カテゴリ
全体
HPN Rally sport
R80GS BASIC
KTM125EXC
HP2
BTOU
TDN
TBI
ラリーレイド
GSパーツ情報
グッズ
Xチャレンジ
イベント
GS戯れ言
雑談
ツーリング
AF
G450X
以前の記事
タグ:通販生活 ( 12 ) タグの人気記事
UFOのフォークスライダー
先日の転倒でHP2のフォークスライダーが壊れたので、UFOのCRF用を買ってみた。全く採寸しないで、勘で合うはずと決めつけて買ったのだが、ドンピシャリ!UFOだと値段も安いし助かった。壊れやすい傷付きやすいパーツだけに今後も買う機会があるだろう。

しかし、安上がりなのは良いが、作りも荒かったりする。取り付け穴はむりやり型で抜いてあるので、精度なんてあって無しが如くのいい加減な出来。まあ、フィッティングが重要な部品でもないからいいけどさ。

週末の最終試走に向けての準備には残すところスポークのみ。金曜日に手元に来る予定なので結構ぎりぎりだった。久々に遠征するので、ちょっと楽しみです。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-04-10 02:01 | HP2
ガエルネ FASTBACK
バイクの装具の中でも特にフィッティングが重要なのがヘルメットとブーツでじゃないかと思う。ラリーなどは長い間身に付けるので、ちょっとでも不具合があるものだと走り続けるのが厳しくなる。だから妥協は許されない。今回、ブーツを買い替えたのだが、メーカーは躊躇なく当たり前のように即座にガエルネを選択。日本人の足型に合うブーツメーカーは少ないのです。

今回買ったブーツはFASTBACK。MXブーツだけど、エンデューロ等の用途に使っている人も多いと思う。たまたま、キャンペーンをやっているお店があって、すごく安く買えた。ジャペックスで買うより、一万円近く安く、ちょうど買い替えようと思っていたので渡りに舟だった。

a0023439_032274.jpg


FASTBACKを選んだ理由は、アンクルピポッドシステムが付いているということ。先日まで使っていたSG-10も付いていたが、正直言ってこれがないともう不安でたまらない。はるか昔、EDプロで足首を捻挫してからトラウマになっていたりする。

履いてみるとSG-10より軽くて軽快だ。SG-10は重いのが難点だった。ガエルネ特有の履き心地も良さも当然あり、慣らしはそこそこでもフィットしてくる。ソールも固めで安定感があるのでステップワークもしやすい。これはかなり気に入った!

ただし、少々問題が…少しブーツの中で踵が浮くかな?自分の場合、いつもブーツは普段の靴より0.5mm大きいサイズを買っている。そうじゃないとゴアソックスが履けないのだ。しかし、ゴアソックスを履かない場合は少しだけ大きいように感じる。だから、いつもは厚めインナーソールを入れて対応している。

後日、「バネ リアル・バランスインソール」という商品を購入、試してみた。結構お高いけど、体のバランスを整える効果もあるらしいので興味があった。このインナーソールを装着してみるとブーツのサイズはほぼ理想どおり。ゴアソックス一枚分の余裕だけある絶妙のフィッティングだ。インナーソールが土踏まずをしっかり支えているので、ブーツの中で踵が浮く現象もなくなった。ここまではかなり好感触。インナーソール自体の履き心地に関しては、ライディングしてみないとまだなんとも言えないので、またいずれインプレしたいと思う。

a0023439_0392915.jpg


しかし、フィッティングの良い装具が手に入ると気持ち良いものですね。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-04-02 00:39 | グッズ
HP2の携帯工具
工具って、男にとって魅力的なモノじゃないかと思う。子供の頃は食玩の工具シリーズを集めた記憶があるし、工具ショップであれこれ見ているとついつい時間を忘れてしまう。だから、今回はHP2の携帯工具を選んでみたけど、実に楽しい作業だった。

さて、HP2の携帯工具を選択するにあたって、ポイントは軽量コンパクト化をテーマとした。しかし、同時に使いやすさや収納性も考慮しなければならない。その辺りが自分独自のこだわりの部分でもある。単に軽いという縛りだけではおもしろくない。

まずは無駄を省くために、作業内容に対してどの工具の使用するかをリストにまとめてみた。作業内容に関しても、実際に走行中に携帯する工具とキャンプで整備する場合に使う工具に分けてみた。キャンプ地で整備する工具まで持つ必要はない訳だ。

a0023439_0375260.jpg


リストから分かるように、HP2はほとんどのネジにはトルクスが使われている。追加した部品…コクピット周りやハンドガード、アンダーガード等にはヘックスが使われている。メインはヘックスとトルクスなので、コンパクト化のためにもビットツールで構成することにした。また、パンク修理等でタイヤを外す場合もヘックスを使うが、70Nmの締め付けトルクが必要なので、3/8のT型スライドヘッドハンドルをメインのハンドルツールとして使う。トルクの大きさを考えると本当はもう少し長いスピナーハンドルを使いたいところだが、コンパクト化のためしょうがない。HP2のホイールボルトは5結のため、テストしてみたがギリギリ使えると思う(キャンプ地ではちゃんとしたレンチを使うというスタンス)。ハチマルや15GSの場合は、4結で純正の大きなレンチを携帯していたことを考えれば、これだけでもかなりコンパクトになっていると言えるだろう。

で結局、構成したツールはコレ!

a0023439_10295.jpg


GS系の工具はどうしてもツール種類が多くてかさ張りやすいのだが、まあまあ削減出来た。構成的にはすっきりしていると思う。10mmのヘックスソケットはフロントホイール取り外し用、17-14の薄型スパナはミラー調整用、定番ライツールのスパナは14-12で、2mmのL型のヘックスレンチはスポークの弛み止めのイモネジ用。また、ラジオペンチは近所のホームセンターで売っていた適当なミニサイズのモノです。レンチ類はなるべく重ならないように考えたつもりです。六角ヘッド用のソケット類がほとんどないのがHP2故の特徴かな?

a0023439_1122484.jpg

携帯工具の定番であるPBのポケット差し替えドライバーには柄の中に8個のビットを収納出来る。ここにトルクスとヘックスとプラスのビットをホルダーに無駄なくフルに使って押し込んだ。この辺は収納性へのこだわり。ロングシャンクはマイナスをチョイス。サスの調整にも使いやすいし、マイナスドライバーは本来の使い方以外の作業の方が多いから、ロングシャンクの方が便利のはず。

a0023439_1193330.jpg

プラグソケットはTONEの超薄型軽量ソケット。普通、プラグソケットは重量があり、軽量化達成の阻害になるのだが、その点に関してはかなり満足度の高いツールです。

a0023439_1235148.jpg

エクステンションはスパークプラグやリアタイヤの取り外しの時にも必要。そこで優れものが首振りエクステンション(長さは125mmが使いやすい)。首振りはもちろん、ソケットを押し込むと固定も出来る。また、差込み部にはローレットが切ってあり手で回しやすいメリットもある。(でも基本、首振りなんで強度には注意!)

以上です。実はHP2はハンドルクランプにメストルクスのE型が2サイズも使われているが、ネジの種類をヘックス辺りに交換するつもり。タイヤレバーは写真に載せなかったけど、エトスのチタンタイヤレバーを愛用している。あと、難点を挙げると、ミラーのダブルナット用のスパナをなんとかしたいところだけど、こればかりはしょうがないかな?

とりあえず、この構成でテストして必要ならばアップデートして行きたいと思う。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-02-15 01:42 | HP2
オーストラリアからのオクリモノ
先日、HP2のエアクリーナーを掃除したら、とても恐ろしいことになっていた…。シュノーケルに砂がたっぷり溜っていて、乾式クリーナーはいくらエアで飛ばしても砂が出てくる…。どうしてもダストが溜まりやすい構造のようだ。これではサンドランをした日にはエンジンダメージが心配になってしまう。もちろん、多くのバイクと一緒に走るラリーの使用時にも心配だ。

そういうことでHP2用の社外品のエアフィルターを探してみた。ぐぐってみるとどうやらオーストラリアのUNIFILTERというメーカーがHP2用のエアフィルターを出しているようだ。それではと早速取り寄せてみた。

a0023439_0271667.jpg

なんと!5日で到着!早いにもほどがある。オーストラリアって南半球なのに…最近の物流はすごいな。

a0023439_0301058.jpg

このUNIFILTERの特徴はメインのエアフィルターとシュノーケルに付けるプリフィルターと二重の構造になっている。これが気にって購入した。これなら、砂の侵入を抑えられるはず。

a0023439_034862.jpg

早速、取り付けてみる。ノーマルの乾式フィルターはメンテは簡単だが、対ダスト性に関してはちょっと不安が残りますね。HPNだと乾式でも工夫してあったりするのだが。

a0023439_0373797.jpg

メインのエアフィルターの筒を奥にして取り付ける。説明書には特に書いてないけど、こういう風にしか付かないから。塗布オイルは手持ちのツインエアのオイルを使用。専用オイルもあったけど、同じようなものなので特に購入せず。筒の支えとしてスプリングが入っていた。

a0023439_0412578.jpg

シュノーケルを付けて、プリフィルターも付ける。これは何も取り外さずに取り付け取り外しが可能。基本的にはプリフィルターがよく汚れるはずなので、これはまめに交換することになるだろう。本体のセットに2本付いていて、さらに別売りの2個セットを買ったので、都合4本の手持ちとなる。これでTBIでは2日に一回のペースで交換可能だろう。ラリーの現場ではフィルターを洗っていられないので、予めオイルを塗布したプリフィルターを用意しておけば、交換は簡単に出来る。モンゴルラリーだったら、毎日交換するためのプリフィルターが必要です。ただ、メインのエアフィルターはそんなに汚れないと思われるので、予備は1個くらいでいいんじゃないでしょうか?

a0023439_0591674.jpg

最後にステッカーを貼って出来上がり。プリフィルターは止め方も含めて痛みそうだけど、メーカーさんの反応は良さそうなので、いつでも即時取り寄せは可能と思うと安心して使える。乾式エアフィルターよりは面倒だが、この辺はクロカン的ボクサー乗りの嗜みということで、ちゃんとひ…保護してやんないとね。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-02-06 00:57 | HP2
タイヤまとめ買い
HP2のタイヤがどんどん減っていくのでまとめて買いました。

a0023439_110468.jpg


MT21のフロントを3本、リアを4本。昨年の後半、MT21が品薄だったし、手に入らなかったら困るので早めに手配した訳です。

TBIではフロント2本とリアを3本使用する予定。正直、TBIに使うとなるとビッグオフには他には良いチョイスがないのです。T63は横の方向のグリップが物足りないし、カルーは高いし。17インチだから他は履けない。ホイールを交換して履いても、ビッグオフに耐えられる剛性のあるタイヤというのは少なかったりする。

ちなみに、HP2はリア3本使用予定ですが、たぶん、ハチマルで出ると1本でも十分かも。なんせリアが全然減らなくて先にフロントが減るバイクだからなぁ…。

お財布に厳しいバイク=HP2のおかげでいろいろとやり繰りが大変だ。しかもデジカメ壊れたから、しょうがなく新品買ったし。早速、試し撮り。IXYの一番安いやつだけど、前に使ってたより性能良いですね。
[PR]
by hpn1150gs | 2008-01-27 01:31 | HP2
マップホルダー絵巻
今日、ストレートのマップホルダー「絵巻」が届いた。え〜と、「手巻」買うんじゃなかったの?と言われそうですが、注文するとき住所まで書いて、「手巻」か「絵巻」か選ぶ時に自動書記のごとく「絵巻」をポチっと選んで送ってしまった。見えざる手が働いたとしか思えない現象だった。
a0023439_1383423.jpg


まあ、とりあえず、これでHP2コクピット作製準備の中核を担うアイテムは手に入った。TOURATECHのマップホルダーも持っていたんだけど、わざわざストレートのマップホルダーを買ったのは訳がある。TOURATECHのマップホルダーは無茶苦茶重いのです。1Kg近くあるんじゃないかな?フレームマウントで装着するならともかくハンドルマウントで使うには重すぎる。今まではずっとフレームマウントだったから問題なかったけど、HP2はハンドルマウントなのでハンドリングへの影響が大きい。それに比べてストレートの絵巻は500gで半分です。ツアラーティックもゴツくて丈夫で良かったんだけど止む得ない。これはラリーを始めた時から使っていたけど、今後はヤフヲクに出すなり、HPN用の予備にするなりなんとでもなるでしょう。ちなみに当時はユーロが安かったため、ストレート製より1万5千円くらいは安かったかな?某代理店もなかったし良い時代だった…

a0023439_135431.jpg


もうひとつのストレート製のメリットは現場でも簡単に車体からの取り外しが出来る(ように出来る)こと。これでテントの中でゆっくりコマ図が卷けます。雨が降る可能性が高い日本のラリーではほしい機能です。細かい仕様はうなぎさんにおまかせです。

あと、ラリーメーターはHPNに付いている TOURATECHの100R50を流用する予定。あと、ゼッケンプレート=シールド=風防をどうするか?これはスタイリングに影響するので色々と考え中です。他の人と被らないイメージにしたいな。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-12-21 01:54 | GSパーツ情報
青いフレーム
内緒ですが、こそ〜り買いました。

a0023439_074719.jpg


ELDで空前のブームを起こしたアレ。

ちなみに青いフレームはこれで4台目。うちのあるのは青いフレームばかりなのです…(^^;;;


さっき、ちょっと乗ってみたけど、ELDの暇潰しでさんざん練習したせいか、すぐに捲れる高さのフロントアップが出来るようになった。まあ、空中で静止させるのが難しいのだろうけど。ダニエル目指してナイショでコツコツ練習します。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-09-28 00:14 | グッズ
ハンドルセットバック
GS系って、巨大なドイツ人のサイズに合わせてせいか、どうもハンドルが遠い。もちろん、HP2も例外ではなく、オーナーズマニュアルに記してある事項から予測するに身長180cm以上の体格に合わせて、設計されているのだろう。

対応策として、TOURATECHのハンドルライザーを買ってみた。これはハンドルポストに下駄を履かせることで、高さアップとセットバックが可能になる。(なお、取り付けはポン付け出来なくて追加工が必要になった。これって加工忘れか??)
基本的に高さはアップしたくなかったので、一番手前にセットしてからハンドルもなるべく寝かすことにした。

a0023439_654223.jpg


これで腕回りに余裕が出来て、リーンアウトで腕が伸びきるようなこともないだろう。今までは、かなり前傾にならないと不可能だったし、前の位置にも座ってたと思う。GS系のフラットツインは多少後ろに座らないと、重心のバランスやポジションなどの具合が悪い。

ただし、ステアリングセンターからハンドルがオフセットしたので、チョッパーに乗っているような違和感が多少ある。ハンドルを切っての小回りする場合は、手が届かなくなってしまうかも。GS系はどのマシンもこんな感じなんだが、こんな時は出来ればもう少しコンパクトなボクサーマシンがほしいと思ってしまう。

とにかく、これでポジション的にはOKかな?いつものことなのだが、ボクサーマシンって、調整や慣れに時間が掛かって、ちゃんと乗れるようになるまで色々と苦労するなぁ。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-08-28 05:59 | HP2
北海道へ向けての準備
来週はGS4Daysのため、北海道へ行くということでハチマルの整備をした。バイクもどれで行くか迷ったが、やはり本来の担当のハチマルがベストだろうという結論なった。パニアに荷物を積めて、OHVの鼓動をBGMに北上する…旅を味わうといえばコレしかないだろう。

長距離ランの準備として、定番のオイル交換と、念のため、フロントタイヤを新品にした。なぜかハチマルに乗るとフロントタイヤが早く減る。あとは、GPSの取り付け等。久々にエンジンを掛けたら、多少くすぶった。なんかこないだから始動時の挙動がおかしいような?前にいつでも軽快にエンジンが掛かったような気がするのだが…?

明らかにおかしいってほどじゃないので、北海道でトラブルが起きないのを祈りつつ、準備OKとする。

a0023439_1591657.jpg




閑話休題



コアクーラーを整備と確認試乗の時に使ってみたので、現状感じたインプレを簡単に。

基本的には濡れタオルを首に巻いている程度の冷え具合です。快適なほどは冷えません。素肌に直接付けた方が良くて、密着させる必要がある。気化熱を使っているので、やはり、湿度の高いガレージなどの整備で、止まって使っている状態では効果は少ない…でも、ないよりはいい。バイクに乗って風が当たれば冷えてくる。炎天下な状態だとどうかな?また、運動量が多いときなども未確認。どちらかというと、快適装備というより、熱中症予防グッズと考えた方が良いと思う。頭がクラクラにならないレベルに抑えるという効果はありそうだが、いつでも快適に冷えているということはない。それでもないときよりは遥かにマシで、確実に頸動脈を通じて脳みその温度上昇を抑えてくれてる。まあ、エンジンと同じで空冷を水冷にしたという具合ですね。限界点まで温度上昇したときはあった方が良いアイテムでしょう。まだ、十分使ってないので、また別途、使い込んでからインプレしますが、そこそこは使えそうな気がします。
(でも、過度な期待はしてはだめですよ。)
[PR]
by hpn1150gs | 2007-08-27 02:05 | R80GS BASIC
コアクーラー
先日のFRP2はホント暑かった。夏にやるエンデューロなんて出たら熱中症で死んじゃいそうだ。特に自分の住んでいるところは、夏には日本最高気温なんてマークするところで、近所の林道を走るのでも、汗が滝のように吹き出る。この時期、屋内でも整備するのも辛いよね(さすがにガレージにクーラーは無し)。

処暑も過ぎたけど、まだまだ暑いと見込んで、話題のアレを注文した。在庫があったのですぐに送ってくれる模様。

SIXSIXONE  CORE COOLER

a0023439_138523.jpg

(抜粋)
水に濡らすことで、保冷済が冷たくなり頚動脈付近を冷やし熱中症対策にもってこいなアイテムです。アウトドアブランドなどからも、形は違いますが熱中症対策として、同様の商品が出回っているくらいです。(首廻りだけですが)また、頭をCOOLにすっきり保つ事で、これからのシーズンにアドバンテージとなる事でしょう!重量も約560gと軽量です。

≪使い方≫
・冷水に浸します
  5分 ⇒ 1日間保冷効果が得られます。
  10〜20分 ⇒ 最大48時間保冷効果が得られます。
  1〜2時間 ⇒ 最大5日間保冷効果が得られます。

・濡れた状態から30分で乾き、体がぬれることはございません。


どれだけ効果があるか知らないが、もう暑いのは勘弁…でもバイクに乗りたいのだ。
[PR]
by hpn1150gs | 2007-08-24 01:42 | グッズ
トップ

トラだ!おまえはトラになるのだ!
by hpn1150gs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
LINKS
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「上村愛子」ちょっとわか..
from アイドルCM動画を見たい!!
第1回 Japan GS..
from cafeHELIOS
こんな加工もやってます
from 地味ログ東洋硬化.うろつき雑記
The Enduro a..
from ラリーを目指して
(無題)
from ラリーレイドってどうなん?
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧