カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
タグ:私情で試乗 ( 5 ) タグの人気記事
垣間見るHP2の味わい??
今週は、HP2で河原走行をやってみた。うちの近所の河原はかなり広く、路面状況も砂利だけではなく、サンドに土にとバラエティに飛んでいる。もちろん、コースなんかもあるんだけど、無理にそこを走らなくても十分に広いので、トレッキングを楽しみながら練習が出来る。ただし、台風や雨で醸造された地形は激しく変わっていく、ビッグオフでは結構辛いかもしれない。だからこそ、良い練習になるのだけど…。いや〜15GS時代はよく埋まったりしたものです。

さて、そんなビッグオフにしんどい場所をHP2で走ると…まさに水を得た魚のように良く走る。基本的にはソフトボールくらいの砂利のところが多いのだが、そういうところでもフロントが大きく取られるようなこともなく、ターンしても安定している。一番感心したは、エンデューロバイクのように、一瞬、フロントが明後日の方向を向いても、ちゃんと回復してくれること。15GSだったら瞬殺されているところです。

他に気付いたことは、リアのリバウンドが少ないということ。ダイレクトなショックの取り付けをしてあるオイルヘッドやHPNもそうなんだけど、リバウンドが大きくて不用意な状態で振られることがあるが、HP2はその辺が大人しくて走りやすい。これはどうやらエアサスの恩恵じゃないかな?

そんな風にそこそこ軽快には走ってくれるのだが、転すと他のGSほどじゃないけど、やっぱり重いですね…。なんせ、前日は125乗ってたからね(^^;;; もっとも、15GSなんかは状況によっては起こせない場合が多かったので、大抵は自分でリカバー出来るところは安心です。

a0023439_22434392.jpg



河原走行も十分楽しんだけど、やっぱり、林道も走ってみたいということで、その後が近くに林道へ向かう。実は最近コーナリングがいい感じのフィーリングを掴みかけていたので、もっと走り込んでおきたいという気持ちがあった。

で、走ってみると、先日、変えたハンドルプルバックの具合がかなり良く、スムースにコーナリングが出来る…ヨシヨシこのフィーリングを忘れないようにしよう。最初の林道はクレバスが結構あったのだけど、リズミカルにさばけて良い感じ。その後のガレた林道…整備されていてフラットな土林道になっていた。これがHP2だと、またおもしろい。路面のグリップが良いのでグイグイと向きが変わる。重力に逆らって突き進む感じがビッグオフの醍醐味ですな。このバイクは林道もおもしろいですよ。

R80GSだと結構速くは走れるんだけど、バイクを痛めてるようなかわいそうな気分になるのがイマイチすっきりしなかったのだが、HP2は余裕があるので、そのようなことは全く無し。HPNは重装備にしているので、ここまでの軽快感は味わえない。もっとも、エアヘッドの良さはエンジンの色気にあるからね…別腹ということです。HP2はその運動性で遊ぶってところが魅力じゃないかな?なんとなくだけど、HP2のおもしろさがわかってきた感じ。とにかく、それぞれのフラットツインで、今後は違う楽しみ方が出来そうです。

でも、まあ、普通に見れば被っていると思われるんだろうなぁ…(^^;;;;
[PR]
by hpn1150gs | 2007-09-25 23:09 | HP2
HPシリーズ、完成してたのね!?
えっと、HP2インプレッションの続き…

まあ、とにかく、いろいろ調整して自分好みに合わせた訳ですよ。過去ログの初インプの話題を見ると…固い足周りにかなり苦労してたようですね<俺 (^^;;;
やっぱり、きちんとした評価をする場合は、ちゃんと出来るだけ自分に合わせた方が良い。特にサスペンションのサグ出しは重要じゃないかと思うのです。

今回のエアサスの5.8barの加圧はいきなりビンゴ!固くもなく柔らかくもなく、ちょうどガレ場の林道を走るのにちょうど良い案配。ただし、もし、ジャンブもあるコースを走るならもう少し上げた方が良いとは思うが、とりあえず、僕の体重ではこんなもんだろう。

そんな訳でうまくマッチング出来てたせいもあるかもしれないが、いきなり違和感が全くなく走れた。普通、こんな妙なマシンに乗ると最初は苦労するのに…なんで??

苦労するというより、妙にどこか馴染みのあるフィーリング。そーこの車体の走行フィーリングはHPNと全く同じだ!もちろん誤差範囲で違う部分もあるが、基本的な方向性は同じ。よく考えてみれば、同じ人たちが同じフラットツインを使って料理したのだから似て当たり前か?やっぱり、HP2はHPNの量産型ということか?

しかし、当然、決定的に違う部分もある。それはエンジンのフィーリング。明らかにエアヘッドよりレスポンスの鋭いオイルヘッドのエンジンがHP2とHPNのキャラクターを分けている。鋭く吹け上がるボクサーエンジンはエアヘッドよりトラクション感が劣る代わりにスライドの安定性と瞬発力がある。エアヘッドがクランクを使ってトルクに乗るような走りが合っているのに比べて、オイルヘッドはカムに乗る…トルクよりにパワー重視で走っていくキャラクター。

…と言っても、実はオイルヘッドのキャラクターも15GS乗りだった僕には馴染み深い。なにせ10年近く…もっとも長く付き合いがあったエンジンなのである。それは1200になっても変わらない。実はHPNの1043ccのエンジンはボアストロークの関係が1100系とほとんど同じだったりする。それなのに、あれだけエンジンの性格が変わるというのは、むしろキャブとインジェクションの差異が大きいと思う。負圧キャブのビングとバタフライバルブのインジェクションじゃ変わって当然だ。

a0023439_139501.jpg


15GSで培ったアクセルワークを思い出し、HPNで研鑽したその車体コントロールを駆使して走ったら、HP2には普通に自然に乗れた。なんかいろいろ報われた気がして、ちょっと嬉しかったりして…。HP2は15GS時代に狂おしく夢想していたバイクそのものだからね…いろいろ繋がっていたような気がして感慨深いです。

でも、調子こいて前後輪同時に滑って壁にぶつかりそうになったのは内緒です。なんとか立ち直ってくれたけど。軽快感がある上にパワフルなので、気を付けないとタイヤのグリップを超えてすぐにブレイクする。スライドしてもコントロールの幅があるので、なんとかなるけど、それ以上にパワーもある。これりゃおもしろいけど、ちょっと恐いなぁ。私のような一般人は抑えて抑えて走らないと死んじゃいますよ!

林道はこんなもんで、次は河原やコースに持ち込んでいきたいと思う…う〜ん、そっちのエリアではさすがに手強そう。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-08-07 01:36 | HP2
カートリッジサスの具合は?
カートリッジサス換装終了!青い調整のノブが装着済みの目印です。
a0023439_0215073.jpg


他にも…新たに取り付けステーを設置(旧サスに取り付いていたウインカーステーが使えないため)、リアタイヤ交換(今回はMT21、T63は在庫切れ)、バルクリ調整(排気のクリアランスが突き上げそうになるほど詰まってた)、フロントブレーキパッド交換、エアクリーナー交換、スクエアタイプのヘッドカバーに交換(苔で転けて割った)…等々、まとめて整備をやっておいた。これで来週の木賊遠征もバッチリ。

a0023439_030662.jpg

準備が出来たところで、サスの具合を確かめに近所の林道へ行った。今週末は2日とも雨は降らずに曇り空…多少蒸し暑いが晴れの日よりはましだろう。

結論から言うとカートリッジサスは正解!バッチリ、ダンピングが効いて走りやすくなった。今まで、暴れていたフロントサスがしっとりと動くように…ノーマルサスだと動き過ぎだったのかもしれない。ただ、暴れてもトラクションが良かったので、前に進み走れないことはなかったが不安定な事も確か。カートリッジサスは無駄な動きを抑えてガレ場の表面を走っているような乗り味だ。よりトラクションを生かせるような走りが出来る。リプレイスのリアサスとの相性も良い。スプリングレートアップだけではこうはいかないだろう。そういう意味では、さすがは純正オプション、高かったけど大正解である。

ついでにいうとフロントサスが安定しているので、以前より高いギアが使えるようになった。つまり、失速するような状況が少なくなったので、平均スピードも上がっているはずだ。これはよりスムースに走れるようになったということで、ストレスなく非常に楽しい。個人的な好みだけど、ぶん回して加減速激しく走るより、スムースに加減速少なく走れた時の方がマシンとの一体感を楽しめるような気がする。

これが本来のハチマルの実力となるのだろうけど、正直、そのポテンシャルの高さに舌を巻く。林道で遊ぶには過不足なく十分に速い。おそらく唯一の弱点はジャンプだろうけど、林道にはそんな大きなジャンプはないのでまず問題はない。下手なトレール車以上にトレールの実力は高いと言える。まるで日本の林道に最適化されて造られたように思ってしまう。それになによりも手の内に扱えるような感覚は楽しい…実際はでかいのに凄くコンパクトに感じるマシンですね。しかし、これが25年以上前の設計のバイクとは…いやはや

僕的には林道をメインで使う人だったら、カートリッジサスはお勧めです。ただし、3000キロオイル交換推奨のようなので、ツーリングメインだったら止めた方がいいかと。結局、昔から言われているように、付ければ本来の性能を楽しめるけど、GSにはマニアックなアイテムなのかもしれませんね。でも、ちゃんとオプションで用意しているのは、BMWのエライところです。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-07-09 00:57 | R80GS BASIC
一時復活
久々のHPNの話ですが、フロントフォークのOH&スプリングレートダウン、ついでにステップも交換したので試乗して確認した。

a0023439_22325319.jpg


スプリングの方は、もう少しビギニングの動きを良くしたいということで、フロント、リアとも交換する予定だが、とりあえず、フロントが出来上がって来たで試乗してみると、目的の初期ストロークのフロントの動き自体は良くなっているのが確認できた。特に柔らかくて姿勢変化が大きいとか、ボトムするような感じもなく、とりあえず、日本で使うなら非常に使いやすくなったと思う。元々、HPNは他のバイクに比べるとレートの低いバネが入っているそうだが、その原因はキャスターがとんでもなく寝ているせいで、初期の上下動が悪いらしい。一応、姿勢の修正で突き出しも増やしているので、多少はキャスターが立ち、良い方向には向かうだろう。まだ、プリロードもダイヤルひとつで掛けれるので、高速域で問題があるならその辺で調整をするつもり。

ステップの方は、定番のダウンステップをうなぎさんに、幅と長さを大きくしてもらった。ついでに、シフトペダルもカットしてローレット加工のものに変えてもらった。
a0023439_22471556.jpg

このダウンステップは前に付けていたものより、せいぜい8mm程度しか低くないはずだが、ポジションの方はかなり改善されたと思う。気になってた竹馬に乗っているような足の落ち着きのない状態は減ったし、スタンディングの時のハンドルも相対的に上がり良くなった。どうしてもステップの位置が悪いと、シッティングポジションとの両立が出来きなくて困っていたのだ。
a0023439_22473750.jpg

リアブレーキ側も相対的にペダルの位置が上がったので、スタンディングでのリアブレーキが使いにくかった点も多少改善されてたのが嬉しい。どうでもいいが、ハチマルばかり乗ってたらHPNのリアブレーキは凄く効くように感じる… 

そうそう、予想外のことはステップの長さも長くしてもらったせいか、てこの原理でステップ荷重がやりやすくなった。元々、ホイールベースが長くて、フラットツインで、安定性があるマシンだったので、意外な嬉しい効果だった。

さて、残りのポジションの改善はあとはハンドルかな?しかし、ポジションが良くなってくると、本質的な部分が目立つようになって、HPNの印象はハチマルなどのエアヘッドより、HP2に近い印象になって来る。最近、ハチマルばかりに乗ってたけど、久々にHPNに乗って感じたことは、車体剛性がまるで違って、スパッと節度ある動きをする。エアヘッドにあるスイングアームピポッド周りのへなへな感が全くないですね。

一方で、HP2と違うところは色気があって、かつ扱いやすいエンジンで、低速はスムースだし、回すとカチッとした硬質な回転フィーリングがたまらなく良い。ハチマルに比べても豊潤なトルクとバランスがキッチリ取ってあるから吸い込まれるようにエンジンが回る。正直、最近、HP2とかGSチャレンジとかほしいなぁとか思ってた気持ちがふっ飛んで、ひたすらニヤニヤして走っていた。もう最高!あーこれで北海道走りたかったなぁ…
[PR]
by hpn1150gs | 2007-06-17 23:08 | HPN Rally sport
ためしてバッテン!
GSCの試走でXチャレンジを借りる機会があったので、半日借りて試走してみた。

まあ、タイヤがブロックタイヤじゃなかったので、バンクさせるのも恐いし、さすがにガンガンは行けなかったのですが、そこそこの距離の林道を走らせてもらったので、なんとな〜くXチャレンジのイメージは分かって来た。

■排気量と実重量と見た目の割にはすごく軽く感じるバイク。400ccクラスの軽快さがある。

■ポジションがすごく良くて、フロント、リアブレーキのコントロールがしやすい。三角木馬のように見えるシートだったが、お尻も痛くならなかった。おそらく、ステップとシートに体重が分担されるようなポジションだったからだと思う。その代わり、シート高はとても高い。最初、フロントローな状態で走りにくかったが、どうやら前に乗った人が重量級で、エアサスのエアを抜いてもらったらちょうど良くなった。エアの微調整がリアサスの動きにもかなり影響するみたい。

■脚周りは非常に良く、レーサークラスと称してもOKだろう。フロントリア共に不満無し。リアはエアサスのおかげで小さな振動はきれいに消してくれるし、トラクションも結構良い。HP2みたいに反力のフワフワ感が気になるようなことはない。ジャンプはしなかったけど、たぶん大丈夫そう。

■インジェクションの良さが出てるのか、ビッグシングルの割には低速がスムースでストールしにくい。だから小周りしてもギクシャクしないし疲れない。全体的にアクのないマイルドなエンジン。でも、パワーもそこそこあるし楽して走れる。個人的には小排気量で回して走るより、高いギアを使ってトルクで走る方が好きで、そういう走り方も出来る。ダカールは結構回さないと走らないような気もしたのですが、これは単純に車重のせいかな?

■ハンドリングは微妙に立ちが強いけど、それが安定性に繋がっていて好感触。昔のEDマシンっぽい味付けなのかな?ステダン付けているような安定感があり、かと言って小周りも阻害してない。これ結構好みのハンドリングだった。結構な速度で走る設定なのだろうか?180km出るって言ってたし。

a0023439_152533.jpg


ハンドリングとポジション操作系が好みだったので、自分的には高評価で、脚の良いトレールという印象。ゲロセクションが減ったSSERの国内ラリーはこれが結構良いんじゃないだろうか?きっと耐久性もあるだろうし、第一、ラリーにEDレーサーじゃ整備が面倒くさい…性能が良くて、てきとーに使っても壊れないバイクがほしいのです。正直、LC4と比べてもきちんと躾けられていて数段良いです。

気になるところは、シート高なんてのは問題ではなく…エンジンの配管の処理とか、レギュレターの位置とか見るととハードに使って大丈夫なのか?という不安がある。やっぱり、エンジンはオフロードユースにオール新設計してほしかったな。見た目も古くさいエンジンです。もっと軽くコンパクトに出来るはず。いつまでこのエンジン使うんだろ?そうそう、クラッチも油圧クラッチがほしい。

しかし、総合的に見るとかなり高評価出来るバイクなのだが、一般の人に売るにはどうなのだろうか?個人的にはツボに入ったが、これはかなり理解しにくいバイクなのでは?レーサーとしてコースを走るには中途半端だし、普通の林道ツーリングに使うにはタンクが小さかったり、シート高がすごく高かったり。すごく良いバイクなのに売るのは難しいだろうなぁ。HP2のようなエンジンを特徴としたスペシャルティマシンでもないし。よく考えてみるとラリーやるにしてもタンクが小さいのが多少ネックになるか…。でも、コイツの良さはじっくり乗ってみると分かるはず!それとHP2とはコンセプトと結果は違うのだけど同じような手法で作っていると思う。それも理解の助けになるのでは?

HP2といい、Xチャレンジといい、レーサーじゃないけどトレールというには高性能…個人的には良い具合な落としどころのマシンで、BMWが僕らのために作ってくれたような感じです。ちょっと物欲を刺激される…。

P.S 帰りにハチマルに乗り換えて、そのポジションの違和感に驚いた!(^^;; なんかもードカっと座ってシート低くてロードバイクみたい。でもエンジンのスムースさはOHVボクサーの方が疲れなくて良いですね。やはりハチマルは癒し系バイクだ。

全く違うマシンなので、うちのガレージでもケンカせず共存出来るかな?
[PR]
by hpn1150gs | 2007-05-21 01:22 | Xチャレンジ
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
LINKS
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧