)になるのだが、前のツアークロスも初期タイプなので色々不都合も多かった。
a0023439_034891.jpg

■ツアークロスの気に入らなかった点
・オフベースと思わせてオン色が強い内装。首回りのパッドとあごひもの布が外せないので洗濯しにくい。
・口元が狭いので運動量が多い時苦しい。
・チンカーテンのオプションがない(ホーネットのモノを改造して付けていた。15GSの場合、下からの風の巻き込みが多いので必須。)
・バイザーがなよなよで弱い(メーカーで配布されてるフレーム入れてた)。
・V−CROSSのブレスガードを流用できる(ノーズガードのないProGRIPのゴーグルを愛用しているので重要)
・シールドがワンタッチで交換出来ない。
a0023439_034496.jpg

■ホーネットに期待した点
・内装が全部外れるので洗濯が簡単。結構まめに洗濯しているので。
・口元が広いので息がしやすく、キャメルバッグの水も飲みやすそう。
・チンカーテンのオプションがある。
・バイザーの剛性がそれなりにあるのでは?
・VFX-Rのブレスガードを流用できる??
・こっちもシールドがワンタッチで交換出来ない。
最後の項目が気に入らないがなんとか問題は改善されそうだ。

ところでなぜ普通のゴーグルを使うオフメットを買わなかったか? OGKのFF-MR(カーボン柄)も興味があったし、VFX-Rなら冷汗内装もあったのだが…。最後まで悩んだけど、結局、雨や寒さに強いシールドタイプ。これから寒くなるので冬も雨もバイクに乗る私にはゴーグルタイプを選ぶ事が出来ませんでした…。でも、コンタクトを使っている私には林道へ行くとゴーグルも実は必須なのです。最近の私の走りのスタイルは長距離を走って遠くの林道で遊んで来るというタイプ。どんなに遠くてもトランポなんて使った事のない男ですよ? 雨も寒さも関係なく走りに行きますよ?結局、妥協案としてこういう使い方をしています。↓
a0023439_0353031.jpg

クイックストラップを使ってゴーグルを使わない時は頭の後ろへ、ゴーグルを使う時はシールドを開けて使っています。リエゾンはシールド、林道はゴーグルと使い分けてる。TDNでもやっている方が何人かいました。でも、この方法もイマイチ使い勝手の悪い部分もあり、埃の中をシールドを開け、ゴーグルをして走った後に、またシールドをするとシールドの裏に埃が付いていてコンタクトに埃が入ってしまう。ワンタッチで外れれば洗ったり、ちゃんと拭いたりする事も可能なんですけどね。あるいはシールドを完全に外しておくとか。コース走行や河原で遊びの時は邪魔なのでシールド外しておきたいし。なんでイマドキワンタッチで外れる様にしてくれないんだろう?一応、ヤマハのギブソンというモデルがシールドがワンタッチで外れるのだが、基本機能がチャチイかったので買うのは止めておいた。次買う時はアライかショウエイで出しておいてほしいものだ。
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-19 00:37 | グッズ
サンドラン
BTOUが発表されて、居ても立ってもいられなくなった仲間がちょっとサンドランをしようと浜岡に集った。私は近所なのでよく砂浜にも行くのだが、皆さんは近所に走れる場所がないので、サンドランの経験が少なかったとか。それで最初は苦労してたようですが、すぐに慣れてすいすい走れる様になっていた。
今の季節の浜岡は海釣りの釣り人も多く、波打ち際も走れないので(波打ち際を走ってたら練習にならないけど)、中央の4駆が走ってるスペースへ。轍だらけで走りにくいけど楽に走っては練習にならないので頑張って走る。しかもゴミが多すぎでラインも気を付けねばならない。台風のせいか漂流物も多いのかな?ノーマル15GSの時よりフロントタイヤを大径化しているので、スピードさえ乗せれば轍だらけの砂浜でもそれなりに走れるが、荒れたところでターンするとポテッとなす術もなく転けるパターンが多い。フロントサスが全然仕事をしてないようだ。こういう所はやはりテレレバーの限界かなと思う。
砂浜は、昔、XR600やらスーパーテネレやらで比較的走り慣れていたが、ノーマル11GSや15GSでは余り走らなかった。というのも振られまくってとてもまともに走れるものじゃないから。80キロくらいにスピードを乗せればなんとか走るが、すぐに轍にふっ飛ばされる。車重はそれなりにあったけどスーパーテネレの方がよっぽど走りやすかったです。やはり、砂浜走行はテレスコじゃないとお話にならないと痛感した。
BTOUを目指すにはやっぱりテレスコマシンを買ってもっと練習しなきゃ。こんな調子で準備間に合うのかなぁ…

a0023439_22414537.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-17 22:45 | BTOU
GS本
なにやらGS専門のムックが出ていたので買ってきました。
「BMW GS 最強サバイバルバイクのすべて」ボクサージャーナル編集のようです。

まあ、目新しいところはないのですが、一通りGSを知りたい方やこれから購入する人はテンションが上がっていいのでは?現ユーザーにはちょっと物足りませんが。あと、たまに会報本でありがちな買ったばかりのなんの変哲もない新車のR1200GSオーナーなどで載っていて、なんで紹介されてるの?(10万km走って出直しこい!)と意味不明なオーナー紹介があったりしますが、この本はベテランさん中心で載っているのは良い事です。こういう企画はベテランさんの工夫や改造、装備などに興味があるのですから。
しかし、どうせなら海外オーナーを紹介した方がおもしろいのに…。海外に比べて日本人GSオーナーは大人しくて逝っちゃってる人は少ないですが、海外のオーナーは凄まじい改造なんかしてたり、とんでもない所を走ったりしてますからね。やっぱり、ハーレーなんかの世界と違ってGSは大人しい人(性格じゃなくて行動が)あるいは賢い人が多い世界なのかな?高いバイクなので大事に乗って…ハーレーはもっと高いだろうに。GSだってガンガン改造したり、ガンガンオフロード走ったり転がしたりすればおもしろいのに。
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-16 00:01 | GS戯れ言
ベイジン・ウランバートル 2005
SSERの新企画ベイジン・ウランバートル 2005が発表された。ラリーレイドモンゴルが沈黙して3年…いよいよ新しいラリーが始まる。
自分はここ3年程度でラリーレイドにハマった遅れて来た人だから、ラストモンゴルでは行きたいという気持ちはあったけど、経験不足すぎてとてもエントリーする気はなかった。モンゴル経験者の会社の同期にも勧められたがとてもとても…。その後、TDNを3年走ってますますラリーがおもしろくなり、自分なりに自信も付いて来ると無性に海外ラリーを走りたくなった。TBIやTDNはラリーレイドのいろはを教えてくれるし、独特のおもしろさがあるがやはり海外ラリーも経験してみたいのが本音だ。しかし、その頃はRRMは既に消えていた。欧州のラリーストが気軽に参加できるラリーはアフリカにあり、日本人にはアジアにあったはず。エントリーラリーストはどこへ行けばいいの?遅れて来た人はそう嘆く。そんな折りにこのベイジン・ウランバートルの発表があった。RRMは帰って来た…しかもスケールアップして。これでいきなり経験不足の中、外国人が主催するラリーを走らなくてもいい。馴染みのSSERが主催する海外ラリーに参加した方が初海外ラリーは安心して走れるし、それよりもなによりもあのSSERの演出にはいつも引き込まれる。今回は国境を越えて北京からウランバートルへ…それだけでワクワクする。最近の世界のラリーの傾向として競技要素が強くなって来ているのに反して、このラリーでは冒険的要素を強く出ていると感じた。まさしく冒険の扉…80年代のパリダカに憧れた者にとっては涎ものだ。「いつかは行きたい…」の「いつか」は今来たのだ!

「冒険の扉を示そう。そこには、あらゆる困難が待ちうけているだろう。扉を開けるのは君だ。望むなら連れていこう」 ティエリー・サビーネ



しかし、モチベーションは上がってるのだが経済状況に暗雲が漂ってる…orz
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-13 05:00 | BTOU
R900RR !! 実物見ちゃったよ!
今日、ダッツ浜松店に行ったら(もちろん、うちのHPNの進捗状況を聞きに)、なんとHPN製のBMWファクトリーマシンR900RRが置いてあった! 横浜店に置いてあったやつをこっちに持って来たらしい。そのうち見に行かなきゃと春から思ってたのですが手間が省けた。R900RRは自分の一番の憧れのバイク。しげしげと観察した。
a0023439_244995.jpgバイクを起こして跨がらして貰った感じではやはり軽い。190kgらしい。もちろん足は腰をずらしてやっとつま先が着くレベル。サスもほどんど沈まない。余計な物が付いてないし、タンクも二ーグリップ部はえぐれているのでスリムなイメージを受けた。凛とした立ち姿がイイ!


a0023439_2492149.jpg見難いけどエアクリーナーはハンドルのすぐ後ろ。砂が入りにくいラリーマシン定番の位置だけど、ボクサーだとレイアウトが大変そう。エンジン位置が低いので燃料タンクも特に左右分割はしてないみたい。整備性は?? ハンドルは当然テーパーハンドルでステダン付き。


a0023439_2521075.jpgオイルパンは削って最低地上高を確保。HPNお得意アンダーガード一体オイルパンに変更。オイルパン後方に追加オイルタンクが見えるのでセミドライサンプっぽい。スカベンジポンプはエンジン上にあるみたいでどういう風に付いているか見えなかった。


a0023439_251290.jpgオイルフィルターも下からエンジン上に移設。オルターネータが見当たらないけどどこに置いてるんでしょうね?エンジンフロントカバーの張り出し具合を見るとクランク同軸にしてるのかな?


a0023439_2561145.jpgインジェクションをビングキャプに変更してる。オリジナルのカーボンシリンダーヘッドカードもカッコイイ。エンジンはレギュレーションに合わせてR850のエンジンをベースにボアアップして900cc(かな?)くらいにしている。


a0023439_257835.jpgリアサスも取り付け方が全然違う。かなり傾斜して取り付けてる。ピポッド位置はエンジン上。フレームの作りも全く違って剛性がありそう。ブレーキは前後ブレンボ、ホイールはEXCELでミッションはゲトラグ。


a0023439_25995.jpg見やすいコクピット。マップケース、GPS、ラリーメータ等が綺麗に収まってる。GPSもハンドル上ではなくカウルマウントで真ん中にあるので見やすいです。


a0023439_32308.jpgカーボン製のカウルがカッコイイ。ノーマルのイメージを残しつつ全然違うモノに昇華してるところが良いよね。このデザイン好きです。


しかし、ラリーマシンというのは独特の雰囲気を醸し出しています。特にワークスマシンは機能美とも言える姿をしている。まさに理想のバイク…このワークスマシンと同等の仕様にしたR1150RRが1300万円と聞いたけど、作りを見ると納得。ノーマル15GSとかとは全く別物ですから。その程度は軽く行きます。むしろワンオフで作るなら安いくらいだ。フェラーリ買うより安いし。金があったら絶対ほしい!
ところでうちのHPNは例によって入荷が遅れそうな雰囲気…_| ̄|○   気長に待つしかないか…
[PR]
by hpn1150gs | 2004-10-11 03:00 | HPN Rally sport
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧