カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
アドベンチャーのこと
昨日は勢いで熱いことを書いたような気がする。最近、布教活動をやってなかったので、少し頑張ってみた。やってしまったが後悔はしてない…。

自分は本当はオフロード好きというより、ビッグオフローダー好きで、ラリー好きというより、ラリーマシン好きなのかもしれない。きっと、ツインのビッグオフ=ラリーマシンのイメージがその嗜好の起源になっているんじゃないかな?

ひと昔前のビッグオフといえば、ラリーレプリカ…のイメージだけ持ったマシンであった。そう、あくまでイメージだけのツーリングマシンというのがその正体だった。それでも人気があるジャンルで世界のメーカーから市販された。しかし、時代は移り変わり、2気筒マシンはFIMラリーから閉め出され終焉を迎えた。同時に今までのビッグオフはほとんどがストラーダとなり、ものによってはスポークホイールを捨てキャストホイールになったモデルもある。モチーフとなったラリーマシンの終焉に合わせたように人々の嗜好や環境問題でオフロードマシンと呼べないモノに変化して行ったのだ。そんな逆境の中の最後の落し子がKTM 950ADVだ。これこそが最初で最後の市販された本物の2気筒のラリーレプリカ(レプリカなのに本物って…?)であろう。当時のその存在は衝撃的で、ラリーマシンファンには心惹かれるものがあった。

a0023439_1144940.jpg


しかしながら、初代のKTM 950ADVから年式が新しくなる度にサスペンションストロークの減少が見られた。950ADVにはサスペンションストロークの長いSタイプがあり、それがまさにラリーレプリカそのものだったが、それさえも年を追うごとに短足化進んだ。現状ではもはやラリーレプリカと呼ぶにははばかられるダックスフンドとなった。

なぜ、このような現象が起きたかというと、実の問題はBMWのGSの存在にある。GSにも過去を遡ればパリダカモデルと呼ばれるビッグタンクのバリエーションがADV(アドベンチャー)と呼ばれるモデルに進化した。そのマシンが新しいジャンルとなったのだ。当初、TOURATECH等のパーツを使って作られていたに過ぎないマシンたちがメーカーの後押しで一気に大きな市場として拡大。KTMはLC8に同じサブネームを付けたが、実は当初は全く本質の違う代物だった。人気のR1200GSADVに対して売れないKTM950ADV…だからこそ、KTMは軌道修正をして短足化を謀った。最初、KTMはBMWが作った「アドベンチャー」と呼ぶジャンルを良く理解していなかったのだろう。もっともおかげで僕らは一瞬でも素晴らしいマシンに出会えたが…。


a0023439_1102162.jpg


この「アドベンチャー」というジャンルは、「メガオフ」と同様に従来ビッグオフと呼ばれたモノたちに替わる存在である。ただし、大きく変わったわけではなく、むしろ誰にでもわかりやすくなったものが「アドベンチャー」というものかもしれない。

またまた勝手に定義させてもらうと「アドベンチャー」とはビッグタンクとフェアリング、そしてパニアケースを持ったモデル。そして、ちょっとだけサスペンションストロークも伸ばしている。まさしく冒険という記号を具現化したものだ。ヨーロッパ人がサハラにツーリングに行くための仕様とも言える。まあ、本当に行く必要もないんだけど。日本じゃ北海道くらいしかいけないし。とりあえず「ユアン・マクレガー 大陸横断バイクの旅」を見て下さい。

a0023439_111566.jpg


まあ、とにかく記号ですよ記号。ビッグタンクだって、でっかいパニアだってサスアップだって記号の一部。記号、記号と連呼したからと言って否定している訳ではない。本質から生まれた記号なんで、卑屈になる必要もない。自分ははっきり言ってこのスタイルが好きだ。なにをするにもその気にさせる雰囲気は重要だと思う。おそらくは日本メーカーいずれはこのジャンルにモデルを投入してくるであろう。なぜなら、そうさせるほどBMWが売れているから。

とにかく、ここ数年でビッグオフが良い方向へ活発化したと思う。僕らにとって良い方向とはオフロードをきちんと走れるバイクだってこと。ビッグオフ乗りはいつもいつもそのジレンマを戦って来た訳で、最近では一時の暗雲が嘘のように晴れた…その下地を作ったのがアドベンチャーであり、おかげでメガオフ売ることが出来るようになったと言えるんだけどね。






これで話は一周したか?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-31 01:04 | GS戯れ言
メガオフのこと
昨日はメガオフを勝手に定義付けたので、もう少し話題を膨らましてみよう。

たぶん、メガオフを目の前にするとこれってどこで走るんだ?という疑問を持つ人が多いだろう。そして興味は持っても購入するまでに至る人は少ないと思われる。その値段を見て、トランポとエンデューロマシンを買った方がいいやと一瞬でも思う人は、趣味・嗜好が全く違うのでさっさと読み飛ばしてください。

メガオフは一部のビッグオフ乗りの人には正に夢のバイクであり、本来ツーリングユースが目的にビッグオフを、あれこれ改造してまともにダートを走れるように努力して来た人々の悲願でもある。

元々、オフロード乗りというのは、オンロード乗りと違って、排気量を上げてステップアップするという形で終着点を見据えていない。むしろ、排気量と重量が大きくなれば、オフロードの走行性能と背反が出てくる。だからビッグオフはむしろツーリングユースとして使われることが多く、オフロード好きにはあまり好まれず、ユーザーもオンロードから転向していきなりビッグオフに乗る人が多い。おもしろいのはそういう人たちは逆にオフロードのおもしろさを見つけて、ビッグオフに限界を感じて小さい排気量に乗り換えるという現象が多い…まあ、これは余談であるが。

a0023439_0312751.jpg


逆に懲りずに、悪魔的なパワーとその重量故の手強さに魅せられる人たちもいる。巨大なバイクをダートで操るという快感は、さんざんその下敷きになった人たちだからこそ得られるものである。しかし、そういう存在は、世界がよりシリアスなコンペションを求め移行して行ったことにより、その世界からも逸脱した存在になり、唯一の競技のラリーレイドからも閉め出された現在…もしかしたらどこにも居場所のない消滅していく少数派になっていく雰囲気が漂っていた。

このような閉鎖感が極まったときに登場したメガオフ!新しい世界を見せてくれた…というより憧れた夢が実現するように一気に花開く。しかし、本当に嬉しかったことは、同じように考えていた人たちがこの世に存在していたことだった…

排気量が大きいとツーリングに便利だから…じゃなくて純粋にその走りを楽しみたい人たちのバイクがメガオフだ。別にフルにその性能が使えなくてもいいじゃないか?ビッグオフを無理矢理走らせるより、ずっとまともに走りを楽しめる。走る場所?好きなところを走ったらいいよ。こいつらはトレールやコンペションマシンより遥かに自由な存在だから。ルールから生まれた存在じゃなく、ただただ乗りたいからという理由で生まれた存在だから。

その姿を見て、直感を感じた人にはお勧めです。万人に勧める気は全くない。使い方や値段や損得で考えるんじゃなくて…感じた人限定のマシンです。





うっ、販促文みたいになってしまった…
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-30 00:27 | GS戯れ言
サンドラン!2007
冬の遊びと言えばサンドラン!バージンサンドに描くシュプールはどこか雪山と共通する快感がある。ということで、先週末はGSセントラルの仲間とサンドランで遊んだ。

a0023439_22212728.jpg

最近、トランポ比率の高くなってきたGSセントラルだが、なぜかみんな前輪小径ホイールで搭載している。

a0023439_22215582.jpg

出ました!SS木さんのKTM 950 SUPER ENDURO R。実物を見ると思った以上にボリュームがある。カッコイイ!HP2とのメガオフ対決が楽しみ!

ちなみに勝手にメガオフの定義を付けてみると、シリアスなオフロードライディングに対応出来る車体と足回りを持ったリッタークラスのツインマシンというところかな?ハンバーガーのように単に枚数を増やした訳ではないので、成り立ちやコンセプトの違う従来のビッグオフと分けて考えたい。そのうち、ギガオフとかギサオフ(しょこたん乙)とかは出てきません。

a0023439_22262610.jpg

この日は前日夜半まで雨が降っていたので、砂浜は締まっていて走りやすかった。ちょっと物足りない気もしたが、肩慣らしには具合が良かったかも。午後には大分乾いてきて本来の路面コンディションに。

a0023439_22292781.jpg

うちのHPNは先週も感じた通りフロントが安定していて走りやすい。最近は125EXCでフォームチェックをしてきたせいか、HPNでも安定したスタンディングが出来るようになった。おかげで高速ギャップにも対処出来るし、轍も振られても平気だし、全然疲労しないのでなかなか良好です。

a0023439_2236192.jpg

メガオフのHP2とSUPER ENDURO Rを試乗させてもらった。なんと!驚くほど操縦性が似ている…砂地だけのインプレッションなので、固い路面だと違うかもしれないが、どちらもバランスが良く、200キロ近いリッターマシンとは思えないほど小回りが効くし、挙動も限界もわかりやすい。リッタークラスのオフロードバイクはその辺がわかりずらくいつも無理して転けちゃうんだよなぁ。600クラスほど軽快じゃないにしろ、それに迫る運動性があるような気がする。しかもパワーがあるので広いサンド面だと文句無しにおもしろいね。うちのHPNもある意味元祖メガオフなんで結構走るが、直進安定性に振っているので、またテイストが違う。ちなみに2台ともフロント荷重が掛かるととたんに振られますが、車重があるバイクなんでしょうがない。逆にそんな状態でも不安感はないし、挙動がわかりやすいのでアクセルを開けてフロント荷重抜いてあげれば問題無しです。より楽に安定化させたいならステダンが必要でしょう。

a0023439_22532740.jpg

謎?のHPNも登場!慣らしなんでタイヤはツアランス(笑)さすが…

a0023439_22544362.jpg

スタンドが埋まるバイクはリアを埋めて立たせるのが基本?

a0023439_22555511.jpg

皆さん満喫した模様。

a0023439_22562421.jpg

激しさを物語る背中…

a0023439_2257039.jpg

なんかかわいいSD-HP2?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-28 22:57 | ツーリング
サンドランのプレラン
そういえば、パリダカ終了しましたね。あまり熱心な観戦の趣味はないので、なんとなく傍観していました。僕は三橋さんと桐島さんのBlogくらいしか見てなかったのですが、どちらも高い目標を持って完走お二人に感じたことがひとつ…運気の流れを作るのがうまいな〜と感じた。本当の成功の理由は色々あるのでしょうが、周りから見るとそういう風に見えてしまいます。一方で己自身のブツギリな流れをどうにかしたいと思った。

そんな感じでパリダカに感化された訳では決してないのだが、先週の休日はほんの少しだけサンドラン…基本的に冬だけの遊び…をしてきた。どうも天気が悪い日だったので、バイクに乗るのはどうしようか悩んだのだが、HPNの車検ももうすぐ切れるし(しばらく切れたまま放置予定)、走ってみるかという次第。

a0023439_2561197.jpg


河川敷を走って近所の河の河口付近に行ったのだが、そこはいつもの通り4駆天国2輪地獄の轍砂漠。大丈夫かなと思い、意を決してその轍地獄に突入したが、思いの外走れてしまう。モンゴルの砂にはあんなに苦労したのに…? 

俺がうまくなった…訳では決してないはずで、原因を考えるとひとつはフロントホイールの軽量化で轍を乗り越えたり、取られたりしてもフロントサスがよく動いてくれている。もうひとつ(こちらの方が重要だが)はモンゴルとかに比べれば、湿った砂のためリアのグリップが良いということ。モンゴルでは、パワー過大とトラクション不足でケツのフリフリダンスでシビアなアクセルコントロールを強いられた。

とにかく、これで原因ははっきりしたので、リアサスを適正なスプリングレートにすることともっと高級なモノに変更してやれば、多少は良い方向へ向かうと思われる。とりあえず、この調子で来週もサンドランに行く予定。

しかし、最近125ばかり乗っていたせいかHPNを転したらすごく重かった…。こんなものは肩を怪我をしてたら普通起こせないよ(今もまだ肩痛いし)。火事場の馬鹿力だったのか?スピードにも慣れないし、やっぱり、重いバイクも常に乗ってないと感覚が忘れて駄目ですな。

a0023439_2555095.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-23 03:05 | HPN Rally sport
初コース走行
今週はN村さんたちと近所のモトクロスコースに走りに行った。うちから車で40分くらいのコースです。

125EXCでは初めてのモトクロスコースの走行になる。GS以外でまともに走るのは10年ぶりくらいかもしれないです。普段、走っている河原の修行コースと違って、路面が硬く、ジャンプがそこら中にある(当たり前だ)。タイヤが滑る心配は全くないのだが、広いのでどうコース取りして走ればいいのかよくわかららずギクシャク。しかもビビリつつジャンプを飛んでいたので、ちょっと走るだけで非常に疲れた。それに軟らかめのサスなので大きくジャンプしていくとなんか恐そうだ。それでも3次元な動きの練習にはなりそうなので定期的に走りに来たいところです。

気持ち良く走れず欲求不満があったので、帰りは寄り道して昨年末に見つけたシングルトラックの上りに挑戦。荒れていて多少手強い感じで楽しいです。やっぱり、EDマシンはこういうところが楽しいですね。今度はエンデューロコースとか走ってみたいのだけど、近くにどこか良いところないかな?

ところで、どうでも良いけどコースへ自走はめんどくさいというか億劫になる。次に行くのは暖かくなってからにしよう…
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-15 00:45 | KTM125EXC
SSERプレゼンテーション2007
今年もやりますSSERプレゼンテーション2007

開催場所は東京・大阪・札幌…が〜名古屋がないやん…今年のBTOUは名古屋の皆さんは出ないようですな…となると行くとしたら近い方の東京になります。北海道4Daysの情報を詳しく知りたいので、なるべく出席の方向で考えたいと思います。

北海道4Daysの参戦はまだ決めてないですが、行き帰りの行程を考えるとどうしても2日は掛かりそうなのが問題。長期休みの前だからあまり長く休みは取れないのです。一日で北海道に行くには仕事が終わって徹夜で900キロ走っても間に合いそうにない。しかも芦別はさらに遠いからなぁ。1stTDNの時は飛行機&電車を乗り継いでかなり時間を掛けて行った覚えがある。車検の日がいつになるか?スタート時間が何時になるか?その辺が最大の決め手になると思う。

ところで、当日は帰りの電車はないので、懇談会後も朝まで付き合ってくれる人〜誰かよろしくです!しかし、東京会場の懇談会はやっぱりヤマダモンゴルでやるのね…もはや定番なのか?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-12 21:23 | イベント
iPhone キタコレ!
iPhone出ましたね〜
昔からAPPLEが携帯端末を出さないかと期待されていましたが、とうとう出しましたよ。しかも魅力的な機能、デザイン満載で。こういうところはジョブスのうまいところで、いつも(良い意味で)騙されるのです。

a0023439_23531556.jpg


『Appleが発表したiPhoneは厚さ11.6mmで、Motorolaの「Q」やサムスン電子の「Blackjack」よりも薄い。同デバイスは、1 インチあたりのピクセル数が160のタッチ式ワイドスクリーン、「ホーム」ボタン、200万画素カメラ、Wi-Fi機能などを装備している。Wi-Fiから携帯電話ネットワークへは自動で切り替えられる。』

操作はタッチパネルで使い勝手はかなり良さそうです。そのへんはAPPLEが得意とするところなんだけどね。時代をシフトを予感させる製品を出してくる。

色々問題はありそうだけど、日本にもぜひ導入してほしい。うちの会社は電子手帳が禁止になって久しいが(世の中便利になると組織は硬直して、反って不便になるのはなんでだろう?)、これは携帯電話だからもちろん良いよね?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-12 00:09 | グッズ
初乗りツーリング
どうもねぇ、正月ボケが続いているせいか?Blogを書く元気がない。元気と言うか意欲といった方がいいかもしれない…ネットサーフフィンと読書とようつべで暮らしている日々は終わらさねば。

なんだかんだでお正月休みも一応バイクに乗ってみた。せっかくの休むだし、やっぱりバイクに乗らないとウズウズする。久々にHPNを引っ張り出して初詣を兼ねて近所の山をツーリング。最近、きちんと充電器で充電しているのでフラットツインは快調に目を覚ます。当日は日が差していたし、思ったより暖かかった。道路に備え付けてある電光掲示板の気温計を見ると13度…普通、この時期はもっと寒いのに。夜にはさすがに8度になったが、防寒装備はアンダーシャツにフリース的な電力に頼った防寒(最近は電熱ベストを愛用している)をせずとも十分に走れた。

13度という気温は空冷エンジンをのんびり走らせるにはちょうどよいかもしれない。冬の冷却された密度の濃い空気で、フラットツインの鼓動を演出しながら回ってくれる。寒すぎると(特に始動時は)エンジンにダメージを与えるが、人間がやせ我慢せず走れる気温ならエンジンの調子も良い。

a0023439_0392883.jpg


久々に乗ってもHPNのフラットツインは快調で回ってくれた。幸い、灼熱の地モンゴルでのダメージはほどんとなさそうだ。それよりも距離を走った分だけ艶やかな回り方をするようになったと思う。新車から乗っているとエンジンの成長を感じる。馴染むことで調子を上げていく…それもフラットツインの醍醐味だ。ちなみに同じエアヘッドのフラットツインでも排気量やチューニング具合、整備状態、乗り方でも変わるようだ。ちょうど昨年末に何台か他のエアヘッドを乗せてもらったのだが、皆、そのフィーリングが個性的に違うのがおもしろい。うちのHPNは他のマシンに比べる精度感があり、それでいて角の柔らかい回り方をするのが好きだ。他のマシンも色々と個性があるので、一度比べてみるとおもしろいかもしれない。ハチマルも早くじっくり乗って評価したいところだ。

そんな風に久々にフラットツインのフィーリングを味わいながら山道を走ってたら、いつのまにか130キロほど走ってしまった。意図しなかったが無理にダートを走らなくても十分に楽しめるバイクだなと実感。真夏のモンゴルも走って、今は真冬の日本も走っている…そんな事を改めて考えるとなにやら不思議な気もするが、久々にフラットツインに乗れた幸福感が漂うプチツーリングだった。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-11 00:39 | ツーリング
2007年 謹賀新年
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

相も変わらず季節の区切りなく惰性で生きているので、正月気分はないのですが、それでも寝年越し&寝正月に疲れた体をシャッキリさせたいところです。ダラダラしてないで、そろそろバイクに乗った方が体には良いかもしれません。

昨年はハッキリした目標があったので、色々と頑張れた気がしますが、残念ながら今年は雌伏の年。本当は人生いつでもどこでも攻めで行きたいのですが、補給線が伸びきった戦線では戦略的にまずいという判断の元、戦略的撤退を余儀なくされています。それでも次期大会戦では戦術的勝利を上げるための日々訓練は続けたいと思います。

a0023439_033415.jpg


さて、今年の我が軍の体制は中古ですが戦闘機を配備出来たため、作戦の幅が広がりそうです。その戦闘機のR80GSですが、今年は主力として布陣します。今年は補給線を確保出来ない理由で春の会戦は避けるので、小競り合いばかりになるはずですし、試用しつつその性能を確認したい。また、十分な兵装搭載も可能なため長距離爆撃機としても運用する予定。オールマイティな性能で夏のゲルマン戦線での活躍も期待出来るでしょう。

軽戦ではあるKTM125EXCは主に訓練と局地戦に使用する方針は変わらずですが、そろそろ実戦も経験させたいというのが希望です。しかし、専用輸送機がないのがどうしても運用上の問題になって、実戦投入する上での支障になっています。

重爆撃機のHPNは昨年の大会戦に受けたダメージの整備と改修が十分に出来てません。しばらくは本格的な運用はしない予定です。出来れば夏の会戦には投入したいのですが、その夏の会戦も参戦するかは未定。補給線が伸びきる上にどうしても電撃作戦を強いられるので、疲弊した我が軍が作戦実行出来るか見極めが難しいためです。

正月から訳のわからんことを書いてますが、今年もどこかの戦線でお会いするであろう皆様よろしくお願いします。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-01-02 19:27 | GS戯れ言
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
LINKS
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧