カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
タグ:言ってみるテスト ( 35 ) タグの人気記事
ツーリスト
最近、興味があるタイヤがあるのです。それは…

IRC TR011 TOURIST

a0023439_2255411.jpg


そう、トライアルタイヤです。元々、TY-ZスコティッシュのOEMタイヤだったようで、公道での使用前提で耐摩耗性も良いという。それでいてトライアルタイヤとしての性能も十分。トレールでのトレッキング遊びの方に人気なようで廃盤にもならずに作られている傑作タイヤとのこと。詳しくはトレックフィールドに解説があった。

そんな解説に惹かれて一度は履いてみたい思った。でも、自分はセローやXR230のようなトレッキングバイクは持ってないし…。ハチマルは17インチで履けないし、スラッシュだったら履けたのにな〜とか思ったり…。履きたいタイヤがあるからトレッキングバイクを買うとかは逆説的な変な思考だけど、こうなるとT-RIDEとかがほしくなってくる。

ところで少し脱線するが、こういうトレールでのトレッキング遊びに、ビッグオフのクロカン遊び好き自分としてはシンパシーを感じてしまう。というのは、廃道や岩山、沢など激しいところを苦労してわざわざトレールで行くなんて…そこまでやるならトライアル車で行けば良いのにと普通は考えてしまうところだ。ビッグオフも同じで、林道走るなら軽いバイクで走れば良いのにとよく言われるが、どちらも普通の使用方法じゃ物足りなくてやっているところから始まっているのだろうけど、やりすぎギリギリのところが正常な思考の人間を混迷させる理由かも。トレッキングだったら、先のトライアルタイヤを履いたり、専用のサスセッティングにしたり…、ビッグオフだったら、荷物の詰めないメガオフにしたり、さらにこちらもサスを長くしたりと。結局、簡単に出来たらおもしろくはないと思考が共通するのかもしれない。

さて、話は戻って、僕のラインナップからいうと、KTM125EXCに履かせてみるのが一番無難だろうというのが結論。バリバリのエンデューロバイクにトライアルタイヤかよ!なにやら、また正常な思考の外にあった提案です。でも、やっている人いるのですよねぇ。坂内で125EXCにツーリスト履かせて、ひたすら階段セクションを登っていた人がいた。この方は、エンデューロタイヤ用のホイールとトライアルタイヤ用のホイールを持っていて、それを使い分けて遊んで(練習)いたのだ。そんな希少な人がと思い、詳しくお話を聞かせていただいたのですが、このタイヤ、エンデューロに出ても意外と使えてデメリットが少ないとのこと。マディだけはだめなのだが、その代わりガレの多いコースだと滅法強いみたいです。

そんな話を聞くとがぜん興味が出て来た。このタイヤでエンデューロに出る気は全くないし、楽しようと思っている訳でもないのだが、なにやら琴線に触れる話です。次回はKTM125EXCにツーリストを履かせてみようかと思っている。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-26 22:56 | KTM125EXC
戦略的な値段
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=198451

http://www.bmw-motorrad.jp/product/enduros/G450X/index.html

BMWJ、オフロード専用マシン「ニュー BMW G 450 X」を発売
生粋のスポーツ・エンデューロ・マシン「ニュー BMW G 450 X」発表


 ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区丸の内1-9-2、代表取締役:ヘスス・コルドバ)は、エンデューロ・スポーツおよび世界で最も過酷な争いを繰り広げるレース向けに「ニュー BMW G 450 X」を、全国のBMW Motorrad正規ディーラーにて9月20日より販売開始すると発表しました。
 ニュー BMW G 450 Xは、魅力あふれる排気量450ccクラスに導入するスポーツエンデューロモデルです。BMWクロスカントリー・スポーツの伝統にふさわしく、また、エンジンとシャシーに最新技術を注ぐことにより、BMWブランドの魅力あふれるオフロード専用マシンが誕生しました。

■ 車両価格
モデル      ニュー BMW G 450 X
エンジン     水冷4ストローク 単気筒DOHCエンジン 449cc
ミッション     5速
希望小売価格 ¥ 1,140,000
・ 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。


しかし、この値段、KTMに真っ向からぶつけてきましたね。フサベル並の140万円とかだったら買う気も起こらなかったけど、この値段だったら…う〜〜
[PR]
by hpn1150gs | 2008-09-02 11:43 | G450X
北海道4Days レポートその2
続けて、メモ的レポート。

最近は、ラリーの行程を正確に淡々とこなす事に密かな充実感を感じているので、イレギュラーな事態がないことがコレクトな訳ですが、そういうのって人に読ませる感動レポートにはなりませんよね(笑)

ということで、淡白に情報をメモって行きます。

【Day2】7月19日(土) 距離471.23km(ダート157.84Km)

■ルート
なかとんべつ〜当麻

■SS-3
この日は朝から3本続けてSSがあった。最初の一本はハイスピードSSということ以外あまり覚えていない(後述、理由が…)。路面的にはフラットで、ストレートも長く、コーナーも大きなカーブを描いているパターンが多かったはず。前半上りで後半下りだっけ?ここまでハイスピードな林道って、実はあまり走りなれてないのですよね。ここで初めて、スタンディングだと体勢的にアクセルが開けきれない事に気付いた。HP2は結構LOWスロットルなのね。もっとHIGHスロだったらいいのに…そんなことを言ってたら、A倉さんに「(HIGHだったら)死ぬよ」と言われた…ごもっとも。

■SS-4
こちらも続けてハイスピードSS。多少、アップダウンあり。INクラストップはK山さんで、5秒落ちくらいで届かない。HP2って、モトクロッサー並の加速をするけど(使いこなせてない)、重量が重いのでブレーキングが恐い。

■SS-5
ぐるっと回ってSS-4と同じコース。こういう趣向もおもしろい。皆さん、SS-4で様子を見て、SS-5で本気を出すという感じだった。自分も同じ作戦でガンガン行こうとですが…転けちゃいました。たしか、コーナーで膨らんで、道ギリギリの荒れたラインの乗ってしまって横一回転。道から落ちなかったのとダメージがなかったのは幸いだったけど、すぐに再発進しても、それでも30〜40秒はロスしたかな?転けると全ておじゃんとあれほど分かっているのに…。これ以降、ビビリが入ったり。

■リエゾン
この日は、ダート150キロ以上のロングラン。たしか、道北林道やピヤシリ林道を走った。他にひたすら直線のガレ場なんかがあって、本州では見ないシチュエーションが走りどころだろう。道北林道でCP1だったが、その先でWR250Rの人が崖落ちしていたので救出。あの辺はスピードが出るからついやっちゃうだろうね。この日はたっぷりダートが走れてかなり満足。

■天候
少し標高が高くなる峠で霧が出てきて、時には霧雨に。雨具を着るか、ウエアリングが難しかったが、経験上、すぐ止むと考え、自分は雨具を着ないで走った。結果、問題はなかったが、ゴアジャケットの方がこの場合は安心かも。(ちなみにハカイオー氏は普通のジャケットなのにあえて雨具を芦別に置いてきたという大物でした。)

■SS-6
キャンプ地の近く、当麻でこの日最後のSS。当麻のエンデューロで使ったコースというのが感慨深い。こちらは本州で見られるような比較的タイトな林道で、轍の間が草ぼうぼう。自分は5番目くらいにSSインしたのだが、ライン取りがしにくくて困った。本当は後半でラインが出来て走った方が戦略的にも良かったのだろうが、早く帰りたいので仕方がないですね。

a0023439_2281977.jpg


■キャンプ地
当麻のキャンプ場がキャンプ地だった。傾斜地でテントが立てにくい。

■食事
ケータリングで結構、種類、量もあった。財布を忘れていったら、菅原御大にビールをおごっていただいてしまいました。ありがとうございました。

■お風呂
斜め前に温泉あり。営業は22時までだけど、21時まで入場しなきゃいけないので、少し焦った。入場してしまえばのんびり。

■整備
この日はタイヤ交換の日。自分の場合、この日にリアタイヤを交換しただけです。18時すぎに着いたので、時間的余裕はあったけど、チューブを噛んでしまいいらん面倒を。この日は、チームのみんなにも不幸があって、SZ木さんは朝スタート前にパンク発見、K林さんはチューブのパッチ剥がれで何回も修理をやり直していた。ハカイオー氏はバッテリーが死亡で夜遅く帰還。まあ、ラリーっぽいスパイスってところでしょうか?

※この日もルーチンワークをこなし、睡眠もばっちりでした。普段、ずぼらで規則正しい生活をしてないのだが、ラリー中はまじめにこなします。特にモンゴルで怪我してから走っているときにベストの体調に持っていけるように注意をしている。

なんか、ラリーって、プチプチ(エアクッション)をつぶす行為に似てますね。

地味な行為が楽しかったり…
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-29 01:54 | イベント
北海道4Days レポートその1
北海道4Days…初夏の北海道を満喫して帰ってきました。

行く前までは、4日間じゃ短いから軽めかな?と思っていたのですが、たっぷり林道、そしてSSを走らせてもらって、北海道らしいダイナミックかつ密度の濃いラリーを楽しめました。これもSSERスタッフやA-TECの学生さん、現地スタッフの皆さんのおかげです特に北海道各地に、これだけのSSを設置するだけでももの凄く労力が掛かったと思います。ありがとうございました。

簡単ですが、私的メモレポートを書いてみたいと思います。誰かしら、何かしら参考になれば…


【Day1】7月18日(金) 距離315km(ダート31.34Km)

■ルート
芦別〜なかとんべつ

■天気  
曇りのち晴れ…スタート前にちょうど晴れ間が見えた。この4日間は微妙が天気が続くことに…

■車検&装備品チェック
レギュレーションで書かれている持ち物は全部チェックされる。全ての荷物を検査会場に持って行く必要があるのでこれが大変。車検が終わって初めてコマ図が貰える。自分は前日夜中遅くに芦別に着いたので、車検は当日行った。おかげで午前中はコマ図貼りに追われる。

■SS-1
最初のSSはお馴染み北日本自動車学校 A-TEC の特設会場。オーバルの鋪装周回路から草地、ダートコースに入る。途中、古タイヤが積んであったりとトラップもあり。
昨日まで雨が降っていたので、滑りやすくなっていないか心配だったか、その点は問題なく無難にこなせた。

■SS-2
SS-1を出て会場をスタート。数百メートルですぐにSS-2。空き地に作ったこちらも特設コースです。TDNのときはここで泥まみれでラリークロスをしたトラウマの場所だったり。基本的には平地にテープを貼ったコースだが、途中、予想外のステアケースがあった。OHVだと絶対ハラを擦ると思う。HP2で良かった。このSSも転けず無難にこなす。おかげでこの日はインターナショナルクラストップだった。(次の日からどんどん落ちていきましたが…)

■リエゾン
この日はスタートが14時からだったので、スケジュール的にはのんびりできなかった。ほとんどが舗装路だが、時折、北海道らしいストレートの快速林道やちょっとしたタイトな林道も混じるルート。海岸沿いを北上してなかとんべつに向かう。

自分のリエゾンの走り方は、基本的にほとんど休まず、一定ペースで走る。CPは開設時間オンタイムが基本で早過ぎず、遅過ぎず。最近の北海道は取り締まりも厳しいらしく、気を付けて捕まらない速度で淡々と走った。それでも広大なステージでは疲れない2気筒のメリットの恩恵を受けたと思う。

この日は予定通り、CPはオンタイム、ゴールも一番で到着。到着時刻19時5分くらい。もっともスタッフも着いたばかりのようで、ゴールの門が立ってなかったり、ダッフルバッグをすぐに受け取れなかったりと早く帰ってきてもあまりメリットがなかったり…。

■キャンプ地
食事や整備ができる場所と実際にテントを貼る場所が遠すぎて大変だった。1キロくらい離れていたか?最初は歩いていたけど、遠すぎて送迎バス便が出来てた。たぶん、事情があるのでしょうが、ここは改善してほしいです。

■食事
屋外でジンギスカン。昨年は寒かったらしいが今年はそんなに寒くなかった。かなりの量があり食べ過ぎた。ビール販売もあり。

■お風呂
温泉あり。なんだかんだ言って汗をかくので、一日の終わりにお風呂があるのは助かる。TBIではほとんどないので、北海道はホント幸せ。

■整備
初日であまりやることがないし、テントからも遠いので、ミラーの増締めのみ。

※キャンプ地からの帰ってきてからのルーチンワークとして、テント張り→夕食→整備→風呂→コマ図張り→睡眠 がある。昼間眠くならないように睡眠は5〜6時間取りたいところ…ということは全部こなして、23時には寝なきゃいけないのです。そのためには早く帰って来る必要がある。ちょっとずれると眠くなって休憩、帰ってくるのも遅くなって悪循環に陥る可能性がある。だからオンタイムが基本。(だからと言って、リエゾンで飛ばして、一般の人から悪印象を持たれるのはまずいので要注意。無駄に休まず淡々と走りましょう。) 今回は初めての人も多かったせいか、オンタイムで走っている人が少なかったようだった。


…続く
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-25 01:20 | イベント
天気が悪いみたい
なにやら、北4日程の北海道の天気ですが、前半は雨が降りそうです…。

TDNのときもそうだったのですが、自動車学校のSSを泥まみれになって走るのはイヤすぎる…。SS-2もたぶん芦別の町の中の特設コースでしょう。ここでもラリークロスをやってドロドロで転けまくった記憶が…。

なんとか晴れないかなぁ…。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-16 03:38 | イベント
今回の秘密兵器

a0023439_1575013.jpg

ワイドステップをさらに倍!スーパーワイドステップ。

その効能は…?

本番で試してきます。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-07-15 01:59 | HP2
G450Xの実車拝見
GSチャレンジには購入予定のバイク興味があるバイクが置いてあったので、じっくり見てきました。

a0023439_0163836.jpg


G450Xは実物を見ると思ったよりコンパクトでかっこいい。でも、もっとよく見るとこのバイクはホイールベースがえらく長い。リアフェンダーなんてとてつもなく長いです。こんなんでウッズランとかして小回り効くのかな?

a0023439_0184583.jpg


必要な部品がどこに付いているか一瞬わからないバイクです。バッテリーもとんでもないところにあった。ハンドルポストの真後ろ。徹底的にマスの集中化を狙っているのだろうか?エアクリーナーのシュノーケールもダミータンクの横から伸びていて上に向けて口を開けている…これじゃ雨や泥が入るような気がするのだけど…。

とにかく革新的なバイクと言えます。そーそー、やっぱり、これはバリバリのエンデューロマシンでメンテサイクルも他のEDマシンと同じ。BMWだから…という神話とは全く関係ない立場に居るマシンのようです。

まあ、興味はあるけど、すぐに予約!なんてことは全くするつもりはありません。お金もないし、いまのところは様子見ですねぇ。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-06-12 00:31 | G450X
G450Xのファーストライド
G450Xですが、先週、イタリアでG450Xのプレス試乗会があったようで、いよいよ秋の発売に向けて動き出したようです。


個人的には結構興味があるバイクで、ひとつはBMW初のEDマシン、またひとつはその車体構成…スイングアームシャフト同軸の出力軸、シート下タンク、レイダウンサス。自分の好みは正統派のコンペマシンより革新的なアイディアが盛り込まれているマシンで、コイツは琴線を刺激されます。シート下タンクとレイダウンサスは他のマシンでも採用されつつあるので、これから主流になる可能性もありますね。

たぶん、今月発売のBTMには試乗記乗ると思うので(間に合いますよね?)、楽しみにしています。そーそー、GSチャレンジでも三橋淳氏のデモランがあるし、近くじっくり見れると良いなぁ。ただ、噂では現地値段は結構高いようで大丈夫かな?出来れば、KTMの450と同じくらいのプライスにしてほしいのだけど…。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-06-05 02:01 | G450X
在庫切れ
な、なんとMT21のフロントが在庫切れ!

納期は7月25日という回答…

それじゃ北4終わっているんですが…

北4どうすればいいんだよ〜

とりあえず、手持ちの一本があるので、それで走りきるしかない。

しかし、これでは練習用タイヤもないし、どうするかなぁ?

エンデューロタイヤを履かすと一日で山が無くなるしなぁ。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-05-27 22:07 | GS戯れ言
エントリーリスト!
TBIのゼッケンナンバーが発表になった。自分はなんと#3でした。う〜ん、一桁なんて初めてだ。御大やローレンスさんのすぐ後ろでビビるのですが(^^;;;

ところで、エントリーリストも発表されたので、インターナショナルクラスのライバルをチェック!

HP2…4台
F650GSダカール…5台
アフリカツイン…1台
DR-BIG…2台
R1200GS…1台
トランザルプ400…1台
KTM950SE-R…1台

15台ですか?今回のビッグオフの参加台数は多いですね。正直、かなり頑張らないと上位は狙えそうにないかな?打倒を誓ったダカールはやたら多いし、同じHP2も手強いし、古参の猛者もいそうだし、HP2のライバルの950SERもいるし…。でも、人数が多いとライバルとなる人もいるだろうから、毎日ランキングを一喜一憂して楽しめそうな感じです。しかし、今年はクローズドコースはあるのだろうか?今回はHP2だから、そんなには心配してないけど、あまり得意でもないので、そこで順位は落としたくないなぁ。

ということで、あと一週間。準備がまだ終わってないので毎日忙しい〜(こんなの書いている暇はない)
[PR]
by hpn1150gs | 2008-04-21 23:11 | TBI
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧