カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Buells XB12X Adventure Sportbike
これってギャグなんですかね?

a0023439_2128344.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-31 21:28 | GS戯れ言
GS4days 2005 レポート Day-2
いよいよ北海道上陸。朝4時10分、小樽にフェリーが到着。どう考えても朝早過ぎのような気がするがフェリー運航には朝も昼も夜もない。小樽のフェリー乗り場は一昨年のTDN以来で、あの時は寒かったが夏の今はむしろ海風が心地いい。まずはU田さんお勧めの鱗友市場で朝食を取ることにする。2件あったが食堂「のんのん」で小樽丼を注文する。朝からボリュームがあるが今日はガンガン走ることになるだろうから腹ごしらえは十分にしておかないと。

時間があったので札幌市内を通り、集合場所の千歳方面へ向かった。早朝のため、車が少ないが信号の多さに霹靂した。自分のバイクは腰をずらさないと足が届かない上に、新品のブーツのおかげでシフトチェンジもやりにくい。発進と停止を繰り返す札幌市内では不必要に疲労してしまった。思った以上に進めないため、時間も押してしまって、集合場所の柏木キャンプ場には集合時間ギリギリに到着した。折しもブリーフィングの始めるところだったようで、滑り込む様に参加者の輪に入った。よく考えると自分も世話役を買って出てた訳で、本当はこんなに遅くなるとまずかったが、そこはO家氏はうまく仕切っていたので、そのままイチ参加者としてさりげなく合流した。ブリーフィングが終わりとすぐに出発。

a0023439_21335640.jpg


今回、MASAさんがコマ図を用意してくれたのだが、マップケースを取り付けて来なかった(設置するのは非常に面倒だったため)。最初はクリアケースにマップを入れて走ってたのだが、風圧でブラブラするのが邪魔でしょうがない。ここでマップケースを付けて来なかった事を非常に後悔した。しょうがないので小判サメ走行にチェンジすることにする。紋別平林道に入り、W林さんがコーナーでビデオ撮影していたのでそれが終わるのを待ち後ろに付かせてもらう。この辺りの林道はハイスピードだが、途中トラップのごとく倒木があり、調子に乗っていると枝にぶつかりそうになる。ところどころある倒木を丁寧に避けて慎重に走る事にする。HPNでハイスピード林道を走るのは今回初めてだが、どうもコーナーでリアが早めに流れるような気がする。やっぱりサスが硬いのだろうか?

そうこうしているうちに休憩地点のラルマナイの滝駐車場に到着する。ここで合流する予定だったスイーパートラックはもう到着している。今回お手伝いしていただいているバイク屋さんと打ち合わせをして、参加者の荷物はここで積んで行ってもらうことにする。これでようやく身軽で走れる訳だ。ここでアタックルートのともみ坂と川下りがあるらしいのだが、勢い余った先攻部隊のY原氏@100GSとC坂氏@1200GSの二人が荷物も降ろさずにアタックから帰って来た。ニコニコしている二人の話を聞くとかなり楽しい道らしい。早速、W林氏@ダカールの後に付いてアタックルートへ行ってみる。砂利林道を進むとすぐに分岐があって、左の荒れた登り坂がオンルートらしい。分岐の看板には手作りの「ともみ坂」のプレートが掛かっていて笑ってしまった。「ともみ坂」だが、初心者のともみちゃんがKLE400で1発で登ったという逸話が残っていると聞いた。実際に走ってみるとかなり荒れていて、ともみちゃんを連れて行った人は鬼だなと思った。ちなみにこのあとも4デイズの間はずっとともみちゃんネタが回っていた。15GSに乗っていた間はこういうガレ場は疲労の元になったが、さすがHPNなんともないぜ!…いつもよりは楽を出来ただけですが。ともみ坂を超えたあとは、狭い林道が続き、第2アタックポイントの川へ至る。道は突然川になり渓流の中を進む。先行しているダカールの様子を見つつ、慎重に走る。

a0023439_21385288.jpg


水かさはないが転んだ時のダメージを考えると慎重に慎重を重ねたいところだ。途中の分岐を越えるとさらに立派な川となってくる。今までは道に水が満水になっていたイメージだったが、もうすっかり川の中だ。このまま深くなってくるんじゃないかと不安になってくる。そうこうしていると森のトンネル抜け、周りが拓けて橋が見えた。この橋から左を走れと言われていたが思ったより真ん中側にいたようでリアタイヤを窪地に落としてしまった。ここは思いっきり左を走行しなければならなかったらしい。とてもひとりじゃ出せない状況になってしまったのでお助け隊がきてくれた。ちょうど橋の真下で格好のビューポイントになっていて恥ずかしい…。手助けしてもらってやっと窪地から出れた。バイクに跨がろうとするとO家さんが「ここは滑るから押して行った方が良い」とアドバイスをくれる。ゆっくり行けば大丈夫じゃないかなと思い、跨がって発進しようとしたらいきなりバイクが真横を向いて耐えられずに転ける。半端じゃなく滑るのだ。まるで氷の上にいるみたい。反省して歩いて押そうとしても足元も滑るのでかなり厳しい。しかもこのあと、スイッチバックして泥のスロープから川を上がらなければならない。とりあえず、向きを変えるのを手伝ってもらうがこのツルツル路面からのアプローチで登れるようなイメージが出来ない。なるほど、ここで難しいのは0距離アプローチで登らないと行けないということか?後で思い出すと、うちのバイクは足が付かないので、スタートで車体が真直ぐにならなくて横に滑っていたようだ(Y原師匠談)。当然、2足2輪走行も無理。転けて手伝ってもらったりして辛うじて登る。その後、MASAさんたちのうまい人のラインを見ると0距離アプローチという訳ではなく、もう少しだけ手前からゆっくり車体を真直ぐにアプローチして登っていた。う〜ん、さすがうまい!  ところであとで聞いた話だが、ここは地元の人は夏の今の時期は水温が上がり苔が生えてツルツルなので来ないそうだ…

アタックポイントは終了したのだが、Y澤氏@HPNとO田氏@11GSの姿が見えない。しばらくするとY澤さんが到着、どうやら迷って支笏湖を何周かしていたらしい(^^;;  O田氏がなかなか来ないので少し待つ事にする。その間、何名かとともみ坂を超えて奥の林道まで行ってしまったら、その林道が意外に長く戻るのに時間が掛かってしまった。滝の駐車場に戻って来たらみんな出発してしまった後…急いで次のステージに向かう。

次は千歳林道を越えて、第2集合場所の安平のセイコーマート向かう予定だ。千歳林道はほどフラットな林道でかなりハイスピードで走れるが、一方、埃がひどいので適当に距離を開ける必要がある。小判サメをしようと思ったがルートも簡単なのでここは一人で走る事にした。途中の分岐でO田とU田さんが一緒にいたので、どうやらO田さんも合流で来たらしい。一安心してコマ図を確認しつつ進んだが、林道の出口に来たらゲートが閉まっていた。MASAさんの確認では先週はゲートが開いていたらしい。戻ると遠回りになるのでここは失礼して、横脇の土手の下りから降りる事にする。今回はほとんどのメンバーがフラットツインだが引っかからなく無事降りれた。全員降りたところで突然W林さん@ダカールが逆に登ろうとした。さすがにダカールはうまくクリアしたが、続いて負けず嫌い(?)のY原氏@100GSも登ろうとする。登りルートだとどう考えてもシリンダーが引っかかりそうだったが、そこはベテランY原氏がうまくクリア…と思ったらやっぱり引っかかった。ここでY原さんは焦ったのかリカバーしようといきなりバイク倒して引っ張り上げようとする…キレイに溝にハマり込んでいるのでどうにもならないのだが。おいおい、もちつけとうことで全員で引っ張り上げた。全員、額の汗を拭いたところで、いつの間にか次のチャレンジャーT野氏@80GSがスタンバっていた…。

a0023439_21351917.jpg


そんな風に遊んでいたら安平のセイコーマートの待ち合わせ時間に間に合わなくなった。しかたないので先行して走っているO家氏@12GSにまかせて、残りのメンバーはパスをして第3の集合場所の猛牛の丘へ向かうことにする。

猛牛の丘はサンド路面で気を付けないと足を取られそうになる。登りなのでココはアクセルをガンガン開けて行った方安定するようだ。クネクネと曲がった砂の道を上がって来た頂上で休憩。ここが猛牛の丘、北海道らしい拓けた展望が素晴らしい…北海道のビッグオフ乗りはいつもこういう場所で遊べるなんて羨ましい限りだ。スイーパートラックの軽トラは既に到着していて、しばらくすると第2集合場所で合流する予定だったTあきさんたちも来た。これで全員集合のはずだったが、U田さんとO田さんが千歳林道から見つからず行方不明なのは多少心配である。しばらく写真を撮ったり、談笑したりとみんなくつろいでいたが、W林さんがダカールで一山上まで登るという。みんな喜んでアプローチラインにあるバイクをどけヒルクライムの準備をする。一応厳しいところは登り口の崖部分でそこさえ上がれば頂上までの斜度はたいしたことはない。ただし、斜面の草の中には小さな切り株が多いので注意する必要があると地元猛牛組合の面々はアドバイスした。W林氏のダカールは1発で崖をクリア、周りの歓声を受け草原の斜面を登って行った…あと数メートル…頂上の手前でダカールは止まった…(´・ω・`)ショボ〜ン …2度と動かなくなったダカールにまたがる彼の背中はどこか寂しかった…

a0023439_2122534.jpg


ダカールのトラブルは切り株にサイドスタンドのキルスイッチをぶつけて破損させたせいだった。配線の不明なところはTあきさんがディーラーに聞いてテキパキ直す。さすがにみんなトラブル慣れにしているせいか対処が早い。せっかくスイーパートラックが来ているんだから乗せて行ったらという話もあったが当然全員に却下。みんな荷物を積んで走るのいやということでダカールの修理に熱が入る。なんとか直ったところでもう大分時間が押して来た。日高へは残り40キロほどなので林道を使っても良いし、鋪装路でも帰って良いので急いでキャンプ地へ向かう事にした。

日高に到着した頃にはすっかり日が傾いて来た。ちょうど日高はお祭りがあるようでいつもより賑やかな雰囲気を醸し出していた。キャンプ地はいつもの日高沙流川キャンプ場で、帰って来てすぐに隣にある日高高原山荘の温泉に向かった。ようやく埃と汗を流しさっぱりして、夕暮れに吹く風が涼しく心地いい。祭り囃子の響く日高のキャンプ場はどこか懐かしく、また帰って来たなとようやく実感した。埃だらけになったGSたちが並ぶ姿はどこか自分たちの心を投影したかのように満足そうに見えた。

a0023439_21514749.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-31 10:49 | イベント
G'zOne TYPE-R キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ
とうとう入手出来ました! G'zOne TYPE-R 2ヶ月…いや4年待ちました…永かった…。
オフロード乗りの携帯と言えばこれに決まりですね。色はグリーンフラッグにしました。黒も悩んだんですが、夜中にテントの中で発見するのは難しいかと思って。実際に持ってみると大きめで重いような気もしますが、逆にゴツくて良いかもしれない。

a0023439_2372839.jpg


しかし、中部エリアの値段高すぎです。機種変で2万5千円は他のエリアより価格差が大きすぎるのでは?まあ、ポイントやらなにやらで多少割引はあるんだけど。auショップではお目当ての江川有未似のかわいいおねーさんが対応してくれたんですが…

auのおねーさん 「パケット割引に加入すると3千円引けますがどうですか?」
俺 「そうですね、お願いします。」
auのおねーさん 「今月はあと4日しかないですが、月額の千円は日割りではなく全額引かれますが良いですか?」
俺 (…それじゃ2千円引きと変わらないのでは?)
auのおねーさん (にっこり)
俺 「…じゃ、お願いします。」

ちっ…しょうがない…今回だけは許しておいてやろう…

あと、ストラップも応募しておいたけど当たらないかな〜?500名じゃ無理かな?…似たようなストラップを探そうっと。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-30 02:37 | グッズ
GS4days 2005 レポート Day-1
今年も日高に向かい高速をひた走る。いつも八戸まで900キロ走り、苫小牧へ上陸するのだが、今年は新潟経由ー小樽で行く事にする。正直徹夜で900キロ走るのは辛い。前は残業までして行ったこともあるがそれは若い頃の話だ。ルートは東名ー富士五湖道路ー中央道ー圏央道ー関越道にした。他にもルートは色々あるのだが、これが一番楽なルートになるかと思う。ガソリンは東名の牧ノ原SAで給油しておけば全行程550キロなら無給油楽勝で行けるはずだ。ビッグタンクのHPNの本領発揮というところか。

新潟には8時には到着した。フェリーの時間まで2時間以上余裕があるが、9時15分から乗船のためしばしロビーでボーと過ごす。もっと早く乗船できるかと思い急いで来たのに…。そろそろ乗船の準備でバイクに戻ったところでU田氏@R100GSパリダカ登場。4デイズには行けなくなったと聞いてたが急遽行けるようになったらしい。そうこうしているうちに乗船開始になったので私は先に船に入る。バイクを止めて船室が確保できたらすぐに風呂に向かう。天気のはっきりしないムシムシしている状態だったので早く汗を流したい。

風呂を上がり落ち着いたところでU田さんをどうやって探すか考えていた。人が多過ぎで探しようが無い。フロントのお姉さんと相談していたら、U田さんがW林さんと乗船してきた。後から来たバイクは後回しにされたらしい。W林さんは日本海ルートで来ると聞いてなかったが、太平洋ルートと併せて確保していた。新潟までトランポで来て北海道でヤフヲクで落札したバイクを受け取ると言う話。この人はいつもどこかに行くついでにヤフヲク商品を受け取っているような気がする…。とりあえず、徹夜で走って来たので一旦寝て夕方また落ち合うことにする。

16時まで仮眠を取って多少復活しただろうか?U田さんとW林さんと食事をしてビデオルームでビデオを見た。F650の地獄のオフ会のビデオだったが、人のハマッている映像を見るのは楽しい。今度、自分もビデオを用意するかな?その後、「キャシャ-ン」のビデオを見たがくら~い映画でえらく疲れた。明日も早いので21時で解散した。いよいよ明日は北海道上陸で今から楽しみだ。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-28 09:33 | イベント
ヒンジ付きED-PRO?
オートバイ少女」さんのブログで「ED-PRO」のプロトタイプがスクープされていました。ED-PROにSG-10のヒンジタイプのプロテクターを付けた物です。まだ試作段階は発売は未定らしいです。

あーこういうのはさっさと出してくれ〜ジャペックス&ガエルネさん!!自分はずっとED-PROとSG-10のどっちを買うか悩んでいたんだからさ…

ブログのコメントを見ると、やっぱり、みんなED-PROの柔らかさ、履き心地を認めながらプロテクションに不安を持っている人が多そうだ。これが出てれば、大枚はたいてわざわざSG-10にビブラムソールを付けなかったのに…orz SG-10はMXブーツにしては履きやすいとはいえ、ED-PROの履き心地にはかなわないだろう。また、SG-10と同じヒンジタイプならプロテクションと操作性は両立出来ると思う。曲がっちゃいけない方向は動きが規制され保護できるし、曲がる方向は皮しだいで柔らかくできる。これはラリーにもぴったしなブーツだな。絶対発売してほしいよ〜
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-21 01:55 | グッズ
GS4days 準備状況…試走
さて、本日は試走です。しかし、工具のチェックや買い出しをしていたら15時になってしまい、あまり距離は走れなかった。チェック項目としては、振り分けバッグが邪魔をしないか、ブーツの操作性を確認すること。ついでに「遠州ロングディ(仮)」のルート下見もして来ました。

a0023439_057521.jpg


振り分けバッグに関しては適量の荷物だったらまず問題なさそう。走っている時のポジショニングには干渉しない。衣類を詰めてテンションを確保しておけば暴れる事はなさそうだ。林道も走ってみたけど気にならなかった。あとは荷物の量を調整するだけだ。

一方、ブーツの方は多少問題がある。正確にはブーツの問題ではなく、ペダルの位置関係の問題なのだが…。履き心地に関しては、初めて履いたとは思えない程良く、足首も良く動き、歩くのも思った以上に楽だ。もちろん、横方向には動きが規制されているので安心感もある。スタンディングするとふくらはぎ周りが太くなったので、少しガニマタ気味になる。シートの幅がもう少し狭いと良いのに。

交換したビブラムのエンデューロソールはステップ上では予想通り引っかかり、シフトチェンジがしにくい。ステップを下げたことで同時に前方にも移動しているため、シフトペダルとステップの位置が近いので、その間にブーツを深く侵入させてシフトチェンジしなくてはならない。シフトペダルの高さを調整してもしっくりこなかったので、最終的には短いシフトペダルと交換したいところ。でも短いシフトペダルってダウンフットペグとセットじゃなかったっけ?出来れば単体でほしいのだが…。

ブレーキペダルの方は相変わらずスタンディングではリアブレーキを踏み辛い状況だ。シッティングではちょうど良いのだが、スタンディングではあと1cmくらい下駄を履かせたい。下りだと特に踏み辛いので困る。HP2はそこを考慮して、ブレーキペダルには跳ね上げ式の下駄が付いている。これがうちのHPNにも付かないかな?

交換したタイヤの方はなかなか良好。MT21はHPNとマッチングが良さそうだ。オンもオフも具合が良い。ただし、交換した時気付いたのだが、リムがめくれてました…orz 慣らししかしてないのにどこでやってしまったのか?もう破壊王のことをなんだかんだ言えないなぁ…

課題はあるがとりあえず大きな問題はないので、これでGS4デイズで出撃します。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-19 01:21 | HPN Rally sport
GS4days 準備状況
今週の休みは4デイズ準備に充ててみました。先日、メモした内容の準備をする。

a0023439_222451.jpg

まずはタペット調整でヘッドカバーを開けてみたが、クリアランスも適正だし、ヘッドボルトのトルクダウンもなし。まだまだ中はキレイ。しかし、4バルブを見慣れてる自分にとっては本当シンプルに見えます。

↓ここから北海道に向けて新デジカメCASIO EXILIM EX-Z55を購入…今持っているデジカメは古いので激しく携帯性が悪いのだ…しかしフラッシュ暗い?

a0023439_2225782.jpg

土曜日にMTXRepairさんからソールを張り替えてもらったブーツが届く…はやっ。ビブラムのエンデューロソールにしたので、これで押しが入っても大丈夫?

a0023439_2274533.jpg

モンベルの振り分けバッグもなんとか付けてみた。取り付けには悩みまくって、しょうがないのでワンタッチで取り外しは…諦めた…orz

a0023439_2211499.jpg

ついでにタンクバッグ代わりにトレックフィールドバッグを取り付け。これも取り付け方法に悩んだ。タンクにはボルト孔が空いているのだがバッグの台座が小さくて直接は付けれない。しょうがないのでストラップをネジ止めして、そのストラップで台座を固定。

画像はないが、タイヤ交換とオイル交換も済み。オイルクーラーのユニオンの銅ガスケットを用意してなかったので、今回はオイルフィルター交換はパスした。帰って来たら、また交換するのでまあいいか…。

あとは、マップケースなんだけど…まだ解決してない…
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-17 22:23 | HPN Rally sport
マップケースどうしよう…
GS4デイズもいよいよ来週に迫った。うちのラリスポも初めての長距離ランなので色々準備しないといけない。((φ(..。)メモメモ

1.ブーツのソールを張り替える。
様子を見てからと思ったが、せっかく北海道だし予め不都合が出ないようにビブラムソールに張り替えておく事にした。どうせすぐ張り替えるし。もう一週間しかないので、早くやってくれそうなMTXRepairさんに聞いてみたら快諾。今日、宅急便で送った。

2.オイル交換
オイルも買ってあるしオイルフィルターも買っておいたので同時に交換の予定。

3.タペット調整
初めは結構詰まるらしいので遠出する前にやっておきます。

4.タイヤ交換
今回初めてのタイヤ交換になる。前後MT21を用意した。公道用だとこれ以外の選択肢はないんだよなぁ。T63だとサイズが細いし、グリップもイマイチだ。今回は高速走行がメインなのでビードストッパーも付けるかどうか悩む。

5.荷物搭載検討
前回、普通に後ろに積んだら荷物が前に動いてきてダートなんて走れたものではなかった。そこでモンベルの振り分けバッグを購入。これでなんとかしようかと思う。しかし、やはりリアタンクが邪魔でうまく留める所がない…なにか工夫しないと…。

6.マップケース設置
MASAさんがコマ図を用意してくれたので、4デイズではコマ図走行があります。一応、HPNにロードブックホルダーとステーを頼んであるんだけど一向に来る様子がない。こないだ連絡取ってもらったら、じゃ早速送りますとか…って、なんじゃそりゃ?送ったんじゃなかったのか?相変わらずのれんに腕押し、そば屋の出前状態だ。という状況なので、今回は代替え案で対処しないと。とりあえず15GSのマップケースをハンドルマウントで移植するかな?
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-13 01:20 | HPN Rally sport
HP2の情報まとめ
BMW R1200GS-HP2やっぱりそそられる!
そろそろHP2の情報も増えて来たようです。簡単にまとめてみると…

1.値段は1万6千ユーロ。
今日、ディーラーでドイツのBMW専門誌を見せてもらったんですが、K1200ST同じくらいの値段でした。日本円では230〜240万円になるのかな?まあ、この値段なら妥当かな?

2.日本初お披露目は8月6日、7日の「BMW Motorrad Bikermeeting 2005」
これは既出ですが、一応今日確認してきたところ、ちゃんと準備をしているらしいです。みんなでHP2試乗(?)ツアーに行きましょう!

3.日本の発売日は10月らしいです。

4.限定モデルではない。
カタログモデルになるが受注生産。在庫はもたない方針らしい。頼んでから作るとなると半年は待ちそうです。まあ、いつカタログ落ちになるかわからないのでこういうものは早く買った方が吉です。

5.日本の初入荷数は30台くらい。
全国のディーラーに1台も回らないのでどうやって予約するか悩んでいるらしい。インターネット予約にするという話もあります。基本的にBMWジャパンは予約を禁止しているらしいけど、ディーラーによっては受けたところもあるらしいのでその辺はちょっと混乱しているようですね。

6.やっぱりあのおっちゃんたちがほとんど作ったらしい。

買うかどうか悩みます。買うかどうかというかいつ買うか悩みます。もっともすぐに買える訳もないので悩んでもどうしようもないのですが…。私が買うまでカタログ落ちしないのを祈るのみ。やっぱりGS生活を満喫するにはスペアのGSが必要と最近感じてきました。なるほど、だからT中さんやI 毛さんはいっぱいGS持っているのか?!M上さん曰く、「彼等は趣味はバイクではなくてGSだから…」。私も最近、趣味がGSになりつつあります。G/Sもほしいし…。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-11 00:57 | HP2
僕!ボクスター!
バイクとは関係ないんだけど、最近というはここ数日、ポルシェ、ボクスターがほしくなってきた。昔からフェラーリではなくポルシェ派な自分だったが、とてもポルシェを買うという事を現実的な夢として考えられなかった。最近、漫画を見てなんとなくもう一度考え直す。自分が残りの人生できちんと付き合えるクルマ、バイクってもう数えるほどしかないはず。究極の一台のバイクは手に入れた…となると次は…。

昔、911を試乗した時はその乗用車と一線を画するスパルタンな乗り味と完成度の高さに感動した覚えがある。一方でロータス好きでもあるのでエリーゼを試乗したことがあるのだが、これは少しがっかり…スパルタンだけど完成度低い…悪く言えば雑な感じでした。BMWのM5、M3も良い車だったけどセダンの枠からは抜け出れないという印象だ。やはりスポーツカーならミッドシップがほしい。最近出たボクスターベースのクーペモデル…ケイマンも良いなぁ。これも乗ってみたい…でも新車はとても買えない。ボクスターはポルシェの中でも気軽に乗れる方だと思う。道具は使い倒したいタイプなのであまり注目される車は疲れちゃって困る。それも中古も結構出てますし。意外と丁度良いのではないだろうか?

とか妄想しつつ、参考になるブログを調べた。
http://vclthomas.exblog.jp/
このブログはボクスターの購入記があって参考になるし、共感できることも多かった。こういう高額なクルマやバイクにお金を使う心境や納車まで時間が掛かっている時の楽しみは全く同じだ。家族や周りからの反応もわかってもらおうとは思ってないけど…やっぱり疲れるんですよねぇ。特にお金の事はみんな苦労して調達してきたのだから…自分の夢を叶えるために、シガラミにケリを着けつつ超えて来た者にしかわからない心境ですよ、ハイ。またコツコツお金貯めるかな?
[PR]
by hpn1150gs | 2005-07-08 01:20 | 雑談
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
LINKS
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧