カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
下見用バイクほしい
9月にGSセントラルでコマ図ツーリングをするので、今、一生懸命下見をしている。昨日も暑い中、15GSで林道捜査と距離測定をやってきた。15GSはもうタイヤがなかったのだが、HPNはまだ動かせない状態なので止むえず出動となったのだ。コマ図ツーリングの下見は主に距離測定だが、ルートをおもしろくするため、横道に入ったりする。おもしろそうな道だけどピストンルートの場合が多く止むえず引き返して来る場合が多い。こういう時はデカイバイクだと面倒だし疲れる。それに15GSの場合、無事に帰って来れる保証は少なかったりする…特に単独行の場合は((((;゚Д゚)))ガクブルです。

a0023439_1325459.jpg

道がない…


こういう状況だと最近下見用のバイクがほしいと思っている…行き止まりの狭い道でもアクセルターンでクルって帰って来れるバイクがほしい。保険さえ付けておけばGSで遊び回っても安心ですから。元々軽いセカンドバイクはほしいとは思ってたけど…それは出来ればヨーロピアンエンデューロマシンと思っていた。でも今の経済状況だと無理というものです。

今、下見用バイクとして一番ほしいのはGASGASのパンぺーラ。たまに中古で出るブツは安いけど…非常に不安な気もする。GASGASって壊れやすいと聞くからなぁ。EC125もほしいけど買う時は新車にしたい気分。トレールならともかく中古のEDマシンは信用できん。でも、自分は普通のトレールバイクに興味は全くない人なので、多少ひねったバイクがほしいなぁ。

と思ってたらちょうど良いのがありました!ヤマハのトリッカー!軽快そうなデザインが好き。でも、このバイクってオフロードはどんなレベルで走れるんだろう?タイヤのサイズも小さいのが気になるが(タイヤチョイスもできないし)、いざとなればセローのホイールを移植するという手もあるな。ちょっと調べて見たら04モデルは叩き売られているらしいです。新車で30万円以下で買えそう(^^;;;  かつて好きだったヤマハのSDRやTDRの香りのするバイクだね。あとブロンコとかw  良さそうだったら来年のTBIはこれで出ようかなっと?(TDNだったらGSだけど)

a0023439_4201922.jpg


いや〜このトリッカーは軽快そうだねぇ〜
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-29 01:34 | GS戯れ言
カウル破損修理中 orz
HPNは最近可動してなかったのだが、実はGS4デイズでやってしまったカウル破損を修理中なのが最大の理由だ。
a0023439_148830.jpg

転けた時にウインカーをぶつけてしまい、フロントカウルにめりこんでしまった。マウントしているステーも貧弱に出来てたので曲がってしまった…orz まあ、ステーは手で曲げて直ったのですがカウルはちょうどボルト止めするところが潰れて、このままではカウルが固定出来ないので修理に出した。カウルはFRP製なのでもちろん修理は可能。
a0023439_2182880.jpg


元々、フラットツインはシリンダーに守られて前転でもしない限りカウルはめったに破損しないのだが、今回はウインカーが巨大だったのが原因である。ウインカーが破損するだけと思っていたのだがそうはいかなかった。ウインカーは納車された当初から換えようと考えてはいたのだが、ちょうどよいものがなく保留してたのが悔やまれる。小型ウインカーはW数が小さいものが多く、ノーマルで21Wの車輛に入れるとハイフラになる。抵抗を入れれば良いのだけど、抵抗自体も熱を持つし、電装はシンプルにしたいので悩むところ。もうそんなことは言ってられないので、とりあえずなんでも良いからさっさと交換しよう。

カウルはFRPの修理は完了したのだが、やはり色もちゃんと塗りたくて今は塗装屋に預けてある。いちおう、安く仕上げてくれるところを紹介してもらったが、それでも合計するとお金はかなり掛かるので今回のヒトコケには痛い代償でした…orz
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-25 02:12 | HPN Rally sport
バイクのふるさと浜松
日曜日にraizoさんに誘われてバイクのふるさと浜松2005に行って来た。地元なんですが、恥ずかしながらこういうイベントがあるとは知らなかった。
まずはイベントに併せて特別開館日になっていたヤマハ発動機 コミュニケーションプラザへ。

a0023439_3382770.jpg

菅原さんがBTOUで完走したビーノ。これって660テネレと同じシングルエンジンなんですね…非力そうだ(^^;; しかし車重は550kgのシングルエンジンのクルマで完走なんですごい。

a0023439_3403648.jpg

釣りを楽しむraizo氏。

a0023439_3415218.jpg

TECH21なつかしい。私はこの頃バイクに興味を持ち出した。

a0023439_3434576.jpg

ペテランセルが乗ったパリダカマシン。乗ってみたいです。

a0023439_346738.jpg

YA-1 今見ても美しいデザインだ。

場所は変わって本会場へ。

a0023439_3474174.jpg

ホンダのバイクシミュレーター。結構よく出来ていておもしろい。

a0023439_3491296.jpg

砂漠の怪鳥DR-Z! ガストンライエの名前がシートにあるけど、ライダーは渡辺明。ベストテクバーはこの頃はまだない??

a0023439_3512453.jpg

スズキなロータリーなバイク。レシプロエンジンを見慣れてるから妙に感じる。

a0023439_3535861.jpg

ベンリィCB92 今でも通用しそうなデザインです。

a0023439_35723.jpg

ここだけ人大杉w

a0023439_3572665.jpg

オートレースのブースには市販予定の公道オートレーサー風のバイクが置いてあった。エンジンはCRF250?

最初、あまり期待してなかったのですが結構おもしろかったです。ただ、もう少し展示バイクは増やしてほしいかな?浜松市が頑張っているのだから協賛の4メーカーさんも力を入れてあげてほしいですね。

浜松ってバイクのふるさとと言われてるけど、ユーザーに対してのバイク環境はしょぼい町です。例えば、用品屋さんとかタイヤ屋さんとかは少な過ぎです。バイク屋さんは比較的多いようですが、一般的なお店が多く専門店は少ないかな?もしかしたらバイクを通勤などの足として使ってる人が多くても、趣味として金を掛けて乗っている人は関東圏に比べて少ないのかもしれません。個人的には外車エンデューロを得意とするお店が近くにあってほしいのに…。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-24 04:16 | イベント
ハンドル交換 グリップ3枚下ろし編
今日は難関のグリップを剥ぎ取る作業をする。グリップヒーターは5mmピッチで螺旋状に熱線が巻いてあり、その上から油紙のようなものが被さっている。その上にグリップが接着されているため、下地を傷つけないようにカッターで切れ目を入れつつ剥いで行くことにした。時間が掛かるのでドラマの「がんばっていきまっしょい」を見ながら作業をする。鈴木杏は昔はかわいかったのになぁと思いつつ少しずつ剥いで行く。手間の掛かる作業だが焦って熱線を切断すると一巻の終わりだ。ドラマが終了したところでようやく剥ぎ取り完了。

a0023439_1491872.jpg

グリップを剥ぎ取った状態のグリップヒーター。ゴムが残ってこれ以上綺麗に剥ぎ取れない。グリップはプログリップのラリー用スポンジタイプにする。TBIで手のひらを痛めたときにK林ノリさんが勧めてくれたもので、KTM純正品しか手に入らないのでついでに買っておいてもらった。ちなみにグリップヒーターの筒の分だけ厚さがあるので、クラッチ側のグリップもアクセル側の内穴の大きいものを使う。このために2セット買ってのだが贅沢な使い方だ。余った方のグリップどうしようか悩む…

a0023439_1565315.jpg

スポンジグリップを装着した状態がこれ。ブレーキクリーナーを内側にぶっかけて入れたら簡単に挿入出来た。接着剤は使ってないけど、ノリさんが言うにはTBIで使っても全然カラ回りしなかったというので大丈夫かな?接着剤を使うと後で剥がすときまた大変だし、カラ回りしたらワイヤリングで対応しよう。
最近、このスポンジタイプのグリップが密かに流行っているようだけど、うちのはこれでグリップヒーター付きになった訳だ…フフフ。

明日はアクセル側の剥がし作業をしよう。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-17 02:06
ハンドル交換 とりあえず付けてみた編
「まだだ、まだ終わらんよ!」
ハンドルクランプが付かなく夏休みの仕事はこれで終わりかと思ったが、最後まであがいてみた。とりあえず、ダートフリーク名古屋店まで行きZETAの汎用クランプを入手!さすが、オフロード用品品揃え日本一のお店。

帰って来て早速取り付けようとしたが、今度はハンドルの端の金具がグリップヒーターの熱線を仕込んであるグリップベースを通らない。ハンドルは15GS用なので100GS用のグリップベースは開口していある穴が小さく拡大しなくてはならないようだ。グリップヒーターの配線が穴の横にあるのが邪魔で加工に悩んだがなんとか傷付けないように加工した。

ここで試しにグリップを剥ぎ取ろうとしたが接着剤できっちり密着しているためかなり難しい。とりあえずこの工程は保留する。

a0023439_039750.jpg

グリップヒーター用のハンドルは端のこのような金具が付いている。グリップヒーターの配線を干渉せずにハンドル内を通せるようになっていて、かつグリップエンドが付けれるようにネジが切ってある。ちなみにハンドルセンターに配線取り出し孔も空いている。

a0023439_0452681.jpg

DRCのZETA汎用クランプを付けてみたけど意外とかっこよかった。ステダンにもギリギリ干渉は無しで、ハンドル高さは20mmアップになる。とりあえず、しばらくはこれで様子をみて、もう少しポジションを変更したい場合はオリジナルを作ろう。

a0023439_0481486.jpg

グリップヒーターの配線が剥き出しにならないようにグリップエンドを付ける。ついでにTOURATECHの5ボタンスイッチも付けてみる。

a0023439_0514765.jpg

ブッシュガードを仮付けしてみたらレバーと干渉する。グリップエンドとスイッチの幅分だけ外側に付くからなぁ。クラッチワイヤーも干渉している…困った…。ちなみにブッシュガードはアチャルビスのマルチプロガード。

a0023439_0574483.jpg

アクセル側は大丈夫そうです。

とりあえず、週末まで対策を考えよう…
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-16 01:01 | HPN Rally sport
ハンドル交換 部品が付かないよ編
いや〜10日くらい夏休みだったんですが、どこも行かないしバイクも乗っていない。先週のBMWバイカーズミーティングだけ行って来たのだが、あまりにも汗をかいて全身あせもだらけになったのでかゆくてしょうがない。そんな状況も手伝って、それ以降はバイクどころかなんにもしない夏休みになった。これじゃいかんと思い本日はやっとHPNいじりを始めた。

前々から変える予定だったテーパーハンドルに交換することにした。簡単にテーパーハンドルに交換すると言ってもこの手のアフターパーツは少ないエアヘッドは微妙にうまく行かない。例えばグリップヒーターをそのまま残そうとすると…グリップヒーター対応ハンドルが必要になり、そのハンドルに装着できるようにバークバスターも工夫する必要がある。幸いBMW用のテーパーハンドルはTOURATECHから発売されているのを買っておいてある。サイズも純正と全く同じ寸法のやつだ。グリップはスポンジグリップに変更する予定なのでグリップヒーターの熱線を切らないようにグリップを剥ぎ取る必要がある(基本的にグリップヒーターはグリップと一体で形成されているので交換不可)。まあ、グリップヒーターを諦めれば問題はないのですが…パリダカのヨーロッパステージでBMWチームがグリップヒーター&電熱ベストで暖かくしているのを、寒さの中KTMチームが羨望のまなざしを向けたという逸話もあるのでなんとか付けるつもり。3rdTDNの北海道で寒さの中750km走った日に電熱ベストと併用し、ひとりだけぬくぬくだったのはナイショだ。暑い日に寒さを気にするのはなんだかなとも思うが備えあれば憂い無しなのだ。

a0023439_374116.jpg


ハンドル周りを全部分解してようやくテーパーハンドル用のハンドルクランプを付けようとしたが…付かない…15GS用はボルト間ピッチが違うのね…間違って買ってしまったぁ…。ということでここで夏休みの整備はおしまい…orz
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-15 03:20 | HPN Rally sport
HP2を考察する
一杯写真も撮ってたし、色々と話も聞いたので自分なり噛み砕いて未消化ながらHP2について考察&まとめをしてみる。

a0023439_225154.jpg


■HP2のコンセプト
HP2のコンセプトはBMWで公言されている通りズバリEDレーサーだろう。ただし、大排気量フラットツインをパワーユニットとしているため、常識人には理解しにくいコンセプトとなっている。例えば、レギュレーション的に参加できるレースがない…この車重で現代のEDレースで走り切るのは無理じゃないか?…当然の疑問である。しかし、これは演繹法から求められる解答であって、帰納法から論法を導き出したBMWにとっては至極当然な結論なのだ。初めにフラットツインありき…それ以上でも以下でもない。これを直感的に理解出来る者だけにその機体に跨がる資格がある。80年90年代に活躍したラリーレイドに活路を見出せなくなった現代(FIMレギュレーションによる)では根源的なステージに収束して行く。

a0023439_2255526.jpg


■HP2のポジショニング
HPシリーズはゲレンデシュポルト→ゲレンデシュトラッセへ変化して来たGSシリーズとは全く別のラインにあると思われる。そのラインはもっと根源的なISDTで活躍していたフラットツインオフロードレーサーにまで遡る。ラリーレイドに鍛えられ後天的に獲得したビッグタンクの持つ旅バイクとしてのGSとは目的意識が異なる。ぜい肉を削ぎ落としピュアなオフロードライディングを求道したマシン…基本的にGSとバッティングする部分はない…逆にGSシリーズが完成されたコンセプトを持っているという件もその理由を裏付けている。

a0023439_227953.jpg


■HP2とHPN
HP2はHPNが関わっているのは公然の秘密。HP2はHPNの作ったパリダカラリーマシンR900RRのフレームをベースに作られているためのその血の濃い。一方でBMWの担当した分野はCPUマネージメントによるエンジンとリアのエアサスが主というところだろう。BMWとHPNのコラボレーションとも言えるマシンだが、BMWで販売したおかげで1万ユーロは安くなったという。この値段である程度HPN車輛との比較も可能かもしれない。どちらが良いか比較するのはナンセンスだろう。HP2とGSのコンセプトが違うようにHP2とHPNはそのコンセプトに隔たりがあるからだ。HPNコンプリートにも軽量モデルはあるがHPNを育てたのは80年代パリダカを代表するラリーレイド。基本的な車体構成はそのためだけに作られているし、載っているエンジンもエアヘッドで時代も違う。好みは語れるがそれ以上の比較は別次元の話でしょう。

a0023439_2282058.jpg


■トレールバイク的HP2
乗った人の印象としてトレールバイク的だという意見が多かった。おそらく、EDレーサー的な扱いやすいサスセッティングに1200ccの余裕のユニット(キンキンで暴力的ではない)がもたらす効果ではないかと推測。重量による安定性も関係してきているかもしれない。GSらしさも全然ないらしい(GSらしさってなんじゃらほい?人によって視点が違うので難しい)。もちろん、100馬力以上もあり、重量もあるのでダートで全開にすると危険だが、ある程度節度を守って使えば意外と楽に走れそうだ。ただし、足が着く身長があるか、あるいはそれに文句を言わない人に限るが…。

a0023439_2301297.jpg


■HP2の購入判断は?
GSと迷っているならGSを買った方が良い(GSコンセプトはそれほど素晴らしい)。 GSでジャンプしてガシャンガシャン音がするのが気になる人はHP2を買いましょう。ダカールをぶっ壊しそうなほど走っている人もHP2を買いましょう。GS的なモノを求めてHP2を買うのは止めておいた方が良いです。GS的なモノを削ぎ落としたモノがHP2なので。自分ならGS的なモノを持っているバイクとHP2の2台体制で行きたいです。結局、HP2は得てるモノより捨ててるモノが大きいのかもしれない。それでも捨てるモノ以上に得るモノが必要な使い方をする人はぜひ買ってほしいと思う。

■補足
上記でさんざんコンセプトがどうだと繰り返して来てますが、バイクは一度発売してしまえば後はユーザーが育てるもの。コンセプトがどうだろうが自由に使ってほしいと思う。そうすることで息の永いシリーズとして育ってほしいですね。

a0023439_2335100.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-11 02:33 | HP2
HP2お披露目見学ツアー その2
a0023439_15534160.jpg

■翌日は9時から試乗会受付でだったので、朝少し早めに会場へ行った。もう並んでいる人も多かったがなんとか昼からの枠は空いていたので、バカミー全員で一回の枠を予約することにした。

a0023439_155671.jpg

■受付が済むとちょうどデモランをしているAD/tacの人がHP2に乗っていくところを目撃!

a0023439_1559060.jpg

■ストーカーのごとく付いて行って待機中のHP2を撮影。近くで見るとスリムな車体でした。

a0023439_1623880.jpg

■HP2でデモラン!かっこいい!

a0023439_1633458.jpg

■会場にあった3輪GS。 子供にぜひ買ってやって下さい。

a0023439_1665646.jpg

■一旦、泊まっていたコテージに帰って後片付けをする。ついでにW林さんが持って来たtmの試乗もさせてもらう。フロントのオーリンズサスが眩しいバイクだ。アクセルを開ける度に体を持って行かれそうになる。2スト250はハイパワーでおもしろいが非常に疲れて、とても扱えそうにないです…

a0023439_1613348.jpg

■昼過ぎになり、いよいよオフロード試乗会の時間が来る。この日はマツモトさんとよしともさんが引率役をやっていたのだが、ちょうどお昼休みを取ると言う事で、我々バカミー軍団の回ではスペインのHP2試乗会にも行って来たジャーナリスト松井勉氏とBMWジャパンのO隅氏が代理を務めることになった。

a0023439_16205084.jpg

■試乗会のコースはスキー場の林間コースを使う。適度にコーナーがあるダイナミックな上り下りが楽しめるコースで、ビッグオフの試乗にはピッタリだ。先導の松井氏はダカールで二人乗りだったのだが、それにも関わらず無茶苦茶ぶっ飛ばして登って行く。
このとき、初めて12GS(ブロックタイヤ装着)で林道を走ったが、まるでサスのストロークが伸びたかのようにギャップを綺麗に吸収してくれる。テレレバーの癖も大分消されて自然になっているし、19インチの不安さも激減している。なによりも車体の軽くてコントローラブルであり、パワードリフトの調整がしやすくおもしろい。15GSからの進化は本当に素晴らしい。このノーマル状態でうちの15GS(21インチ+オーリンズ)と同等以上のオフロード走破性があると思われる。
スキー場の頂上で松井氏になんでこんなに良くなったか質問してみた。12GSはエンジンをストレスメンバーにするのを止めてカーゴフレームを採用したことで、フレームの剛性バランスの調整できたのはないかという回答だった。15GSではフレームに剛性がありすぎ、シビアなハンドリングになっていたと言う事だ。たしかに15GSではサスを良くしても12GSほどのコントローラブルは得られない。松井氏が砂利路面だとその差がわかるというので、頂上の広場の砂利路面でスローに八の字を描いても15GSと比較にならないくらい安定していた。
上りで12GSの性能は確認出来たので、下りはもっと遊んで降りてみた。下りはフロント荷重がめいっぱい掛かるせいかほとんどブレイクする徴候が見られない。リアをロックさせて向きを変えることも自在だ。そんな風に遊んでいたらあっというまに下まで下って来た。もっと走りたかったなぁ。
正直、12GSには興味がなかったがその進化ぶりには舌を巻いてしまった。BMW恐るべし…。旅+オフロードランの楽しみ方だったらHP2はいらないんじゃないかな?12GSはGSとして進化して行くのだろう。自分はクロカンランや競技、コース走行もしたいのでHP2はほしいけど、林道メインだったら12GSで十分遊べそうである。

a0023439_1654041.jpg

■試乗も終わってバカミーチームはピザ屋で休憩。HP2やらの話をしていたら、隣にBMWジャパンのおえらいさんと会食していた松井氏も加わりその話題が加速した。松井氏のお話では、HP2はビッグタンクが付いていて旅も出来るGS(後天的に備わったGSイズム)というより、GSが発売される前のISDTなどプロトタイプで活躍していたフラットツインオフロードレーサーに近い。GSと呼ばれる前の…むしろこちらが本流だったのではないか?…ピュアなオフロードレーサーであるということだ。GSと全く別のものなのでその代わりとして勘違いして買うのは危険。カウルなくタンクも小さいのだから、自走でTBIは行きたくない(笑)。他のEDレーサーと同じ様にトランポで持って行って遊びたいマシンだそうだ。ただし、パワーはあるがメンテ的にはEDレーサーのようなシビアさがないのでトレール的に扱える。例えるならXLR1200ってところじゃないか?という意見でした。松井さんから色んなお話を聞けて有意義な時間を過ごせました。

a0023439_17104848.jpg

■ピザ屋で休憩していた途中からいきなり天気は豪雨になり、参加者は蜘蛛の子散らす様に帰って行った。人影はスタッフしかいなくなり、仲間も3人に減りそろそろ帰ろうかと駐車場に向かったところ、一人ポツンとたたずむ彼女がいた。これを幸いと細かいところの写真をバシバシ取らせてもらい、さらに跨がらせてもらってツーショット写真も!  足付きは自分のHPNよりちょっとだけ高いだけですかね?スリム分だけ扱いやすいのでほぼ同等と言えるかな?バイクを立てる時、無茶苦茶軽く感じた。こりゃ増々ほしくなって来たよ!

a0023439_17224561.jpg

■翌日は南木曽方面を走って帰った。1stTDNで苦労したガレている月夜沢林道も15GSで楽勝。あの頃思った当初の目的…旅先の林道で苦労なくGSを扱えるようになる…はとっくに達成しているんだけど、どこをどう間違ったのが自分の嗜好がHP2やHPNの方向へ行っている。一方でこの日久々に15GSで走ってビッグタンク&パニアのGSフォーマットの良さを再確認。やっぱり、STDフォーマットGSとレーサーフラットツインの2台体制が正解かなと思う今日この頃でした。
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-09 17:33 | HP2
HP2お披露目見学ツアー その1
HP2日本上陸初お披露目を見るために、8月6、7日に行われるBMWバイカーズミーティングin白馬47行って来ました。

a0023439_14443368.jpg

■今回は15GSで出撃、道中暑くて死にそう。高速道路は風が当たるからいいけど、速度落ちる一般道は暑い。体中に風を当てるため、ずっとスタンディングで走行して来た。昼頃到着した会場の白馬47スキー場はBMWのバイクで埋め尽くされていた。こんなにBMWって売れてるのかぁ。みんな奇麗なバイクばかりでうちのは一番ボロいかも…

a0023439_14512754.jpg

■マツモトさんとよしともさんはオフロード試乗会の先導役で来てた。前の日にHP2に乗ったというので感想を聞いてみたら「でっかいトレール車」「もう買うしかない」とかべた褒め?でした。12GSとダカールで林道試乗が用意されていたのだが、初日は既に満員で試乗出来ず残念。

a0023439_14594338.jpg

■愛しのあの子の後ろ姿をこそ〜り覗く。お披露目は夜らしいのだが、早くじっくり見たいよ。

a0023439_1532695.jpg

■オンロードの試乗も満員で乗れなかったので、空いているパークチャレンジとスラロームチャレンジで遊ぶ。パークチャレンジはロックスターで車庫入れバックと旋回を複合したもので、バイクの扱いを素早くしないとタイムが出ない。スラロームはパニア付きロードスターでパイロンを倒さないで走るのが難しいのだ。

a0023439_158840.jpg

■チームセントラルで両チャレンジで一位ゲット!W林さんがパークチャレンジで、自分はスラロームチャレンジで最速タイムを叩き出す。今日はこんなくらいにしておいてやるかね〜?

a0023439_15131515.jpg

■ドイツビールでうま〜。ドイツソーセージを使ったホットドッグも食べた。この後、豚の丸焼きを無料で配ってたので食べてみる事にする。一回並ぶごとに一切れもらえるのだが、何回も並んでいたら腹いっぱいに…。

a0023439_15143154.jpg

■夜はHP2お披露目!ジャーナリストの松井勉氏がスキー場の坂を上り下りして観客の興奮は頂点に!かぶりつきで撮影してきた。

その2に続く…
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-09 15:23 | HP2
雨でマップケース暴走
a0023439_16415467.jpg

(´・ω・`)
しょぼ~ん
[PR]
by hpn1150gs | 2005-08-08 16:41 | ツーリング
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧