カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
青いマシンがやってきた!
ネタだと思われているようですが、マジです。縁あって、HP2を譲っていただきました。走行距離7000キロ程の中古です。メインはオンロードで使っていたとのことで、車体もかなりキレイです。正直、これからダートで使うのはもったいないほど…。

a0023439_2461893.jpg


a0023439_2482952.jpg


まだオンロードでしか乗ってないけど、やっぱり軽く感じます。エンジンもシャープに吹け上がるし…でも気になるところもありますねぇ。その辺もボチボチ話題に上げて行きたいと思います。

とりあえずは不足なガード類を付けて、車載工具を用意する。工具類は、バイクの性格上、極力少ない搭載量にしたいです。いつも使っているリアバッグではなく、シート下に全て収めたい。タイヤは既にチューブに交換してもらってあるので、チューブ用の修理キットも入れなくては…。

まず、最初にやったことは…
a0023439_311552.jpg

シートの固定がトルクスなんですが…
a0023439_33351.jpg

シート下の工具をすぐに取り出せるように、クイックファスナーに交換。
a0023439_354424.jpg

HP2の車載工具はシートの裏にドライバーが貼付けてあるくらいなので、エアサスの後ろのスペースを使って、工具入れ袋を付けた。タイヤレバーなどの長物はシート裏、細かいビット類はこの袋に入れてみる。HP2のネジはほとんどがトルクスなので、15GSの遺産を使える。車体に使っているネジ種類も少ないようなので、コンパクトに収納出来そうだ。

という感じでボチボチやって行きます。一応、バイクのキャラクターに合わせて、近くのコース、河原、林道で使おうかと思っています。遠くに走りに行く気はないので、ビッグタンクは付けないと思う。それが今現在、僕の主な遊び方なんで、たぶんメイン機としてガシガシ使うことになりそうです。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-31 03:15 | HP2
青いマシン
最近、注目されているバイクは青いマシンばかり。どれも魅力的で迷っちゃいます。

tm144 enduro

125の軽さとフィールにモアトルクを求めたマシン。2スト125は軽さで助けてくれる部分とトルクの細さで難しい部分がある。初心者と上級者に好まれる両極端な性質を持つクラスです。それじゃ、軽さとフィールを疎外しない程度にボアアップしたマシンを作れば、もっと理想のマシンが出来るのでは?と思っていた人は多いでしょう。tm144はある意味理想のバイクなんでしょうね。公道走行出来る2ストマシンは今年で最後っぽいので、欲しい人はぜひ入手したいところ。

YAMAHA WR250

定評があったエンジンにアルミフレームで軽さを手に入れたWR250。以前のモデルは定番モデルで丈夫で扱いやすいが、商品的魅力というともうひとつ足りないところがあったかと思う。しかし、アルミフレーム化で一気に魅力的になったんじゃないだろうか?エンデューロに参戦したいなら、間違いなくコレをチョイスですね。

そして…

BMW HP2 enduro

ボクサーツインのハードコアメガオフ!本格的なオフロードランを可能にした足周りと限界まで軽量化したボディ。このジャンルの先駆けの存在です。

どれも魅力的に迷っちゃいますが…

More…どんだけ…
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-29 22:02 | HP2
TOURATECHでお買い物
久々にTOURATECHでお買い物…そういえば、日本代理店が出来てからは初めてだ。

売れ線の商品なのかよくわからないが、日本に在庫があったようで、お金を振り込んだらすぐに来た。この辺はさすがに日本代理店が出来たメリットはある。ただ、やっぱり値段が高い。あちらの消費税が掛からなかった分がちょうど上乗せされているようだ。日本円で為替変動が心配ならユーロ払いとかにしてほしいのだが。

あと、クレジットカード払いや代引が使えないのは、いまどきの通販としてはどうかと思う。今のところ、お客の方に負担が多くて、イマイチ日本代理店が出来たメリットは少ないですね。TOURATECHは好きなアフターパーツメーカーなので、もう少し頑張ってほしいです。

a0023439_23204260.jpg


しかし、円安ユーロ高はきついな〜。奮発してアンダーガードを買ったけど、結構な値段で驚いた。HPN用として、IMOも追加でほしかったけど、高くてとても買えない…う〜困った…。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-24 23:21 | GS戯れ言
GS4Days inヒダカ 2007
今年は告知が少ないようで、本当に人が集まるのか?と心配気味のGS4Days!ということで紹介しておこう。

GS4Days…ゲレンデシュポルトの4日間…毎年恒例のビッグオフ乗りのためのギャザリングスタイルのイベントです。

今年の日程は8月31〜9月3日、場所は例年通り、北海道の日高で開催されます。もちろん、BMWのGSだけのイベントじゃなくて、ビッグオフ乗りが全て対象。北海道4Daysなんてイベントがあったため、ややこしいのですが、こっちが本家本元!?です。

a0023439_1312569.jpg


元々はマツモトミチハルさんが企画したイベントで、その内容は日高にビッグオフで集まろう!というシンプルなイベント。その精神は変わらず、有志の者たちに引き継がれて、毎年開催されています。最近は、ハードコア指向が進む北海道のビッグオフのクラブ「猛牛組合」の皆さんがアテンドしてくれるおかげで、より楽しく北海道の地を満喫出来るようになりました。

北を目指して一気に走り、そして北海道ではたっぷりのダートラン、そして、楽々と帰ってくる…ビッグオフだけが可能な愉悦の時間を味わいましょう!

僕は去年はモンゴル行きで、お休みしてしまったので、今年はぜひ行こうかと思っています。

今後の詳しい情報はraizoさんのBlogでどうぞ!
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-24 01:32 | イベント
またまた台風の置き土産
いい加減梅雨も明けてくれないか?今週こそたっぷり走ろうかと思ってたが、また土曜日が雨で日曜日のみの走行。それも、また14時頃から走りに行った。なんか暑いと気合いが入らなくて…だめじゃん…

今週はHPNで静岡愛知の県境辺りの林道を走ってきた。普段は、その手前の林道で満腹になるため、なかなかここまでは足を運ばない。手前の林道が、先週、崖崩れになっていたので、パスして新たに北西方面の林道を開拓することにした。

一応、地図で当たりは付けてきたのだが、なかなか林道の入り口がはっきりしなくて辿り着けない。やっと見つけて入り込んで行くと結構な狭くてガレガレな林道。ちょっとHPN向きとは言えない路面状態だったけど、先日からコーナリングの調子を上げていたので、軽快に楽しく走行出来た。このコツはHPNでも十分通用する。おかげで最近走るのが無茶楽しくて…特にHPNはハチマルよりトルクフルで厚いトルクに乗るような感じで走れるのが気持ちよかったり。フロントサスもバネレートを下げた効能もあるようで、このようなガレ場でも走りやすくなっているようだ。

送電鉄塔の見える広場で休憩。
a0023439_2255429.jpg


ここから先、ガレガレ路面も終わって、快速林道か?という寸前で崖崩れ箇所に遭遇!
あまりにも見事な崩れ方でワラタ。盆栽のように樹木が奇麗に残っている。
a0023439_2384217.jpg


HPNで乗り越えるのはしんどいので、ここから戻ることに。先週と同じパターンだ…。

結局、帰り道、いつも使う林道を何本か走って帰って来た。いつも出かけるのは遅いけど、林道エリアが近いのでそこそこダートランは出来ているが、もう少し練習量を増やした方がいいかも。来年、またモンゴルへ行く気なら練習密度を上げて行きたいです。とりあえず、HPNの方もフロントサスは大丈夫みたいなので、そろそろリアサスのチューニングに出すかな?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-22 23:23 | HPN Rally sport
台風一過
せっかくの連休だったが、台風に阻まれ木賊ツーリングはキャンセル。月曜日にだけ少し近所をの林道を走りに行ったが、これでも夕立ちが降ってきて、さっさと帰ってきてしまった。なんとも寂しい連休の結末。

その行って来た林道というのも先週も走った林道だ。この辺では多少ガレてはいるけど長めの走りやすい林道なのでよく走りに行くルート。しかし、台風の痕により、一部崩壊、一部川になってたりとかなり走りがいのあるルートに変容してしまってた。最後には崖崩れで通れなくなっていた。

とはいえ、逆にこの状況が楽しめたり…。実は、最近、あるコツを手に入れたおかげでコーナリングに迷いが無くなって来た。ハチマルもばっちりセッティングが出て来たおかげで、台風の爪痕により変容した林道にも十分対応出来る。むしろ、いい感じで練習になったんじゃないかな?

a0023439_1361178.jpg


しかし、この台風による林道の影響より鋪装されているところの方が、基本ウエットな路面の上に、激しく水が流れてたり、石や土がばらまかれてたり、苔が生えてたりと走りにくい。特に先々週、舗装路で転けたので、ビビってた。一番危険なところは伐採による樹液が残っているところで、そこが氷の上のように滑る。見た目は少し湿っているだけで他のウエットな部分と区別しにくいのだ。気付いてスピードダウンしたのだが、どうしようもなく転けた。以前もこの樹液で転けてヘッドカバーを割ったことがあるので、ホントこれ鬼門です。どんなに荒れていようがダートの方がグリップの予測が付くので走りやすいかったりするのだ。

来週すぎれば、そろそろ梅雨も明けるので安心して走りに行けるだろうか?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-18 01:39 | ツーリング
FREE RIDE PARTY 2007
フリーライドマガジン主催のフリーライドパーティーが今年もスポーツランドSUGOで行われるそうです。

やはり、このイベントの最大のポイントはSUGO2Daysで使ったコースを走れるということ。しかもレースではなく、スキル別に分けアテンドを付けたフリーライド。とてもSUGO2Daysなんか出れないやという僕ら一般ライダーでもコースを味見出来るところが魅力です。

今年もお盆休みの8月13日に開催。SUGOのある仙台は遠いけど長期休み中なので、日程的には特に問題は無し。去年はモンゴル行っていて参加出来なかったけど、今年はちょっと行ってみたい。ただ、問題は…俺トランポ持ってないよ…orz

幸いクラス分けがあるので自走してハチマルで参加するという手も。

A> SUGO 2 DAYS ED、または同程度のエンデューロを完走できる程度のスキルをお持ちの方。
B>同エンデューロを完走する自信はないが、たいがいのところであれば走れちゃうぞ!という方。
C>林道ツーリングなどオフロードの経験はあるが、ハードな山道はちょっと……という方。
D>オフロード経験が浅い、未体験、自信がない、ひたすらユルくいきたい、という方。

BとCの間が飛んでいるような気がする気もするが…

一番下のクラスだったら、スーパートラクション&足付き抜群のハチマルだったら特に問題はないように思う。シリンダーが引っかかるところじゃなきゃなんとかなるでしょ。ただし、注意書きにはビッグバイクは自己責任であまりお勧めではないようなニュアンスだから、ちょっと躊躇するなぁ。

それにせっかくSUGOを走れるのに、EDマシンでもう少しそれっぽいところを走りたい気もする。ただ、ハチマルで行けば、帰りは東北の林道も走れるのが良いんだけどね。

ということで、なかなかさくっと行けるような話でもなかったか…どうしようかな?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-10 01:18 | イベント
カートリッジサスの具合は?
カートリッジサス換装終了!青い調整のノブが装着済みの目印です。
a0023439_0215073.jpg


他にも…新たに取り付けステーを設置(旧サスに取り付いていたウインカーステーが使えないため)、リアタイヤ交換(今回はMT21、T63は在庫切れ)、バルクリ調整(排気のクリアランスが突き上げそうになるほど詰まってた)、フロントブレーキパッド交換、エアクリーナー交換、スクエアタイプのヘッドカバーに交換(苔で転けて割った)…等々、まとめて整備をやっておいた。これで来週の木賊遠征もバッチリ。

a0023439_030662.jpg

準備が出来たところで、サスの具合を確かめに近所の林道へ行った。今週末は2日とも雨は降らずに曇り空…多少蒸し暑いが晴れの日よりはましだろう。

結論から言うとカートリッジサスは正解!バッチリ、ダンピングが効いて走りやすくなった。今まで、暴れていたフロントサスがしっとりと動くように…ノーマルサスだと動き過ぎだったのかもしれない。ただ、暴れてもトラクションが良かったので、前に進み走れないことはなかったが不安定な事も確か。カートリッジサスは無駄な動きを抑えてガレ場の表面を走っているような乗り味だ。よりトラクションを生かせるような走りが出来る。リプレイスのリアサスとの相性も良い。スプリングレートアップだけではこうはいかないだろう。そういう意味では、さすがは純正オプション、高かったけど大正解である。

ついでにいうとフロントサスが安定しているので、以前より高いギアが使えるようになった。つまり、失速するような状況が少なくなったので、平均スピードも上がっているはずだ。これはよりスムースに走れるようになったということで、ストレスなく非常に楽しい。個人的な好みだけど、ぶん回して加減速激しく走るより、スムースに加減速少なく走れた時の方がマシンとの一体感を楽しめるような気がする。

これが本来のハチマルの実力となるのだろうけど、正直、そのポテンシャルの高さに舌を巻く。林道で遊ぶには過不足なく十分に速い。おそらく唯一の弱点はジャンプだろうけど、林道にはそんな大きなジャンプはないのでまず問題はない。下手なトレール車以上にトレールの実力は高いと言える。まるで日本の林道に最適化されて造られたように思ってしまう。それになによりも手の内に扱えるような感覚は楽しい…実際はでかいのに凄くコンパクトに感じるマシンですね。しかし、これが25年以上前の設計のバイクとは…いやはや

僕的には林道をメインで使う人だったら、カートリッジサスはお勧めです。ただし、3000キロオイル交換推奨のようなので、ツーリングメインだったら止めた方がいいかと。結局、昔から言われているように、付ければ本来の性能を楽しめるけど、GSにはマニアックなアイテムなのかもしれませんね。でも、ちゃんとオプションで用意しているのは、BMWのエライところです。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-09 00:57 | R80GS BASIC
フロントサス組立
ハチマルのフロントサスの組み立て。部品手配の時間が掛かりそうだったので、オイルシールのみ交換とし、スライドメタルは次回にすることに。メタルには少し傷があったのだが止む得ない。今回、手順がわかったので、次回は素早く出来ると思う。エアヘッド系は先端のメタルがテーパー上になっているため、オイルシールを外さないでインナーフォークを取り付け取り外しが出来るのね。オイルシール交換しなくても良かったかも。

a0023439_0514774.jpg


そのオイルシールも今回は他のパーツと一緒にモトビンから取り寄せ…イタリア製の代替品、セットで1800円くらいだったかな?でも、よくよく調べてみると、アリートのフロントフォークオイルシールにマルゾッキ用φ40があり、これが使えそうです。これなら普通の用品屋で取り寄せ出来てセットで1575円とお安い。

フォークオイルはBMW純正が7.5W…これはWPの7.5W相当の粘度らしい。手持ちでは倒立用の5Wしかなかったので、近所の用品屋で手配。WPは置いてなかったのでヤマハG-10にしておいた。これは同等の粘度のはず。とりあえず、今回はこれで様子を見て、不都合があったら他のオイルにします。なんせヤマハだと安いから。

オイル量は左右とも400ccと教えてもらったが、油面高さの規定はないらしい。このインナーカートリッジはマルゾッキ製なのだが、ご存じの通り、マルゾッキは左右のフォークでそれぞれ、コンプレッションとリバウンドの役割を分けているちょっと変わったサス。そのせいで油量管理だけで油面は規定してないのかな?と思った次第。念のため測っておいたら、コンプレッション側が160mm、リバウンド側が90mmとえらく差がある。構造が違うので差があっても不思議じゃないのだが…こんなもの?う〜ん…

これでフォークは組み上がった。様子を早く見たいところだが、インナーカートリッジを組んだことでフォークにマウントされていたウインカー&タコメーター&時計ステーが付かなくなった。とりあえず、代わりのステーを作らねば。ついでにウインカーも小型化するつもり。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-03 00:43 | R80GS BASIC
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧