カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
HPN補完計画その2
前回はさらっと書いたけど、今回はうちのHPNのサスペンションに関する問題点を詳しく考察してみる。

まず、詳しく説明すると問題点はふたつあると思う。ひとつはサスペンションの取り付け位置。もうひとつはサスペンションの取り付け角度。

うちのHPNのサスペンションは下の写真のような位置に取り付けられている。
a0023439_2334100.jpg

シートに座るとちょうどお尻の穴辺り。それでほとんど直立気味です。サスが沈んだらちょうど直立になりそうな角度。

一方、HP2はというと…
a0023439_2395230.jpg

これも直立気味ではあるのですが、取り付け位置が、10cmくらい前…股間の前の○んち○の辺りになる。実はこの位置というのは、人間がバイクに乗ったときの重心位置に近い場所で、トラクションを得るにはサスの反力に受けるように荷重を掛けてやらなければならない(お尻で掛けるのではなくステップに荷重し、人間をマスとして使うという意味)。重心位置に近ければ大きな動きをしなくても可能となる。HPNの場合は荷重を掛けるには大きく腰を引かなければいけないことになる。バランスを取りながら、常に荷重を掛けるように腰を引くには結構難しい。やはり普通に乗った(スタンディングした)位置で荷重を掛けれた方が楽だ。

次にハチマルを見てみると…
a0023439_23263961.jpg

取り付け位置は○んち○の辺りで、大きく傾斜している。このレイダウンがポイントで、トラクションはサスの反力を抑える方向へ荷重する必要があるなら、重力による力…人間と車両の重量だけではなく、バイク自体の慣性マスも利用すればもっと効率的だ。だから大きくレイダウンしているサスを持つハチマルはトラクションを得やすいのだと思われる。

その理屈だとモノアーム系もトラクションはいいんじゃないだろうか?
a0023439_0150100.jpg


一方でHP2を含むオイルヘッドGSのセンターシングルショックのレイアウトでは、エアクリーナーとバッテリーに邪魔されてサスがレイダウン出来ない不利がある。
a0023439_0183697.jpg


他のBMWのラリーマシンの例を見てみると…

パリダカマシン R900RR後期型
a0023439_0123187.jpg


パリダカマシン R900RR前期型
a0023439_013281.jpg


R1150RR ランドマーク号
a0023439_0114284.jpg


意外とBMWの本気マシン(レーサー)はレイダウンしているのが多かったりする。それも思いっきり寝かせている。この例はさらにトラクション効率を押し進めたレイアウトで、剛性のあるセンターモノショックでサスの精密な作動性を確保しつつ、トラクションを得やすい構造。さらにレイダウン化はリンクレスサスにプログレッシブ効果も与えてくれる。

じゃなんで、他のオフロードバイクももっとレイダウンしないの?と疑問も湧くがそれは目的に違いだろう。勿論、レイアウトに理由もあるんだろうけど、極端にレイダウンしてくると他のアクションに弊害が出てくるのでは?サスのリバウンドを使った動き、ジャンプやステアケースをするなら、きっと適正な角度があるのでしょう。ラリーマシンなんか、砂漠の直線番長なんであれでいいんでしょうけど。

ということで、うちのHPNの改造方針としては、BMWのレーサー並みにレイダウンするのは大改造で不可能に近いが、取り付け位置を○んち○辺りに持ってくれば、そこそこレイダウンされるし、他にバイクと同様に取り付け位置になるので、この程度が妥当ではないか?幸い、サスの取り付けは下の写真のように、フレームとは別体のパイプで支えられている。これさえ作り直せば意外と簡単にいけそうです。

でも、他にも問題点があったり…(続く)
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-29 23:55 | HPN Rally sport
HPN補完計画その1
いよいよHPNのサスをいじろうかと思い、外してサス屋さんに預けてきた。

a0023439_0395456.jpg


サスの現状問題点を改善しようする試み。まずは前後ともバレネートを下げる。うちのHPNは元々、ビッグタンク+リアタンクの仕様で作ってもらったので、かなりバネレートは高い状態だと思われる。さらに外人さんの体重に合わせてあったり、他にも軽量化をしたので、全く合わなくなっている状態です。実際、BTOUでも結局、途中でプリロードめいっぱい落とし、減衰も解放してなんとか走らせていた。まずは適正なバネレートにしてやろう。

次にもうひとつ気になる点が、リアのトラクション不足である。モンゴルの枯れ川山やら乾いた砂地ではトラクション不足でケツを振られて結構苦労した。もっとも日本に砂浜くらいだと普通に走れるのですが、スピードのノリ具合を考えるとかなり空転してロスっているような気がする。

サス屋さんにも指摘されていたのだが、この原因は恐らくはサスの取り付け位置の関係が大きいかと?しかも、ほとんど直立しているサスの上にリンクレス(勿論、プログレッシブ効果のあるPDSのようなサスペンションでもなんでもない)。特にハチマルに乗るようになって実感してから確信に変わった。ハチマルの方が遥かにトラクションが良い!超リア乗りしなくてもぐいぐいトラクションしてくれる。大体、BMWの本気仕様(レース仕様)ってリアサスが大きくレイダウンされている。これってトラクション対策じゃないのか?

この問題に対しては、当初、良いサスを驕ってトラクション不足を解消しようと考えていた。なにせ、今のサスはフロントは最新の良いものが付いているけど、リアサスは10年以上前のWP(減衰調整13段階くらい)なので。

でも、前述のバネレート変更の関係で、探すにしても作るにしても手配に時間が掛かりそうな話(レートが高いから)でした。それなら、無理に夏まで仕上げなくてもゆっくりいじっていくかな?と思い(北海道4Daysは諦め)、どうせならレイ…ダウン化計画をしたくなってしまった。それにこれでどれくらい良くなるか?非常に興味もある。しかも、パッと見出来なくはないようは様子。勿論、やるなら元に戻せるようなやり方でするつもり。まずは本当に出来るかは検証してみないと…次回は検証する。

(以下、続く)
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-29 01:26 | HPN Rally sport
HPNのHP2パーツが発売!
HP2に乗ってもいないのにHP2の情報にはうるさい私です。

さて、今回の情報はHPNのホームページにHP2のパーツのページが追加されたということ。これでようやく買えるんじゃないかと思う。以前、インターモトで発表された23Lビッグタンクをはじめ、チタンマフラー、ホイール、インジェクター、さらに強化ドライブシャフト、フレームとまさに開発に関わったファクトリーだからこそ出せるマニア好みのパーツがそろい踏みだ。

a0023439_22225943.jpg


特にタンクは使い勝手の良い23Lで、HPNお得意のオイルクーラー位置移動キットも込みでスタイリッシュな形で容量アップが実現出来る。

a0023439_22241163.jpg


以前、紹介した内容になかったパーツが強化ドライブシャフト。
ルーバーパーツを追加して耐ねじりトルクを25%アップ。熱や高過重にも強くなっているようです。ノーマルのドライブシャフトをブチ切るような乗り方をする誰かに朗報です。

a0023439_22284664.jpg


強化フレームの方は、どうやら、ステアリングピポッドやフットレストマウント辺りを補強したようです。日本からどうしても改造してもらいたい人はフレームだけ送って補強してもらう訳?

a0023439_2245926.jpg


ボチボチ、HP2のパーツも出てきて旬になって来たようです。俺もそろそろ…かな?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-27 22:38 | HP2
Neck Brace発売
うちがどこよりも早く注目していたNeck Braceですがいよいよ発売しました。今春のカタログ…BMWにもKTMにも載っています。

KTMなんかは専用装着出来るラリーウエアも同時に発売ですな。

問題の値段なんですが…

KTMが73600円くらい…

BMWが102900円くらい…

その差、30000円弱?

…BMW JAPANさん、

ちょっとマージン取り杉です…

ただでさえ高いのに…

チームクロスチャレンジだけじゃなくて、一般のBMWライダーにも少しリーズナブルな価格で還元してください。特に安全装備なんか普及価格で出しても良いんじゃないだろうか?

う〜ん、KTMのものを買うとオレンジでジャケットとのコーディネートが最悪です。一応、BMW乗りなのでラリースーツに合わせたい。でも、これって、インナープロテクターを着て、その上に従来のラリースーツを着て、付けれるものなのだろうか??

…とりあえず、BTOUでは不幸な事故もあったし、自分もケガをしたので、必須アイテムであるのは変わりない。次回モンゴル行くまでどっちにするか考えよう。その前に二ーブレース買わなきゃならんし。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-27 01:33 | グッズ
第1回 KTM125EXCミーティング
最近、ブームか知らないけど、KTM125EXCを購入した仲間が増えた。しかも微妙に仕様が違いお互いに気になる様子。これは乗り比べをしよう!ということで集まることにした。

土曜日に降り出した雨は日曜日の朝まで降り止まず、集合時間前に辛うじて止んだ。集まるかどうか微妙な天気だ。そんな状況のため残念ながら最新型である07 125EXCに乗るむらやまさんは欠席。06 125EXC SIX DAYSに乗るSZ木さんと私の06 125EXC(ドノーマル)だけの集まりとなった。

a0023439_0505292.jpg

河原のコースを走る予定だったが水溜まりも多かったので、山へお散歩へ。いくつかの林道を走り横道を探索しつつ進んでいたら、スリッピーな林間シングルトラック(でさえないただの尾根)を不用意に降りてしまって、バージン腐葉土と丸太登りに苦しむハメに。降りやすい丸太越えは逆に登りにくいという当たり前の理屈を実感。久々にゲロ吐きそうになるまで押してしまった。125EXCは足が着かないのとキックしかないので(エンジンの掛りはいいけど)、山遊びは疲れますね。でも軽いのには大分助けられたけど。大体、ガバッと開けて機会が少ないからあんまり山遊びに向かないような気もする。アクセルを開けていけるちょっとしたシングルトラックなら楽しいけど、山深い道なき道を行くにはちょっと?2ストはアクセル開けてなんぼ、爽快感がほしいです。山用に買うならやっぱりセロースコルパのT-RIDEだな。

a0023439_183950.jpg


無事、河原に戻ってきて、ようやくバイクを交換して試乗してみた。125EXC SIX DAYSは某KTMスペシャリストさんのマシンだったそうで、パワー重視、スペシャルテスト重視なマシンらしい。乗せてもらったら、うちのノーマルの125EXCよりひと回り分厚いトルクで、開けて走ると気持ちいい。河原やコースで走るとすごい楽しい。200ccまでは届かないけど、180ccくらいの排気量があるんじゃないかと思うトルクだ。足周りもSXCの物らしいけど固いって程じゃなくて、むしろしなやか。125でここまで仕上がるのなら真似してみたいなと思った。正直、今の自分のマシンにはほどんど不満はないけど、もっと良くなるなら色々イジってみるかな?

以上、第1回ミーティングは雨で祟られてしまったけど、07 125EXCも気になるのでぜひ第2回やりましょう!
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-26 01:34 | KTM125EXC
真冬じゃないけど真冬並のキャンプツーリング
先週はGSセントラルのミーティングでキャンプツーリングをやった。ん?キャンプツーリングと書いたのだが、これは本当にキャンプツーリングだったのだろうか?かなりの疑問が頭を過るが、どうでもいいことと言えばそれまでだ。

初日は某キャンプ場に集合して、遠州地方の林道を走る予定だったのだが…集合時間になっても朝のキャンプ場にみんな集まってきません(もっとも俺も遅れたが)。某JJ氏からは後で行くとメール、某ONYO氏からパンクしたとまたメール、サテン氏は高速3つ前のICから降りて延々と走ってくるらしい…、他のメンバーは初めから夕方着の予定…。こんなことならゆっくり朝飯食べてくれば良かった。ただ、待っているのも暇なので、近くの道の駅にそばを食べに行った。

a0023439_16021.jpg


それにしてもパニアはやっぱり便利。キャンプツーリングも荷物のパッキングを気にしないで出来て、全く持って気楽です。パニアを使いたかったからツーリングマシンとしてのGSが1台ほしかったのだ。

さて、なんやかんやで、サテン氏とONYO氏が到着して、とりあえず近所の林道を走りに行く。ここのところ、毎週走っているが、この辺の林道は走り尽くした…とはまだ言えない。かなり分かってきたとは言え、迷路のように入り組んでいる地帯なので、新しい道を探索しつつ迷いつつ走る。この一帯はGSチャレンジでも使ったが、あのルートはほんのさわりに過ぎないのだ。いや、ELD500でさえも半分程度しか網羅してないだろう。

a0023439_1123572.jpg


昼頃、休憩中にONYO氏が眼鏡を壊すして脱落。その代わり、セントラルに興味があるというT代氏の途中参加となった。次は先週下見しておいたお気に入りの廃道へ向かう。途中からシングルトラックになる道だがGSでもなんとか走れるルートである。路面もクレバスが多かったり、荒れてたりするので、ちょうどいい具合に練習になる。

a0023439_1192750.jpg


その後、何度か行き止まり林道を彷徨いつつ、夕方になったのでキャンプ場に戻った。T代さんは明日仕事があるということですぐに帰ってしまった。

キャンプ場では、すでに山G氏、JJ氏、K木木氏がのんびりして酒を飲んでいた(ちなみに彼らにはキャンプツーリングの中のツーリングという要素は排除されている。)

宴会場と宿泊場所は軒下に畳が敷いてある吹きっさらしの場所。先日の暖かさから一転して真冬の気温になったこの日は、この開放状態で過ごすには少し厳しい。しかもここは基本的に暖房器具や暖まれる火がないのです。
それでも暖かい鍋とお酒で宴は盛り上がった。6時から宴会は始まり、9時頃にはほとんど食べるものが無くなったが、途中、K木木さんが持って来たパリダカやらBAJA やらISDEやらのビデオを鑑賞しつつ、宴会は午前3時まで続いた…がとにかく寒かった。

a0023439_133767.jpg


考えられる防寒装備をして来て、辛うじて眠れたがそれでも余裕が全くなかったため、かなりお疲れの朝を迎えた。

a0023439_1335837.jpg


起きてみるとoyaji氏が来ていて、しかも走る気満々である…
とりあえず、二日酔いというか疲れがあったが、案内もしなきゃいけないと思い、また今日も走ることに…。残りのメンバーはお疲れのようですぐに帰ってしまった(あ、だからツーリングは?)

a0023439_143175.jpg


疲れていても走り出すとまた楽しいもので、ラリー的な行程をこなすにはその精神状態を作ることがコツなのかもしれない。今日はoyaji氏用によりハードなルートへ。クレバスのあるシングルトラックに近い下り…125でしか走ったことのないルートも使う。ここは止まれなくて結構ビビったが、それでもちゃんと無難にこなしてくれるハチマルは頼もしい。そして、またもや彷徨いつつ迷いつつ…しかし、一本一本が短いとはいえ、まだまだ見知らぬ林道があるものだ。

a0023439_1461682.jpg

a0023439_147321.jpg


最後にoyaji氏を煽ってアタックさせてしまったのですが…失敗…すみません…GPSまで壊してしまって…

結局、自分は2日間で400キロほども走ってしまった。みんなはのんびりキャンプツーだったのだが、自分だけハードな2Daysになったような気がします(汗)なんかもーね満腹なので今週末はちょっとお休みしよう…。ハチマルばかり乗ってたら、HPNも乗りたくなって来たので、そろそろ整備しなきゃね。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-16 02:03 | イベント
だって女の子だもん~
噂の公道版ヤマハ「WR250R」 「WR250X」キタ!

a0023439_1756394.jpg



重量を書いてないのが戦略を感じます。女の子の体重は聞いちゃいけないもんね。みんな買ってね!
a0023439_17575025.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-14 17:55 | GS戯れ言
北海道4デイズの独り言
毎年一回は小さいのから大きいのまで何かしらラリーに出ていたので、金銭的に苦しい今年でも出たくなるのが本音…でも、今の気分では四国はお腹いっぱい…やはり、より新しいフォロンティアを求めたくなるのが人情…そんなあなたに北海道4デイズはどうでしょうか?と来た日にはとりあえず行くしかない!しかし、TDNで北海道のステージは2度程経験しているので、全く新しいフロンティアとは言い難い…ああ〜我が青春のアルカディア…ただし、経験したのはGWでの季節…初夏のステージは2ndTDNのNEステージのみだったから…残念ながらそれだけは行けなかったのだ…お盆の長期休みが目の前にあるため、なかなかお休みは取れない…いや、俺的に取ってもいいんだけど、世間の目が痛い…サラリーマンだから…しかし初夏のラリーは未経験だし…それだけでも十分な理由になるかな?人は常に理由を求めたくなるのさ…でも、エントリーフィーは高いよな?118000円…出来れば一桁少なくしてほしかったが…当然毎日ウニ丼とカニ、デザートが夕張メロンですよね?それよりもどうやって行く?それの方がお金が掛かるんじゃないか?やっぱり基本はフェリーだよな。バイクを送って飛行機で行くというのもリッチで時間も短くて良いが、どうせビッグオフで出るとなるとフェリーで行った方が手っ取り早い気もする…つっか、どうせ毎回フェリーか自走だったか…フェリーだと間に合わないと心配してたけど、大洗からのフェリーで4月から午前2時出発の便に変更になった…これなら就業時刻になってから出発しても間に合いそうだ…となるとバイクはどうしようかな?と行ってもHPNしか選択肢もないけど…ハチマルでも一度ラリーに出てみたいが、ラリーメーターやら、マップケースの設置までやっていると時間も金が掛かり過ぎるかも…しかもタンク小さいから規定の200キロはギリギリだし…500キロのステージもあるから給油しなくて良いビッグタンクの付いているHPNにほぼ決まりだな…と思ったけど、絶対、芦別の特設コースを走らせるよな…晴れていれば全く問題はないが雨が降るとマディでひどいめに…ああ〜15GSの悪夢を思い出す…あ、でも今回はエアヘッドだった…うちのHPNは完全晴れ仕様なんで泥で汚したくないだけか?こいつでマディ走ってないけどえらい目には合うと思う…それより、夕張はエンデューロコースでも走らせられるのか?それは楽しみだけど、やっぱりハチマルで行きたくなるなぁ…と言いつつ9割HPNで行きます。サスのコイル換装が間に合ったらだけど…早速手配しないとまずい。ところで、距離と言えば、一日最高でも550キロみたい…過去にあった一日700キロみたいなステージがなくて残念だ…ビッグオフの優位性はその辺りから発揮されると過去の経験であたったのだが、550キロじゃメリット少なそう…もっともモンゴルで550キロも走ったらヘロヘロになってたけど(しかも余計に100キロも多く走ったので精神的ダメージも)…こうなったら肩慣らしで北海道まで自走で行くか!(嘘)…と思ってたらエコチャレンジもあるじゃないか?しかも車OK?もしかしてスマートの出番か?…以下脳内で続く…
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-14 01:09 | ラリーレイド
Prototype BMW 450 その2
BMW 450に関するこんなの見つけたので貼っておきます。特許画像かな?
シャフトドライブやエアサスのアイディアもあったんですね。

a0023439_1583741.jpg

a0023439_1585678.jpg

a0023439_159819.jpg

a0023439_1592040.jpg

[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-08 01:59 | GS戯れ言
R80GS BASIC の登坂
先週末はうなぎさんのところへノリさんのBTOUマシンを見せてもらいに行った。こういう準備を見ていると去年の忙しい自分を思い出す。大変だったけどまた行ってみたいです。EXC-Rは軽そうでいいなぁ。

さて、岡崎にはハチマルで行ったので、帰りは三河の林道を走って帰ることに。
a0023439_23111896.jpg

三河の某10キロ林道(近日中延長アリ)は距離もあり適度にガレていて、新しいマシンの慣らしにちょうど良い。相変わらずのトラクションの良さと短いにも関わらずなぜかギャップを吸収してくれる脚のおかげで気持ち良く走れた。ただし、まだまだ良い具合な乗り方がわからないので、振り回すためにはもう少し慣れて行きたいが暗闇が時間切れを告知して、この日はこれでおしまい。

まだまだ走り足りないので、次の日も続けて出撃。今度は近所の林道を走る。ハチマルのポテンシャルを把握したかったので、しばらく行ってなかったマイフェイバリットルートの某荒れ気味な廃道へ向かう。

a0023439_2318151.jpg


自分の15GSが崖から落ちそうになったり、サテンさんの11GSをみんなで押したり、raizoさんの15GSADVが180度回転したりと、オイルヘッドには鬼門な場所…。
一時、台風で埋まって走りやすくなってたが、久々に来たらまたいつもの状態に戻っていた。15GSだったらリカバーが大変なのであまり一人で来ないが、ハチマルの場合はトラクション良くスルスル登っていく。これだったら十分トレッキング遊びにも使えるな。

a0023439_23242582.jpg

続いて某山へ向かう悪路注意と書かれた林道を登って、尾根ぞいの林道を走る。15GS時代から通い続けている練習ルートだが、ハチマルだと余裕を持って走れる。この上の山の頂上には神社あるのだが、そこまでの林道は残念ながら鋪装されてしまった。その神社から北へ10キロくらいのこの辺にしては長い林道が続いているのだが、もう2年くらい崖崩れ修理の工事中。鋪装工事よりこっちの復旧を進めてほしいものだ。でも、復旧したら鋪装しちゃうのか?最近、遠州の森もじわじわと鋪装化の波が…。正直、対向車なんてめったに見ないこんな所を鋪装してどうするんだと憤慨気味だ。

いつのも通り、気の向くまま林道を繋げてみたが、ハチマルのトレッキング性能に感心しつつ、つい横にある林道を走ってしまう。気楽に林道探検出来るのがこのバイクのメリットかな?

しかし、ついつい調子に乗ってこんなところに…

a0023439_2342739.jpg

左右切り立った崖で落ちたらまず回収は不可能…真ん中の丸太は道の崩壊を支えているのか?通らないように邪魔しているのか?この先も道がありそうだったのに。しかし、そんなことより、前に出過ぎてUターンが出来なくなった。よく見てみると手前も左右の道が崩壊していた。伐採した木々で隠れていて見えなかったのだった…

その後、苦労して帰ったのはいうまでもない…
[PR]
by hpn1150gs | 2007-03-07 23:46 | R80GS BASIC
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧